サーフィンで使う道具

【忘れるとヤバい!?】サーフィンの必需品リスト13【夏冬共通】

【忘れるとヤバい!?】サーフィンの必需品リスト13【夏冬共通】の画像
1,128 views 2022-10-6 UPDATE

サーフィンをはじめたばかりの頃は、忘れ物が多いものです。

ウキウキ気分で海に向かうも、着いてから忘れ物に気づいてテンションダウンなんてことも…

せっかく楽しいサーフィンで気分を台無しにしないためにも、ご紹介するサーフィンの必需品リストはチェックしてください。

また、記事の最後の方ではリストをダウンロードできるリンクもあります。

それでは、さっそくご紹介していきましょう。

サーフィンの必需品リスト13

まず、これからご紹介する必需品13を1つでも忘れると、海でテンション落ちるので気をつけてくださいね。

サーフボード

サーフボードを忘れるという事例は聞いたことがありませんが、忘れたら最後ですね。

釣りに行くのに釣り竿を持たない、海外旅行に行くのにパスポートを持たないくらいマズいです。

サーフボードとフィンはセットで考えましょう。

フィン

フィンを忘れてしまったことがある人はいるのではないでしょうか?

新しいフィンを購入したときなどに忘れがちになるので注意が必要です。

家の中に持ち帰ると忘れる可能性が高くなるので、ボードケースの中に入れるか、サーフボートとセットで置いておきましょう。

ウエットスーツor水着

ウエットスーツを忘れることや、別のタイプのウエットスーツを持ってきてしまうというミスは起こりえます。

水温が冷たい時期にウエットスーツを忘れてしまうと、海を眺めて帰るだけになるので、水温に合ったウエットスーツの準備を忘れないようにしましょう。

リーシュコード

リーシュコードは毎回外す派と外さない派に分かれますが、外す派の人はリーシュコード忘れにも気をつけましょう。

リーシュコードを忘れると、5千円ほどの出費になってしまいます。

また、リーシュコードは切れてしまうと命の危険をおびやかすモノなので、予備としてもう1本くらい積んでいた方が安心できます。

リーシュコードをAmazonで見る

ワックス

海の近くではコンビニでも販売しているワックス。

とはいえ、忘れるごとに購入するのも後々地味に効いてくるので、忘れないように準備しましょう。

FU-WAXだと千円ほどかかってしまいます。

ワックスをAmazonで見る

サーフィン用ワックスの塗り方と、溶けづらいおすすめ商品とは

#サーフィン

ビーチサンダル

寒くなってくると、海まではスニーカーを履いて向かうことが多くなります。

ビーチサンダルを忘れても問題はないのですが、海上がりで着替えるときなどに何かと面倒です。

足を何度も洗う手間や、足を拭いて靴を履くために片足立ちになっているときに、バランスを崩して転ぶと悲しくなってきます。

車の中にビーチサンダルを一足は置いておくのもひとつの手段です。

ビーチサンダルをAmazonで見る

ポリタンク

海にシャワーが付いていない場所でポリタンクを忘れてしまうと、そのままタオルで拭いて服を着て帰ることになります。

帰宅中ずっと体が気持ち悪く、どことなく磯の香りなどの海の臭いがしてきます。

ポリタンクを忘れないことが第一ですが、忘れてしまったら、シャワーのあるポイントに移動するなどしましょう。

ポリタンクをAmazonで見る

お着替えポンチョorタオル

お着替えポンチョやタオルを忘れると、着替えるときと水分を吸収してくれるものがなくなります。

車内で着替えることができたとしても、海上がりに体を拭くものがありません。

忘れるとかなりキツいので、車の中やボードケースに予備を入れておいてもいいくらいです。

お着替えポンチョをAmazonで見る

柔らかいバケツ

着替え時や、汚れたウエットスーツなどを入れるバケツ。

忘れてしまうと、濡れたウエットスーツを、そのまま車に積み込むことになります。

ウエットスーツ、インナー、水着、サーフハット、ビーチサンダルなど、濡れるものはたくさんあるので、バケツは忘れないようにしましょう。

シリコンバケツをAmazonで見る

ボードケース

ボードケースに入れないという人もいますね。

しかし、ボードケースはサーフボードを接触から守る役目があるので、入れておくに越したことありません。

大事なボードならハードケースに入れることをお薦めします。

