スノーボード

キャンプの水筒は無骨でおしゃれ!直火OKなどおすすめ紹介!

キャンプの水筒は無骨でおしゃれ!直火OKなどおすすめ紹介!の画像
625 views 2021-7-5 UPDATE

あなたはキャンプに水筒を持って行きますか?

近年、普段の生活だけでなくキャンプやアウトドアなどのレジャーでも水筒を持参する人が増えてきています。

水筒のことを“マイボトル”なんておしゃれな呼び方をするようになったのも最近になってからですね。

そんな中「本当にキャンプに水筒は必要なのか?」「どんな水筒がおすすめなのか?」など分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではマイボトルの選ぶ方や必要性、最新のおすすめランキングなどを詳しく解説していきます。

キャンプ用にマイボトルをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事で伝えたいこと
・キャンプに水筒を持っていくメリット
・水筒を選ぶポイント
・おすすめの水筒
【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

キャンプに水筒を持っていく必要はある?

そもそもキャンプに水筒を持っていく必要はあるのかですが、結論から言うと、必須ではありません。

しかし、キャンプに水筒を持っていくことで得られるメリットがいくつかありますので、今回はそちらをご紹介します。

保温・保冷効果に優れている

1つ目のメリットは「保温・保冷効果」です。

コンビニや自動販売機で買った飲み物は時間が経つと常温になってしまいますよね。

水筒は保温・保冷効果があるので、時間が経っても最適な温度で飲むことが可能です。

いつでも美味しく飲むことができるところが水筒の最大の魅力と言えます。

いつでも好きな時に飲むことができる

2つ目のメリットは「好きな時に飲むことができる」ことです。

のどが渇いたなと思った時、近くにコンビニや自動販売機がないと困ってしまいますよね。

水筒があれば、いつでも好きな時に飲むことができるのでとても便利です。

キャンプ用の水筒を選ぶときのポイント

それでは、キャンプ用の水筒を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。

素材

まずは素材です。主に使用されている素材として、「ステンレス」と「プラスチック」が挙げられます。

ステンレスは保温・保冷性に優れ、耐久力も高いのが魅力ですが、重量があるため容量が大きいと持ち運びに大変なのが特徴です。

一方プラスチックは、軽量で持ち運びに便利なのですが、保温性・保冷性はほとんどなく炭酸飲料にも向いていません。

他にもアルミやシリコンなどがありますが、どの素材もメリット・デメリットはあるので、使うシチュエーションに合わせて選ぶようにしましょう。

保温・保冷性

続いてのポイントは、保温性・保冷性です。

夏や冬のキャンプには保温性・保冷性が必須と言っても過言ではありません。

夏の暑い時期、のどが渇いている中で常温のドリンクはちょっと嫌ですよね。

そのため、なるべく保温性・保冷性に優れた水筒を選ぶことをおすすめします。

携帯性

最後のポイントは携帯性です。

やはりキャンプなどのアウトドアに持っていくとなると、“持ち運びやすさ”はとても重要なポイントです。

軽量なモノや取っ手が付いているモノなど、携帯性に優れた水筒はキャンプなどでも使いやすくおすすめです。

今話題、キャンプで使える直火OKの水筒とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@syog.oがシェアした投稿


今、直火で使える水筒が注目を集めています。

お笑い芸人でソロキャンパーとしても有名なヒロシさんも愛用しているとあって話題にもなりましたが、「水筒を直火に!?」と不思議に思えますよね。

ブッシュクラフトを楽しむキャンパーの中では主流なのですが、直火対応の水筒をそのまま直火にかけることで、ケトルや湯たんぽとして使用することができるのです。

無骨でワイルドなキャンプをしたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

【センス抜群】おしゃれな水筒BEST3!

