キャンプ

キャンプマットおすすめランキングBEST5!安い×寝心地×コンパクト

キャンプマットおすすめランキングBEST5!安い×寝心地×コンパクトの画像
1,513 views 2022-1-17 UPDATE

キャンプに行くならマットは必ず用意しましょう!

マットはテント内での居心地や睡眠の質にも関わってくるものなので、自分のキャンプスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

しかし、キャンプマットっていっぱいあってどれを選べば良いのか迷いますよね。

そこで、この記事ではキャンプマットの種類や選び方、おすすめのキャンプマットなど詳しく紹介していきたいと思います。

これからキャンプを始める方、マットが欲しいなと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント
・エアーマットがおすすめの理由
・エアーマットの注意点
・おすすめのエアーマット
〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

キャンプマットの種類

キャンプマットには大きく4つの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自分に合った種類を選ぶことが重要になるので、“購入する前に”それぞれの特徴を理解しておきましょう。

銀マット【軽量×安い◎】


銀マットのメリットは何より軽くて安いこと。

他の種類と比べるとかなりリーズナブルなので、とりあえずマットが欲しいという方におすすめです。

クッション性や寝心地はあまり期待できませんが、折りたたんだり丸めたりして持ち運べる携帯性はキャンプではとても重宝されます。

また、自分のサイズに合わせてカッティングできるのも大きなメリットと言えます。

ウレタンマット【断熱性×耐久性◎】


断熱性と耐久性に優れたハイブリッドタイプのウレタン。

断熱性に優れているので、冬キャンプの底冷え対策にもピッタリです。

また、耐久性もあるので、長く使用できるのも魅力のひとつ。

銀マットよりは厚みや硬さがあるので、地面が悪い時でも使えるおすすめのタイプです。

エアマット【寝心地◎】


寝心地を重視するなら断然、エアマットがおすすめです。

銀マットやウレタンマットよりも分厚くふわふわで、包み込まれるような感覚が魅力のタイプ。

その分、空気を入れるのが一苦労で、場合によっては空気入れ用のポンプが必要になることも…。

それでも、空気を抜けばコンパクトに収納することができるので、持ち運びはとてもラクです。

インフレーターマット【準備がラク◎】


インフレーターマットは、バルブを開けると自動で空気が入り膨らむタイプで、エアマットと違って手間がかからないのが特徴です。

エアマットよりは少し薄いものが多いですが、クッション性はあるので寝心地は問題ありません。

準備のラクさとほどよいクッション性を兼ね備えたタイプです。

キャンプマットの選び方

キャンプマットの種類をお伝えしましたが、何を基準に選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、キャンプマットを選ぶ際に見ておきたいポイントをお伝えしていきます。

自分に合ったサイズ

キャンプマットには大小さまざまなサイズがあります。

寝心地を重視したいなら自分の身長よりも少し大きめのサイズを選ぶなど、目的に合わせたサイズを選ぶことが重要です。

銀マットならカットすることで自在に調整できますが、サイズが大きすぎるとテント内に収まらない可能性もあるので注意しましょう。

断熱性を表す「R値」

R値というのは断熱性を表す数値で、数字が大きければ大きいほど断熱性が高くなります。

夏のキャンプは2未満、春・秋のキャンプは2~4程度、冬のキャンプは3~5程度が目安となります。

防水加工

意外と見落としがちですが、防止加工が施されているかどうかもチェックしておきましょう。

キャンプでは突然の雨や気温の変化で、結露ができてテント内が濡れてしまうことがあります。

マットが濡れると体感温度も下がってしまうので、チェックしておきたいポイントです。

折りたたみなどの携帯性

キャンプや登山で使用するなら、折りたたみ式などの携帯性もチェックしておきたいですね。

銀マットなら折りたたんだり丸めたりして携帯することができますが、そのほかのマットではこのあたりもチェックしておきましょう。

ニトリのマットはキャンプで使える?

「正直ニトリのマットで良くない?」と思う方も多いですよね。

ぶっちゃけ、ニトリのマットレスで全く問題ありません。

ニトリには低反発から折りたたみ式のマットレスまで幅広く取り揃えているので、キャンプでも使いやすくなっています。

個人的には折り畳みマットレスがおすすめですが、好みに合わせて選んでみてください。

キャンプマットおすすめランキングBEST5!安い×寝心地

【第1位】THERMAREST(サーマレスト):Zライトソル

どこでも手軽に使えるサーマレストのZライトソル。

断熱性と耐久性に優れたウレタンマットで、なにより軽くて持ち運びに便利なのが魅力です。

薄くて冬の使用は厳しいですが、春~秋の3シーズンは問題なく使用できるおすすめマットです。

【第2位】DOD:ソトネノキワミ

DODが誇る寝心地抜群のウレタンマット、ソトネノキワミ。

厚さ10cmと十分な厚さに加え、ポリエステルとコットンで作られた生地が気持ち良さを倍増させています。

シーツは取り外して丸洗いできるのも、汚れが気になるキャンプには大きなメリットと言えます。

【第3位】コールマン:キャンパーインフレーターマットハイピーク

インフレーター式で準備に手間がかからないタイプ。

厚さも10cmとデコボコな地面でも問題なく使用でき、ベッドのような寝心地が特徴のマットです。

準備だけでなく、撤収もしやすいので、準備・撤収に時間をかけたくない人は要チェックです。

【第4位】Bears Rock:キャンプマット

軽量コンパクトを重視した、なんとも可愛らしいキャンプマット。

厚さ3cmと少し薄く感じるかもしれませんが、春・夏・秋の3シーズンなら十分です。

自動膨張式なので設営にも手間がかからず、価格も3,000円台とコスパの良さが光ります。

【第5位】シートゥーサミット:コンフォートデラックス

断熱性の高さを表す数値「R値」も5.2と冬の底冷え対策にもうってつけのキャンプマットです。

シートゥサミット最大の特長は、空気の出し入れが簡単な大口径バルブ。

耐久性に優れた頑丈な造りと、設営・撤収のラクさが魅力です。

【ダブルマット】キャンプマットおすすめ3選!

コールマン:コンフォートエアーマットレス

約20cmの分厚さで快適に眠ることができるコールマンのダブルマット。

ダブルサイズと大きめですが、バルブの開閉がしやすく簡単に空気の出し入れが可能です。

空気を抜けばコンパクトに収納できるのもおすすめポイントです。

ハイランダー:スエードインフレーターマット

冷感のない高級感を感じられるスエード生地のインフレーターマット。

スエード生地なのであたたかく、気温の下がる夜でも快適に使用することができます。

シュラフなどを重ねて使ってもいいのですが、枕付きなのでそのままでも十分使えるおすすめキャンプマットです。

ビジョンピークス:インフレーターマット

6cm厚のウレタンフォームがしっかりと身体をサポートしてくれる、ビジョンピークスのインフレーターマット。

2つのマットを連結することが可能で、ソロキャンプからグループキャンプまで柔軟に対応できる便利なタイプです。

まとめ

デコボコな地面や底冷え対策など、キャンプにおいてマットは必要不可欠な存在です。

種類も多く選ぶのが大変かもしれませんが、自分のキャンプスタイルをよく考えて選んでみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

Writer
本家 駿
本家 駿 webライター/マーケター

webライター/マーケター
東京で公務員・広告代理店営業を経てwebライター・マーケターに転身。
趣味はサーフィン・キャンプ・釣り

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る