サーフィン

#サーフィン #サーフィングッズ #サーフィン必需品 

発見!場所をとらないスマートなサーフィンバケツ

今回は、北陸在住のサーフィンを初めて2ヶ月の超絶初心者

いつの日か、上手くなって憧れの太平洋(湘南、釣ヶ崎、木崎浜etc)へのサーフトリップを目指し、

サーフィンにおける日々のチャレンジできた事とその結果の原因究明、成長と反省や、

これから始めてみようと考えている方が意外と気になるサーフィンに掛かる費用のことなどを

僕自身の実体験をもとに何一つ包み隠さず、赤裸々にアップしていく成長ブログ、

 

「実録!!下手くそ日本海サーファーがいつの日か上手くなって太平洋サーフトリップを目指すかじブログ」

 

特別版ということで、

僕がサーフィンを始めて2ヶ月の間で

「あ〜、こんなのあったらいいなぁ〜」

「めっちゃ場所をとるけどこれ、こんなに大きい必要ある〜?」

といったちょっとした不満を、

 

  • 極力お金をかけない!
  • できるだけスマート、シンプルに!!

をキーワードに、ちょー庶民的ドケチ根性のもと

コスパ最強アイテムをお伝えしていこうと思います。

 

サーフィンがなかなか上達せず諦めてしまい、「楽しい!!」と感じる前にやめてしまう方も多くいると聞きます。

ここで宣言させていただきます。

僕はどんなに行き詰まっても諦めません!そこに波がある限り海に向かい続けます!!(仕事もありますので毎日とはいきませんが、、、)

ですので、もし気持ちがサーフィンから少し遠ざかっている方などがいましたら是非お手すきの時にでもこのブログを読んでみて下さい!

そしてめちゃめちゃ下手くそでもバカみたいに楽しそうにサーフィンをしている奴もいるんだなと笑ってやってください!

お忙しいとはおもいますが、時間を見つけて少しだけでも海に出てみてください。

そして海に出たならば周りの上手な人とは絶対に比較なんてしないでください!

変わりに僕を思い出して下さい!サーフィンは楽しんだ者勝ちです!!

〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

場所をとるランキング断トツ1位 バケツ

 

 

サーフィン後、ふーっと一息をつき水分補給。

さぁ帰ろう!

濡れたウェットスーツに砂がつかないように車の荷台からバケツを出し、

足の砂を流してからバケツに入る。

着替えた後はリーシュコードやサーフキャップも入れて水をそそぎ予洗い。

バケツの上にサーフボードをのせて水をかけて洗ったり、絶対に必要不可欠な存在。

 

そうなんです。絶対必要なんですけど、こいつが一番場所をとるんです。。。。。

 

形はいろいろあるものの、基本的には口が大きく広がっており、立体的。

ハイエースやミニバン、趣味用の軽バンなどであればスペースも十分あるでしょうし、問題はないかと。

ですが、僕の車は普通車。荷台の大きさも普通、サーフボードも椅子を倒さなければ乗せられず、普段使いもします。

海に行く頻度を考えたら毎回の積み下ろしも面倒なので乗せっぱなしの方がいい。

「絶対に買い直しはしたくない!!」

地理も積もれば山となる。

たいした金額ではないでしょうが、ただでさえ主要用具を揃えるのにお金がかかったのに備品の買い直しだけは避けたい!

お得意の楽天市場でいろいろみていても3,000円〜5,000円が相場。形も場所をとるものばかり。

でも、ふと立ち寄ったお店で理想のものを見つけてしまいました!!!

そのお店の名は、「ダイソー」

さすが!庶民の味方!!!(パチパチパチパチ!!!!)

そして「理想のバケツ」がこちらです!

「コルトナバッグ Lサイズ 990円税込」

写真 左ホワイトM  右ネイビーL

(ダイソーオンラインサイトに掲載せれていなかったためAmazonサイトでのご紹介になりますが、同じものでダイソーの方がお安いです!!)

従来のサーフィンバケツと違って口が縦細になっており場所をとらずスマート!

深さも十分にあり、ポリエチレン製の完全防水バッグ。

完璧すぎます!見つけた瞬間にビビビっと来ました!!

濡れたウェットスーツを入れるだけならMサイズで十分ですが、中に入って着替えるとなるとLサイズがベストかと!

色は全サイズこの2色展開なのですが僕は汚れが目立ちにくそうなネイビーにしました!

値段も楽天市場の1/3〜1/5とヤバすぎる!

即買いさせて頂きました!本当におすすめなので皆さんもぜひです!!

 

ポリタンクよりスマートな◯◯

テーマの一つ「できるだけスマートに、シンプルに!」

僕の中では水を入れるポリタンクもこのテーマには少し反するんです。。。

わかるんですよ?2リットルペットボトル1本じゃ足りないし、何本も持っていくくらいならポリタンクでというのは。。。

でも、立体的なんですよね〜。場所がね〜

そこで見つけました!!今回は得意の楽天市場さんにて!

「HERE by DETAIL ウォーターバッグ5リットル 2セット 880円税込」

丈夫で軽量!何よりもコンパクト!!使わない時はぺたんこにつぶしておけばOK!

しかも持ちやすいハンドル付きで、広いマチ付きで水を入れている時は自立します。

口の大きさもしっかりあり、水の入れやすさと注ぎやすさも◎!しかも2セット!!

僕は1つだけ使用し、もう一つは予備でとってあります。

災害時や非常時にも活躍してくれそうなのでサーフィン関係なくどのご家庭にも一つあってもいいかと!

場所もとらず安い!コスパ最強おすすめアイテムです!!

 

サーフボードが濡れたまま積める!?

必ずしも天気がいいとは限りません。

晴れの日であれば水で洗いながらゆっくり片付けていけるのですが、

雨の日となるとそうもいきません。

サーフボードやその他もろもろはササっと片付け、着替えてすぐに車に乗りたい!

そんな時に役立つのが、「防水デッキカバー」です!

かなり薄手で使わない時は小さく折り畳んでしまえるので、まさにスマート!!

内側がバイクのカバーのような素材になっており完全防水!

ハードケースだと場所をとるし、ニットケースだと水が滲み出る可能性もある。

防水カバーがあれば、雨の日でもサッとボードをしまってササっと着替えて出発できます!!

1つあればなかなか重宝しますのでオススメです!

 

結局なんでも揃うダイソー

その他のあったらいいな!なサポートアイテムとして

  • waxケース
  • waxを塗る時に使うサーフボード多く台
  • 車の荷台が汚れないように敷くシート

などありますが、全て庶民の味方ダイソー様にて揃えることができます!

waxケース→プラスチックの小物ケース(事務コーナーにあります!)

サーフボードを置く台→ダイソーの踏み台(ガーデニングコーナーに置かれていることが多いみたいです!)

荷台に敷くシート→防水レジャーシート(レジャーコーナーにあります!)

さすがダイソー様です!

 

まとめ

工夫をすればそんなにお金をかけることなく、

サーフィンライフがより豊かになるように身の回りを整えることができました!!

ある程度お金をかけないといけないところ(サーフボード、特に冬用ウェットスーツ)と、

極力費用を抑えても大丈夫なところをしっかりと線引きをし、

工夫をしながらこれからもサーフィンを楽しんでいけたらと思います!!

 

"Surfing is a way to be free. '

サーフィンは自由になる方法 リサ・アンダーセン

 

Writer

TAIVASは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る