REPORT

スノーボードスクールWOOTを体験してきたというお話

スノーボードスクールWOOTを体験してきたというお話の画像
8,505 views 2019-1-13 UPDATE
WOOT

皆さま
新年あけましておめでとうございます。
編集長のヤノです。

いかがお過ごしでしょうか。
年末年始にかけて日本上空を大寒波が覆ったことで、素晴らしい雪が各地で降り、最高のシーズン滑り出しでしたね。

ところで、毎シーズン必ず

“去年よりは上手くなりたい!”

とか

“今年はこのトリックを綺麗にメイクしたい!”

とか目標ってあると思います。
自分も例外ではなく、やっぱりスノーボードやるからには上手くなっていきたいと思うものです。

このような目標を持ちつつも、スノーボードに関しては自分流で上達できると思っている人・スクールは何だかダサいと思っている人があまりにも多い印象です。
スポーツに関して、何をやるにも先生やコーチなどから教わるのは当たり前なのに、なぜスノーボードではその習慣がないのでしょう。

業界的に相手に勝つ(上手くなる)よりも楽しむ(FUN)が上回っているからだと推測してます。
サッカーやバスケットボールのように点数がついて、勝ち負けが明確になるわけではないので、楽しむためにスノーボードをする人が多いからです。
ですので上手くならなくても楽しめればOKという人が大多数というわけです。

ですが、上手くなる → 楽しめるという方程式は成り立ちます。
スノーボードスクールで先生から教わることで、最短距離で上達することができ、それ故にスノーボードをより楽しむことができるようになります。

ということで今回のレポートでは、お世話になっている、加賀大貴プロが代表を務める、WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOLに編集長の私が体験入学してきたので、こんな感じでスクールって受けられるんだ。
っていうのを読者の方々にお伝えできればと思います。

人生で2回目のスノーボードスクール受講

ヤノに関してはスノーボードのスクールを受講するのは人生で2回目。
ちなみに1回目は高校3年生のときに行った3泊4日のスノーボード教室で、みっちり4日間基礎を叩き込まれたことで一気にスノーボードが楽しくなった。
と記憶してます。

ということで人生2回目のスクール講師は、
WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOL代表であり校長先生の加賀大基プロ
こんな感じでカッコよく登場してくれます。

見るからにスノーボードが上手そうで、そして優しさオーラがすごい。
気さくな感じで接してくれるので人見知りな人でも、全く問題なし。

まずは準備運動

今回は体験取材ということだったのでヤノは準備運動をしないで体験がスタートしてしまったが、通常はケガをしないようにみっちり準備運動をしてからスクールはスタートします。

リフトの上でスノーボード観をヒアリング

準備運動が終われば早速リフトに乗っちゃいます。
先生がリフトに同乗してくれるので、スノーボードのレベルや自分のスノーボードの目指すところを洗いざらい話します。

ひろきプロ : 今日はどんな感じでいきましょうか?

ヤノ : そうですねえ、、やっぱりグラトリをもっと上手くなってゲレンデで注目浴びたいです!!

ひろきプロ : OKですー!まずは今のグラトリのレベルを見ないとなので、一回一緒に滑りましょー!

ヤノ : は、はい!
(うわあ。。スノーボード上手い人に見られるのか。。。ヘッタクソだなーとか思われるのかな。。。もし言われたら取材記事、こき下ろしてやるぜ笑)

まずは実力を見てもらう

ひろきプロ : じゃあ早速いっちゃいましょうか!

ヤノ : OKです!何やればいいですか?バックサイド180とかやればいいですか?

ひろきプロ : おまかせしますー!

