サーフィン

サーフィン初心者におすすめ!初めてのサーフボードの選び方

サーフィン初心者におすすめ!初めてのサーフボードの選び方の画像
5,797 views 2023-3-23 UPDATE

サーフィンを初めて間もない頃は、ボードをレンタルしたり、知人から譲ってもらったボードで練習したりする方が多いでしょう。

サーフィンをする回数を重ねていくと、マイボードが欲しくなってきます!

そこで今回は、初心者の方におすすめのマイボードの選び方をご紹介します。

そろそろマイボードを購入しようと考えている方

ボードの長さや種類で迷っている方

そんな方は、ぜひ参考にしてみてください。

サーフィン初心者におすすめの「ボードの長さ」は?

サーフボードの長さは大きく分けると、ショートボード・ミッドレングス・ロングボードの3種類に分けられます。

ショートボードの長さは一般的に6フィート以下、ロングボードの長さは9フィート以上とされています。

ミッドレングスは 6〜9フィートくらいで、ショートとロングの間の長さになります。

ロングボード

ボードの長さが長いので、安定感があり初心者の方におすすめです。

小さな波でもテイクオフがしやすいので、テイクオフの感覚をつかむのにとても良いです。

欠点を挙げると、長いため持ち運びが不便であること。

大きな車でないと車の中に中積みできなかったり、砂浜を歩いて移動する際も重たかったりします。

ミッドレングス

適度な安定感があり、小さな波でもテイクオフがしやすいです。

またショートボードに近いボードの動かしやすさがあるため、ターンの練習にも向いています。

ロングボードとショートボードの良いとこどりなボードで、最近とても人気のボードです。

ゆくゆくはショートボードへ切り替えたいと考えている方には、ミッドレングスをおすすめします。

欠点は、大きな波がきた時にドルフィンスルーがしづらいことです。

ショートボード

ショートボードの最大の魅力は、様々な技ができることでしょう。

プロサーファーのライディングを見ていると、かっこよくて憧れますよね!

しかしショートボードは3種類の中で、最も安定感がありません。

そのため初心者の方には、最初はテイクオフも難しく感じます。

ショートボードから始める場合は、根気が必要かもしれません!

サーフィン初心者におすすめの「ボードの種類」は?

サーフボードは素材によって、ソフトボード・ハードボード(EPSボード・PUボード)に分けられます。

ソフトボード(EPSボード)は、初心者の方にとても人気のボードです。

以前は初心者用というイメージが強かったですが、最近は様々なタイプのソフトボードが発売され、中上級者の方からも注目を集めています。

ソフトボードの特徴

ソフトボード(EPSボード)の特徴は

・軽くて持ち運びが便利

・浮力があるため小さな波でもテイクオフがしやすい

・やわらかい素材を使っているボードが多く、ケガのリスクが少ない

・比較的リーズナブル

と、良いところがたくさんあります。

ハードボードの特徴

ハードボード(PUボード・EPSボード)は、樹脂でラミネートされた硬いボードになります。

PUボードとEPSボードの見た目の違いはあまりないのですが、素材によって特性が違います。

一般的にいわれるのが、

■PUボード

最も一般的で、主流のボード。EPSに比べると重く、安定感がある。

EPSに比べると、大きな波にも向いている。

■EPSボード

PUに比べて軽いため、テイクオフが早い。持ち運びが楽。

PUボードより丈夫。ボードが軽い分、風の影響は受けやすい。

ハードボードを検討されている方は、まずは主流であるPUボードから購入される方が多いです。

しかし、初心者の方はPUかEPSかで検討するより、長さや浮力でボードを検討するほうが良いでしょう。

サーフィン初心者におすすめの「ボードの浮力」は?

初心者の方におすすめなのは、浮力の高いボードです。

浮力が高いことによって、

・パドリングの時にスピードが出やすい

・波がボードをおしてくれる力が大きい

というメリットがあります。

つまり初心者の方でも、テイクオフがしやすくなります。

また小さな波の日でも、浮力のあるボードならサーフィンを楽しむことができます。

サーフィン初心者におすすめの「ボードの値段」は?

