サーフィン

サーフィンを始めたら買うべき!女性サーファー向けウエットスーツの種類

サーフィンを始めたら買うべき!女性サーファー向けウエットスーツの種類の画像
2,929 views 2023-3-23 UPDATE

サーフィンを始めてまず必要になるのが、ウエットスーツです。

いざウエットスーツを購入しようと思うと、たくさん種類があって迷ってしまいますよね。

今回はサーフィンを始めたばかりの女性サーファーの皆さんへ、おすすめのウエットスーツの種類をご紹介します。

ウエットスーツの購入を検討している女性サーファーの方

どのウエットスーツを買えば良いのか迷っている方

はぜひ参考にしてください。

ウエットスーツの種類について

ウエットスーツには、たくさんの種類があります。

上半身のみのウエットスーツから、全身をおおうフルスーツまで、細かく分けると十数種類あります。

1年を通して快適にサーフィンを楽しむには、季節・サーフィンをするエリア・天候などを考慮して、それに見合ったウエットスーツを着る必要があります。

今回は関東エリアの女性サーファーの目線で、使用頻度の高いウエットスーツから順にご紹介します。

3mmフルスーツ

長袖・長ズボンの全身をおおうタイプのウエットスーツです。

四季のある日本では、最も使用頻度の高いウエットスーツになります。

大体、春〜夏前まで・秋〜本格的な冬前まで、この3mmのフルスーツを着ます。

3mmフルスーツを楽天で見る

セミドライ

こちらも長袖・長ズボンの全身をおおうタイプのウエットスーツです。

先ほどのフルスーツと違うのは生地の厚さで、5mm×3mmのものが一般的です。

また裏地が起毛になっていて、暖かさを重視したウエットスーツになります。

冬〜真冬用のウエットスーツになるので、冬もサーフィンを楽しみたい方には必須のウエットスーツです。

セミドライを楽天で見る

ロンスプ(ロングスリーブスプリング)

長袖・半ズボンのウエットスーツです。

水温は暖かいけれど、雨や風で外気が寒い時に重宝します。

また上半身の日焼けを防ぐことができます。

初夏から暖かければ10月頃までと、使用頻度の高いウエットスーツになります。

沖縄など暖かい地域でのサーフトリップへ行く際も、リーフなどの怪我から身を守るために、ロンスプがあると便利です。

ロンスプを楽天で見る

タッパー


上半身のみ・長袖タイプのウエットスーツです。

水着に組み合わせて着用します。

夏の朝夕や、雨や風で身体が冷える時に便利です。

上半身の日焼けを防ぐことができます。

タッパーを楽天で見る

ウエットスーツのオーダーと既製品の違い

オーダーメイドのウエットスーツと、既製品のウエットスーツにはどのような違いがあるのでしょうか。

オーダーメイドのウエットスーツ

メリット

・体型にぴったりのウエットスーツが作れる

・デザインやカラーを好きなようにカスタマイズできる

デメリット

・金額が高い

・注文してから届くまでに時間がかかる

既製品のウエットスーツ

メリット

・金額が安い

・すぐに届く、その場で購入できる

デメリット

・サイズ展開に限りがある

 

個人的な意見にはなりますが、セミドライのウエットスーツ以外は既製品で全く問題ないと思います。

セミドライは、オーダーメイドのウエットスーツが断然おすすめです!

自分の身体にぴったり合っているウエットスーツは海水が入りずらく、真冬の寒さから身を守ることができます。

また、脱ぎ着も圧倒的に楽です。

真冬もサーフィンを楽しみたいという方は、セミドライを早めにオーダーしてくださいね!

ブランド別 女性におすすめのウエットスーツ 5選

女性に人気の、ウエットスーツのブランドをご紹介します。

ROXY(ロキシー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ROXY(@roxy)がシェアした投稿

アメリカ発祥のブランドで、比較的若い世代に人気があるブランドです。

スポーツブランドといえば、メンズ・レディースともに扱っているブランドがほとんどですが、ROXYはレディースのみのブランドになります。

そのためウエットスーツのデザインも、女性ならではのかわいいものが多いです。

既製品のウエットスーツは、比較的安価で購入できます。

BILLABONG(ビラボン)


オーストラリア発祥のブランドで、サーフアイテムは世界的に人気があります。

多くのプロサーファーも愛用していて、機能性・デザイン性ともにおすすめです。

ROXY同様、既製品のウエットスーツは比較的安価で購入することができます。

O’NEILL(オニール)

 

この投稿をInstagramで見る

 

O'Neill Japan(@oneill_japan)がシェアした投稿

世界で初めてウエットスーツを開発した、アメリカ発祥のブランドです。

そのためウエットスーツのブランドといえば、O’NEILLが真っ先に頭に思い浮かぶ方も多いでしょう。

クラシックなデザインで、幅広い年代のサーファーに愛されるブランドです。

AXXE CLASSIC(アックス・クラシック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

AXXECLASSIC(@axxeclassic)がシェアした投稿


日本発祥のブランドながら、世界の名サーファーに愛用されています。

日本の熟練された職人の手作業によって作られたウエットスーツは、品質や性能に圧倒的な評価があります。

シンプルでクラシックなウエットスーツは、大人世代のサーファーから人気です。

Rip Curl(リップカール)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rip Curl Japan official(@ripcurl_jpn)がシェアした投稿

オーストラリア発祥のブランドで、世界中のサーファーから愛されています。

女性らしいデザインのウエットスーツも多く、おすすめです。

まとめ

女性サーファーの皆さん、ウエットスーツ選びの参考になりましたか?

暑さや寒さを我慢することなく、快適で海にいられるウエットスーツを選ぶことはとても重要です。

1年中サーフィンを楽しむために、あなたにぴったりのウエットスーツが見つかりますように!

Writer
Mao
Mao

湘南在住の週末サーファー。
女性目線の、サーフィンに関する記事を書いています♡♡
サーフトリップが大好きです!

Instagram : @d_mao_h
インスタグラムもフォローお願いします♡!

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る