キャンプ

手軽な豪華キャンプ「グランピング」とは?関東・関西おすすめグランピング施設5選

手軽な豪華キャンプ「グランピング」とは?関東・関西おすすめグランピング施設5選の画像
668 views 2019-7-12 UPDATE

ここ数年、手軽で豪華なキャンプとして人気のグランピング
キャンプ初心者や子連れファミリーも楽しめるアウトドアとして注目を集めています。
グランピングとは一体何なのでしょうか?
■ グランピングとキャンプは何が違う?
■ グランピングのメリット・デメリットは?
■ おすすめのグランピング施設は?
気になるグランピングの魅力に迫ります。

ad
【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

グランピングとは?

グランピングは、2010年頃に欧米で流行。
その後、2014年頃から日本でも流行しはじめました。
今では全国各地に数多くのグランピング施設があるほど、人気のレジャーです。

グランピングという言葉は、
“Glomorous”(=豪華)
“Campimg”(=キャンプ)
という英語をあわせた造語です。

・ホテルのように豪華で快適なサービスと空間を利用しながら、
・キャンプならではの大自然でのアウトドア体験を楽しめる、
まさに旅行とキャンプのいいとこ取りレジャーなんです。

グランピングとキャンプは何が違う?

グランピングとキャンプは一体何が違うのでしょうか?
宿泊スタイルと食事スタイルの違いについてまとめました。

手軽で快適なグランピング

グランピングは、手軽で快適なスタイルが特徴です。

■ グランピングの宿泊スタイル

グランピングでは、キャンプのような
・テント
・トレーラーハウス
・コテージ
といった宿泊施設が用意されていることが多いです。
設備やデザインに趣向を凝らした、豪華な施設もあります。

グランピングの宿泊施設の特徴は、
・自分で設営する必要がない
・トイレ、お風呂、エアコンなどの快適装備が備わっている
・ソファ、ベッドなどホテル並の家具が備わっている
こと。
キャンプ気分を味わいながら、まるでホテルのような快適空間で宿泊できます。

こちらの画像は、去年私が訪れたグランピング施設。
ホテル室内に、本格的なキャンプ用テント・寝袋・ハンモックなどが設置されています。

テントやハンモックを持参する必要も、設置する手間もないので、本当に楽ちんでした。

大人も、トイレや洗面所などがキレイで、空調設備のととのった室内で快適に過ごせました。
キャンプ気分を手軽に味わえたのが、とてもよかったです。

■ グランピングの食事スタイル

グランピングでは、BBQなどアウトドアならではの食事メニューが用意されていることが多いです。
グランピングでの食事の特徴は、
・レストランのように、食材や料理を注文できる
・炭、コンロ、トング、皿、カトラリー、調味料など全ての道具が用意されている
など、食材・道具などの準備から片付けまで施設側がおこなってくれることが多いです。

自給自足のキャンプ

キャンプは、宿泊から食事まですべて自分でおこなう自給自足スタイルが特徴です。

■ キャンプの宿泊スタイル

キャンプの宿泊施設は、
・テント
であることが多いです。

キャンプの宿泊施設の特徴は、
・テントを自分で設営する
・テント内の居住空間(イス、テーブル、灯り、寝袋など)を自分で用意する
こと。
宿泊場所をすべて自分でつくりあげるのがキャンプの特徴です。

■ キャンプの食事スタイル

キャンプでは、食事の用意から調理まで、すべて自分でおこないます。
・食材、炭、コンロ、トング、皿、カトラリー、調味料など全ての道具を準備する
・火おこし、調理、片付けまですべて自分でおこなう
など、食事もすべて自分でつくりあげることがキャンプの特徴です。

グランピングのメリットは?

グランピングのメリットは、
〇 道具や知識がなくても、気軽にキャンプが楽しめる
〇 自然環境の影響を受けにくい
ことです。

メリット1.気軽に楽しめる

グランピングは、
・テント、寝袋、コンロ、大きな車といった道具
・アウトドアの知識や経験
がなくても、気軽にキャンプを楽しむことができます。

キャンプって、道具や知識の面で、始めるにはややハードルが高いですよね。
アウトドア初心者でも気軽にキャンプ体験ができるのが、グランピングのメリットです。
グランピングをきっかけに、キャンプの楽しさに目覚めて本格的に始める人もいるようです。

メリット2.自然環境の影響を受けにくい

グランピングは、
・宿泊施設
・BBQやレストラン
といった設備が、屋内にあることも多いです。

そのため、
・雨、風、雷
・暑さや寒さ
・害虫
など自然環境の影響を受けず、快適に過ごすことができます。
小さい子どもやお年寄りも、安心してキャンプ体験ができるのがメリットです。

グランピングのデメリットは?