キャプテンスタッグ:モンテ ハンガーボトル480サックス

キャプテンスタッグが誇る人気のモンテシリーズ、ハンガーボトル480。

やさしくキレイな色合いと洗練されたデザインは、まさにおしゃれ!と言わんばかりの水筒です。

また、真空二重構造で保温・保冷効果もあるのでキャンプなどのアウトドアにもおすすめです。

チャムス:キャンパーステンレスボトル

カラフルで可愛らしい見た目が特長、チャムスのキャンパーステンレスボトル。

キャンプなどのアウトドアはもちろん、日常使いにも最適なサイズ感が魅力の水筒です。

ダブルウォールの真空構造なので、保温・保冷効果があり、BPAフリーなのでお子さんでも安心して使用することができます。

RicoRich:スポーツボトル

落ち着いた大人デザイン、RicoRichのスポーツボトル。

魅力は何と言っても飲み口が広く、ゴクゴク飲めるところ。

ドリンクを一気に飲みたい!そんな夏の暑い時期におすすめの水筒で、耐久性に優れたステンレス製なのでキャンプなどのアウトドアにもピッタリです。

【キャンプに最適】直火で使える水筒BEST3!

Nalgene:Stainless Bottle

キャンプ芸人ヒロシさんも愛用、ナルゲンのステンレスボトル。

焚き火などの直火にそのままかけることができるタイプで、シンプルな男らしいデザインが魅力の水筒です。

また、飲み口が広いので、使い終わった後に洗いやすいというメリットもあります。

蓋はプラスチックでできているので、直火に欠ける際は外して使うようにしてください。

PATHFINDER:カンティーン

ビンテージ感のあるデザインが人気、パスファインダーのカンティーン。

こちらもヒロシさん愛用の水筒ですが、なにより男心をくすぐる無骨なデザインが魅力です。

また、飲み口が広いので使いやすさも抜群です。

Klean Kanteen:リフレクトボトル

洗練されたデザインで直火OK、クリーンカンティーンのリフレクトボトル。

まずデザインが秀逸!そして、ステンレススチールには塗装がされていないので安心して直火にかけることができます。

ただし、蓋はバンブー(竹)でできているので、火にかけると焦げてしまうので注意が必要です。

人気ブランド「スタンレー」おすすめ水筒2選!

スタンレー:ゴーシリーズ真空ボトル

水筒の大人気ブランドと言えば「スタンレー」。そのスタンレーの中でも人気なのがゴーシリーズです。

キャンプだけでなく、オフィスなどの日常でも使えるというマルチタイプで、持ち運びに便利なのが魅力です。

品質にこだわったスタンレーだからこその安心があります。

スタンレー:クラシック真空ボトル

耐久性に優れた、スタンレーのクラシック真空ボトル。

保温・保冷効果はもちろんのこと、耐久性にも優れているのが最大のポイントです。

キャンプなどのアウトドアでも安心して使用することででき、子どもに持たせる水筒としても人気です。

耐久性と機能性を兼ね備えたおすすめの水筒です。

無骨な米軍仕様「ミリタリー」おすすめ水筒!

Goetland:ミリタリー

米軍スタイルを再現!Goetlandのミリタリー。

ミリタリーは機能性やおしゃれというものではなく、ロマンです。

持っているだけで一目置かれるカッコ良さに、無骨なステンレスが何とも言えない魅力を感じます。

ブッシュクラフトスタイルに憧れている方におすすめの水筒です。

まとめ

水筒は一年を通して使用することができます。

そのためには耐久性に優れたステンレス製の水筒がおすすめですが、手軽さを考えるなら軽いプラスチック製も外せません。

使用するシチュエーションに合わせてあなた好みの水筒を選んでみてください。

Writer
本家 駿
本家 駿 webライター/webマーケター

webライター/webマーケター
大阪出身、東京で公務員・広告代理店営業を経てwebライターwebマーケターに転身。趣味はサーフィン・キャンプなどのアウトドア。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
クイーバー スラッシュ

nitro(ナイトロ)THE QUIVER SLASH
クイーバー スラッシュ

nitro(ナイトロ)

イージャックナイフ [エリック ジャクソン プロモデル] ワイド

libtech(リブテック)EJACK KNIFE [Eric JacksonPROMODEL] WIDE
イージャックナイフ [エリック ジャクソン プロモデル] ワイド

libtech(リブテック)

ページトップへ戻る