サーフボードケースはニット・ハードどちらを選ぶ?おすすめブランド・自作・オーダーも

#サーフィン

サーフボードを大切に扱い、長持ちさせましょう。

日焼け止め

海では直射日光と海の照り返しで、より日焼けしやすくなります。

紫外線は、シミなどの老化の原因にもなりますし、皮膚がんの原因にもなります。

女性は特に日焼け止めを忘れないようにしましょう。

日焼け止めをAmazonで見る

サーフィンにおすすめの日焼け止め【最強効果・オーガニック・コスパ抜群】

#サーフィン

耳栓

海で耳から海水が入ってくることが嫌な人は、耳栓をしましょう。

ずっと耳栓をして海に入っていると、なくてはならないものになります。

また、サーファーズイヤーを防ぐためにも、冬には耳栓が有効だと論文にもあります。

耳栓の使用により,外耳道への海水の浸入を防ぎ,風
による蒸散熱の冷却効果を和らげ外骨腫予防効果が期待
でき,術後の再形成を遅らせる効果もあるとされてい
る.サーフィン用に種々の商品がある.

中西 悠, サーファーズイヤーの取り扱い, 日本耳鼻咽喉科学会会報, 2012, 115 巻, 12 号, p. 1054-1055, 公開日 2013/02/06, Online ISSN 1883-0854, Print ISSN 0030-6622, https://doi.org/10.3950/jibiinkoka.115.1054,

耳栓をAmazonで見る

サーファーズイヤー対策。おすすめ耳栓3選。

#サーフィン

キーボックス

車の鍵がボタン式の場合はキーボックスが必要です。

キーボックスがあれば、車の鍵を入水中に失くすなどの心配がありません。

しかし、キーボックスを忘れてしまうと、どこかに隠しておくというハラハラした思いをすることになるので、忘れないようにしましょう。

また、キーボックスは番号を忘れてしまうと開かなくなります。

自分とゆかりのある、間違えることのない数字に設定しましょう。

キーボックスをAmazonで見る

どうする?サーフィン中の車の鍵問題!キーボックスなどおすすめ厳選

#サーフィン

 その他のサーフィンであると便利なもの

ここでは必需品の他に、海に持っていくと便利なグッズをご紹介します。

ウエット用ハンガー

車に引っ掛ける部分があるなら、ウエットをハンガーにかけましょう。

適当に放ってウエットが曲がっている状態で長時間放置すると、ウエットに負荷がかかります。

ウエットスーツの寿命にも繋がるので、ハンガーにかけましょう。

また、夏場は海から上がり、2ランド目に入るまでにハンガーにかけておくことで、早く乾かすこともできます。

ウェット用ハンガーをAmazonで見る

車内にサーフボード積む為のロープ

車内を広く有効的に使うためにも、サーフボードを積むためのロープがあると便利です。

ロープがあればサーフボードを上に積めて、車の乗員を増やすこともできます。

サーフボードキャリアをAmazonで見る

サーフボードのおすすめキャリアは?車内の簡易ベルトから車外ハードキャリアまで

#サーフィン

Bluetooth内臓のスピーカー

海でのひとときを楽しく過ごすのに、Bluetooth内臓のスピーカーが一役買います。

仲間とビーチチェアに座りながら、まったりとサーフィン話に花を咲かせるとき、BGMがあるとより素敵な時間を共有できます。

Bluetooth内臓スピーカーをAmazonで見る

リペアキット


海での接触や運搬時にサーフボードをぶつけて破損させてしまうこともあります。

修理が遅くなるとサーフボードの中に海水が染み込むなどで寿命を縮めることになります。

破損した部分をすぐに応急処置できるようにリペアキットを常備しておくと安心できます。

ちなみに、リペアは素人でも簡単にできますよ。

以下の動画を参考にしてくださいね。

リペアキットをAmazonで見る

防水タイプの時計

海に入っていると時間の経過がわからないものです。

帰りの時間帯によっては道路が混む場合や、用事などがある場合は防水用の時計をつけて海に入りましょう。

また、30分以内に何本の波に乗るなど目標を立ててサーフィンをすると上達も早くなります。

サーファーズウォッチをAmazonで見る

サーフィンを最大限に楽しむために役立つサーファーズウォッチ(防水時計)