ヤノ : (トリックのレパートリーが少ない上に、シーズン初すべりなんです。。。トリックを指定してもらえた方がやりやすいのに。。しかも緊張しているんだ察してくれよひろき先生。。。。)

とりあえず、バックサイド180だな。。

自分では高さを出しているつもりでも第三者目線でみると高さ出てない。。。。これが現実か。

不得意だけど、フロントサイドもちょろっと。。

とりあえず、バックサイド180・フロント180・ハーフキャブは見せれたぞ。

フィードバックどんな感じかなー。

今日の目標を設定

ヤノ : 先生どんな感じでしたでしょうか。。

ひろきプロ : 普通に上手いじゃないですかー!やりますね編集長。ちゃんとできてると思います。

ヤノ : まじですか!?(思わず体を乗り出しながら喜んでしまうくらい嬉しいぞ)

ひろきプロ : 一つアドバイスをするとすれば、首が折れてしまって下を見すぎているので、もう少し首は立てた方がいいです。そうするともっと着地で踏ん張れますよ。

ヤノ : なるほど。確かに足元を見すぎてしまっている気がします。特にバックサイド。

ひろきプロ : そうしたら、基本的な180はできているので、今風なおしゃれグラトリに挑戦してみましょう!

ヤノ : 了解です! ちなみにおしゃれ180もあまり下を見すぎないイメージでやればいいですか?

ひろきプロ : そうですね。特にバックサイド場合は、トリックをするギリギリまで進行方向を見続けて、トリックをし始めたら下を向いていく感じですね。

ヤノ : すごいわかりやすいです。(やっぱり上手い人に間近で見てもらえて、悪いクセも矯正できそう)

ひろきプロ : それじゃあまずは僕がお手本を見せるので、ついてきてください!

お手本の滑りを見せてくれる

ひろきプロ : まず、おしゃれグラトリをやるときに基礎的な動きがあるので、その練習をしましょう。動き的にはすごく簡単で、前足を引きつけてから下ろす。これだけです。

ヤノ : (見ればわかる。うまいやつやー!!)

ひろきプロ : 後ろ足を引きつけるバージョンも練習しておきましょう!

ひろきプロ : 前足を引きつけて、テールを残しながらバックサイド方向の動きを入れるとこうなります。

ヤノ : これが今風のバックサイド180なのか。。。確かにおしゃれだ。

ひろきプロ : ノーズを地面に押し付けながらのバックサイド360をやるとこんな感じ。

ヤノ : かっこいい!!

ひろきプロ : これがおしゃれグラトリだ!

ヤノ : かっこ良すぎるよ先生!!

実践練習

ヤノ : よしまずは前足引き上げからだな。。 後ろ足引き付けるのは前に突っ込みそうで怖いから後回し。

後ろでひろき先生は動きをチェックしてくれて、褒めちぎりながらアドバイスをくれます。

ひろきプロ : 動き的には問題ないです。トリックを大きく見せるには、もう少し後ろ足を押し付けるイメージでやってみましょう!

ひろきプロ : そうです!そうです!飲み込むスピード早いですね! また首が折れてしまっているので、もう少し立てましょう!

一緒に滑りながら、プロからの的確なアドバイスをもらえるなんて、これほど早く上達する方法が他にあるのか?
と思ってしまうほど、上達したい!と思うスノーボーダーには必ず受けて欲しいレッスンだと感じた。

一度のスクール受講でより多くのトリックを持ち帰って欲しいという想い

ひろきプロ : すごくいい感じです。今風な180はこれからも定期的に練習してもらえれば、自分のものにできそうですね!
そうしたら、シフティいってみましょうか!

ヤノ : シフティですか!? もう今風な180を習得できて、大満足なんですけど、まだいきます!?

ひろきプロ : シフティってめちゃめちゃ簡単なんですよ! 一番最初に練習してもらった、前足を引きつけてノーズを上げる時に、体のひねりを入れればシフティの完成です。

ヤノ : 確かにイメージではいける気がします。2時間くらいのレッスンで新トリックをかなり習得している気がします!
(この他にも、弊記事には記事量の問題で掲載できていないが、あと3トリックほど習得しています。)

ひろきプロ : やっぱりスクールを受講して頂いたからには、少しでも多くのトリックを持ち帰って欲しいという気持ちがあるので、一回のスクールで平均5〜10トリックくらいは習得して帰ってほしいという気持ちでいつもやってますから!

ヤノ : なるほど!そうしたら、シフティのお手本お願いします!

ひろきプロ : こんな感じで、前足を引きつけながら体を捻ればシフティの完成! 意外と簡単にできますよ!