サーフボードの値段はボードの長さにもよりますが、2万円代〜20万円以上とピンキリです。

一般的に、ボードの長さが長いほど高くなります。

初心者の方は、

・まずはテイクオフのしやすいボードから購入

・うまくなってきた頃に、自分の乗りたいスタイルに合わせて新しいボードに乗り換える

ことが多いです。

また、初めて間もない頃はボードの破損などもしやすいです。

そのため、はじめから20万円以上の高いボードを購入するより、お手頃なものから購入を考えると良いしょう。

サーフィン初心者におすすめのサーフボード7選

せっかくなら持っていてテンションが上がるボードのほうが海に行きたくなるし、大切に使いますよね!

そこで、ブランド力があり、持っていてテンションの上がる、初心者の方におすすめのボードを、10万円くらいまででいくつかご紹介したいと思います!

nanazero(ナナゼロ)のサーフボード

最近SNSなどで非常に話題の新しいサーフィンブランドが、nanazero(ナナゼロ)です。

これからサーフィンを始めようとしているサーファーの初めてのボードとして、また、経験のあるサーファーがリラックスしたサーフィンを楽しみたい時に特におすすめのブランドです。

ショートボード、ミッドレングス、ロングボード、全てのレングスが揃っています。

ウッドスキンで見た目がお洒落なことはもちろん、EPSボードのため軽量で丈夫。初心者にも非常に扱いやすいサーフボードです。

テイクオフも抜群に速いですよ♪

nanazero(ナナゼロ)のサーフボードを見る

CRIME(クライム)のソフトボード

今までのソフトボードのイメージをくつがえす、スタイリッシュな CRIME(クライム)のソフトボード。

長さは 7’0〜8’6まで、ミッドレングスのボードです。

デッキはソフトですがボトムはハードなので、耐久性もあります。

クロコダイルスキンを採用しているので、ワックスを塗る必要がないのも人気の理由です。

CRIMEのソフトボードを楽天で見る

CATCH SURF(キャッチサーフ)のソフトボード

ソフトボードの人気ブランド CATCH SURF(キャッチサーフ)のボードです。

長さは 9’0 セミロングのボードです。

ポップなデザインと、ショートからロングまで長さの展開も多いので、人気のボードになります。

CATCH SURFのソフトボードを楽天で見る

Softech(ソフテック)のソフトボード

こちらもソフトボードの人気ブランド Softech(ソフテック)のボードです。

長さは7’0のミッドレングスのボードです。

ハンドルがついているので、持ち運びが便利です。

Softechのソフトボードを楽天で見る

NSP(エヌエスピー)のハードボード

NSP(エヌエスピー)のボードは、丈夫なことで有名です。

サーフスクールなどにおいてあることも多く、初心者に乗りやすいボードです。

長さは7’6のミッドレングスのボードになります。

NSPのハードボードを楽天で見る

SUPER BRAND(スーパーブランド)のハードボード

SUPER BRAND(スーパーブランド)のボードは、6’8〜7’2まで長さの展開があるミッドレングスです。

ブランドのミッドレングスの中ではお手頃な値段です。

ショートボーダーに人気のブランドなので、将来ショートボードに変えたい方におすすめします。 

SUPER BRANDのハードボードを楽天で見る

ROXY(ロキシー)のハードボード

女性に人気のROXY(ロキシー)のボードです。

長さは7’0〜7’6のミッドレングスです。

初心者用に乗りやすい設計になっていて、何よりかわいいので女性におすすめです。

ROXYのハードボードを楽天で見る

まとめ

いかがでしたか?

初めてのサーフボード選びの、参考になったでしょうか?

マイボードでのサーフィンは、ボードへの愛着がわき、よりサーフィンが楽しくなります!

お気に入りのボードを片手に、今後もサーフィンライフを楽しんでください。

Writer
Mao
Mao

湘南在住の週末サーファー。
女性目線の、サーフィンに関する記事を書いています♡♡
サーフトリップが大好きです!

Instagram : @d_mao_h
インスタグラムもフォローお願いします♡!

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る