#サーフィンで使う道具

サングラス

海について波の状況を見るときや、海から帰るときの車中などでサングラスは活躍します。

多くのサーファーは朝早くから海に出かけます。

海に着く頃には、日が出始めて波の状況を確認するには眩しいときもあります。

また、帰りの車中では太陽が照っていることや西日のときなどさまざまでしょう。

そんなときにサングラスがあると、しっかりと状況を確認することができます。

また、サングラスはサーファーズアイ(瞼裂斑と翼状片)の予防にもつながります。

サングラスをAmazonで見る

ビーチチェア

海で少し休憩するときに、ビーチチェアがあると便利です。

1ラウンド入ってから、ビーチチェアに座り当日のサーフィンについて語る。

そんなときにビーチチェアがあると、リラックスしながら休むことができます。

ビーチチェアをAmazonで見る

すのこ

海上がりに着替えるとき、すのこがあると便利です。

すのこがあれば、ウエットスーツを汚すことも地面に擦ってしまうこともありません。

また、着替えるときに足が汚れたままということもなく、重宝する一品です。

すのこをAmazonで見る

ワセリン

いつも着ているウエットなのに、なぜか今日は首が擦れる…

といった経験をすることもあるでしょう。

そんなときに、そんな痛みから開放してくれるのがワセリンです。

ワセリンは患部が痛くなってからでも、痛くなる前でも有効です。

車にひとつ積んでおくだけで、いざ痛くなったときに役立ちます。

ワセリンをAmazonで見る

サーフィンに女性が持っていくといい持ち物

女性サーファーは、ご紹介した必需品にプラスして下記のものを持っていくと安心です。

水着

女性の場合は直接ウエットスーツを着ることは少ないでしょう。

大体の場合は、水着を着用してからウエットスーツを着用します。

水着を忘れるとタオルで隠しながら着替えることになり、なかなか手間なので水着を持っていくようにしましょう。

【試着レビュー付】サーフィン水着の女性&男性別おすすめと選び方

#サーフィン

生理用品

海に入る前に突然生理に…ということもあるかもしれません。

そうなると海に入るのも億劫になりますよね。

安心して海に入るためにも、生理用品をカバンに入れておきましょう。

海用の帽子(キャップ、ハット)

サーフィンは楽しみたい、でも肌にシミは作りたくない。

そんな感じで日焼けが気になるなら、サーフハットを被るのがおすすめです。

サーフハットは、日焼けを防ぐ他にも波が見えやすくなる、日射病を防ぐというメリットがあります。

ヘアゴム

長髪の人はヘアゴムを持っていると、海に入るときに役立ちます。

海では髪が濡れて重くなり、とても邪魔になります。

そんなときにヘアゴムがあれば、縛って快適にサーフィンが楽しめます。

サーフィンスクールに参加するときの持ち物

もし、サーフィンスクールに行くなら、持ち物も大幅に変わってきます。

以下の3つで大丈夫でしょう。

ビーチサンダル

スクールによって、どこでウエットスーツに着替えるかが違います。

たとえば、サーフショップの時点で着替えてから少し移動するケースなどもあります。

そんなときにスニーカーしか持っていないと、ウエットスーツにスニーカーとなり、海上がりはほぼ確実にスニーカーの中が濡れることになります。

ビーチサンダルを忘れないようにしましょう。

日焼け止め

スクールでは日焼け止めなどの貸出はないと考えましょう。

自分で日焼け止めを用意していくことを忘れずに。

耳栓

どうしても耳に水が入るのが嫌だという場合は、耳栓を持っていきましょう。

以上の3つです。

プラスで女性は女性の持ち物でご紹介したものを持参しましょう。

初心者・女性におすすめのサーフィンスクール7選【千葉・湘南・愛知・大阪・神戸・四国】

#サーフィン

まとめ

本記事では、サーフィンの必需品についてご紹介しました。

忘れると、そもそもサーフィンができないもの、忘れるとテンションガタ落ちするものなど、ご紹介した13のグッズは忘れないようにしましょう。

今回ご紹介した必需品のリストをPDFにしたものを、以下のリンクからダウンロードできます。

お役に立てていただけたら幸いです。

》サーフィンの必需品リストをダウンロードする

サーフィンに必要な道具一式16選と値段リスト。初心者が賢く選ぶポイントは?

#サーフィン
Writer

TAIVASは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る