ヤノ : 今までシフティなんておしゃれなトリックやったことないけど、なんかいけそうだな。

ひろきプロ : いいですねー!形にはなっているので、もっと前肩を開いて進行方向をみましょう!

ヤノ : アドバイスに忠実に。イメージや!イメージ!

ひろきプロ : 完璧じゃないですかー! いいですNEー!

上達するってやっぱり楽しい!!!
スノーボード最高に楽しいわー!!!

スクール一日の振り返り

ヤノ : 今日はありがとうございました! 最高に楽しかったですし、1日でこんなに自分の持ちトリックが増えるとは思ってもいませんでした!

ひろきプロ : スクール1日おつかれさまでした!楽しんでもらえたようで良かったです!実際に体験してみてどうでしたか?

ヤノ : やはり自分よりも遥かにレベルの高い人の滑りを間近で見ることができて、しかも自分の滑りに対してリアルタイムでアドバイスをもらえるのは本当に贅沢で、レベルアップには最高ですよね。
あとはやっぱり先生に見てもらえている安心感と、挑戦して失敗しても恥ずかしくないですよね。
こっちには先生がついてんだぞ!みたいなよく分からない優越感がありました笑
とにかく褒めてくれますし笑

ひろきプロ : そうですね笑 とにかく褒めることは意識的にやってます。人間全員、褒めて伸びるタイプですからね!

ヤノ : WOOTのスクールをより多くの人に受けてほしいと心から思いましたね。 やっぱりスノーボードは上達すればするほど楽しめるスポーツだと改めて思うことができました。
ところでWOOTのスクールはどんな人でも受講することができるんですか?

ひろきプロ : 一応、ターンができれば誰でも受講することができます。ちょっと今回がスノーボードをやるのが初めてです。という方は難しいかと思いますね。

ヤノ : なるほど。上級者はどうでしょう?

ひろきプロ  : 専用のパークレッスンがありますので、キッカーやレールボックスなど今よりも更にレベルアップしたいという方も大歓迎です。

ヤノ : ありがとうございます。他にR/ForA MAGAZINE読者に伝えたいことはありますか?

ひろきプロ  : ぜひWOOTのインスタのフォローをお願いします! メインゲレンデである、尾瀬戸倉の地形での遊び方などもインスタの動画でご紹介したりしていますので、チェックしてみてください!

↓↓WOOT instagram↓↓

https://www.instagram.com/wootsnowboardparkschool/

ヤノ : 今日はありがとうございました!またスクール受けにきます! 今度キャンプもやりましょう!

ひろきプロ : ぜひぜひお願いします!

WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOLのスクール概要

WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOLの大きな特徴として、冬の時期だけではなく夏の時期でもレッスンが受けられるところ。
関東と関西、それぞれで開催している場所は下記を参考にして下さい。

実施スキー場

関東

夏季
・千葉KINGS
・SNOVA新横浜
・カムイ御坂

冬季
・スノーパーク尾瀬戸倉
・神立高原スキー場

関西

夏季
・大阪KINGS
・SNOVA羽島

冬季
・鷲ヶ岳スキー場
・ダイナランド

スクール料金

基本料金 6,500円

540や720を目指していくアドバンスクラスは

料金 7,000円

スクールの時間帯

時間 : 90分~120分
午前9:30〜11:30
午後13:00〜15:00
の2部制となっています。

WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOLを受講してみたい!と思った方への特典

①このコラムを読んでWOOTのスクールを受講された方は、R/ForAのオリジナルステッカーとプレゼント!

②LINE@にて事前に予約して下さった方は、通常6,500円のレッスン料金が6,000円に値下げされます。(アドバンスコースの値下げはないようです。)

スクールにぜひ行ってみたい!という人は下記URLからLINE@で友達になって、お気軽に1:1トークでご連絡ください!
送って頂く内容としては

【お名前】
【参加人数】
【希望日程】
【希望時間】
【参加スキー場】

WOOT と R/ForA合同企画のキャンプなども需要があれば、開催したいと考えていますので、ぜひLINE@の登録をお願いします!

line://ti/p/@ibt5729u

Writer

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっています。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow

ページトップへ戻る