Now Loading

シーズン毎に揃えて!ウェットスーツのインナーが必要な理由

サーフィン インナー

ウェットスーツの中って何を着ればいいの?
サーフィンを初めてから間もなく、そんな疑問を持った人は多いことでしょう。

俗にいう、ウェットスーツのインナーの選び方。

・水着
・Tシャツなどの普段着
・専用のインナースーツ

など選択肢があるかと思いますが、
答えから言ってしまうと、寒くなければ何も着ないでウェットスーツを着るのが正解。
だが、海水の温度が下がってくるシーズンだと、保温性を保たなければならなくなります。

そこで活躍するのが、ウェットスーツのインナーという訳です。

今回のコラムでは、ウェットスーツの中に着るインナーの役割などを中心に解説していきたいと思います。

ちなみに、下記の記事ではウェットスーツの詳しい内容を記述しているので、ウェットスーツに関する情報が知りたい方は参考にどうぞ!

ウェットスーツの知識を深めてサーフィンをより快適に

暑い夏もインナーを着用!

サーフィンのウェアというとウェットスーツが思い浮かぶ人が多いと思います。実際には他にもインナーの着用が必要です。
暑い夏にインナーが必要なのかと疑問に思う方もいるのではないかと思います。

ウェットスーツやサーフウェアには様々な種類やデザインのものがありますが、裏地がしっかりしているものとそうでないものもあります。
裏地がないものを着用する前に、インナーの着用が必要になるのです。
また、海水が冷たい地域がありますので、長時間サーフィンを楽しんだ場合は、体が夏であっても冷えてしまいます。
そのようなことを防ぐためにも夏でも着用することをお勧めします。

素材は、ストレッチタイプのものを選ぶと、動きがスムーズになり長時間着用していても負担を感じることなくサーフィンを快適に楽しむことができます。

真冬の海もサーフィンしたい!防寒用インナー

冬でもサーフィンを楽しみたいというサーファーの必需品が、防寒インナーです。
厳しい寒さの中、冷たい海で長時間過ごすのですから万全の防寒対策が必要になります。
冬用のウェットスーツもかなりの保温効果があり、防寒対策として優れていますが、それだけでは物足りないという人のために、ウェットスーツの下に着用する防寒サーフインナーをお勧めします。

インナーの役割

このインナーはとても保温効果に優れ、寒い時でも波を逃したくないサーファーにはとても重宝するアイテムです。
温かいのに、軽く、また柔軟性に優れた素材を使用しているものが多いので、長時間着用していても体に負担をかけません。

他にも防寒対策用のサーフグッズはたくさん発売されていますので、さらなる保温効果を求める方はたくさん揃えてみるのも楽しいでしょう。

おすすめインナーをご紹介

ウェットスーツインナー 防寒

サーフィンをやる時期によって、また個人の体質や体型によって、インナーを使い分けることが必要です。

特に寒い季節のサーフィンにおすすめなのが、袖がなく短いフルスーツタイプのショートジョンというインナーです。
腰が冷える、という人や防寒対策はしっかりやりたいけれど、動きやすさも重視したい、というような人にはぴったりです。
首回りの冷えや、入水が気になる、という人におすすめなのが、ハイネックタイプです。
首元から冷えるという人も多いので、防寒着としてもすぐれていますし、海水が入るのを確実に防いでくれます。

暑い夏にも、長時間海水に体が触れていると冷えてしまいますので、インナーを着用した方が良いです。
その場合は、半袖タイプの上半身だけのものを着用すると良いでしょう。冷え性の人は、夏でもパンツタイプやスーツタイプで腰の冷えを防ぎましょう。

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る