グランピングのデメリットは、
× アウトドアの醍醐味を感じにくい
× 自然の偉大さを感じにくい
ことです。

デメリット1.アウトドアの醍醐味を感じにくい

グランピングは宿泊も食事も、自分で用意する必要がありません。
手軽な反面、キャンプの魅力である野営の醍醐味に欠けるのがデメリットです。
・安全で快適な道具を準備する
・自分でテントをはる
・火をおこす
・自然の中で眠る
・雨風などのハプニングに対応する
など大自然の中で、本能的な生活を体験するのがキャンプの魅力です。
便利さと快適さをあえて手放し、自然と向き合う本格派キャンパーと同じ感動は、グランピングでは味わえないでしょう。

デメリット2.自然の偉大さを感じにくい

グランピングは天候などの自然環境に左右されにくく、快適に過ごせます。
その反面、自然の厳しさや素晴らしさを実感しにくいのがデメリットです。

私は子どもの頃、家族でキャンプに行った先で、ひどい雷雨にあったことがありました。
日中は晴天だったのに、夜になると一転して大雨と雷。
暗闇の中、テントにうちつける雨音がとても大きく、雷の音も近く感じられて、とても怖かったのを覚えています。
自然の怖さや、山の天気は急変しやすいことなどを子どもながらに学んだ記憶があります。

そうした自然の偉大さは、快適で守られた屋内では経験することができません。

関東・関西のおすすめグランピング施設5選

グランピングには、キャンプとは一味違った魅力があります。
メリットもデメリットもありますが、手軽にアウトドアを楽しむには格好のレジャー。
ここからは、関東・関西でおすすめのグランピング施設をご紹介します。
・都会から近くて手軽
・豪華で贅沢
・本格キャンプに近い
など、施設によっても趣向はさまざま。
自分に合ったワクワクする施設を探してみてくださいね。

【東京】WILD MAGIC

出典:WILD MAGIC

東京都心にほど近い豊洲エリアで、BBQやシーサイドパーティーが楽しめるグランピング施設。
宿泊はできませんが、施設内にはキャンプ気分を満喫できるおしゃれなエリアがたくさん。
カップル・ファミリーから、100~500人までの大人数まで、多彩な楽しみ方ができます。

■ 施設名:WILD MAGIC
■ 住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-23
■ WILD MAGIC公式HPはこちら

【千葉】THE FARM

千葉県香取市にある、自然派グランピング施設。
テントサイトは7種類全32棟あり、中はダブルベッドなど豪華な家具付。
子どもが楽しめる浅瀬の人工川沿いテントや、アスレチック付テントなど、バリエーション豊かです。
手ぶらBBQはもちろん、入浴は近くの天然温泉が利用できて快適。
また季節の野菜収穫など、自然体験ができるのも魅力です。

■ 施設名:THE FARM
■ 〒287-0103千葉県香取市西田部1309-29
■ THE FARM公式HPはこちら

【滋賀】GLAMP ELEMENT

滋賀県米原市にある高級グランピング施設。
水辺に建つ宿泊棟は、全15棟。
2階建てヴィラ・ウッドキャビン・ホワイトドームなど、いずれも趣向を凝らした豪華な部屋ばかりです。
部屋専用のカヌーやジャグジーバスの設置もあり、まるで高級リゾートのよう。
料金は、宿泊費の中に食事・アクティビティの利用料金などがほぼ含まれているため、滞在中も安心ですx。

■ 施設名:GLAMP ELEMENT
■ 〒521-0221 滋賀県米原市池下60-1
■ GLAMP ELEMENT公式HPはこちら

【大阪】PALM GARDEN 舞洲

大阪中心部にほど近い舞洲にある、カジュアルなグランピング施設。
宿泊やBBQは、おしゃれなトレーラーハウスで楽しめます。
世界でもレアな高級トレーラーハウス「エアストリーム」に泊まれるプランも。
キッズパークやアクティビティもあり、子連れでも飽きることなく楽しめます。

■ 施設名:PALM GARDEN 舞洲
■ 〒554-0042 大阪市此花区北港緑地2-3-57
■ PALM GARDEN 舞洲公式HPはこちら

【京都】LOGOSLAND

京都府城陽市にある、全天候型スタイルのグランピング施設。
アウトドアブランドLOGOSがプロデュースを手掛けています。
ホテル内には、LOGOSテントを設置した部屋を用意。
天候にかかわらず楽しめるので、子連れでも安心です。
BBQスペースやアウトドア料理が楽しめるレストランも豊富です。

■ 施設名:LOGOSLAND
■ 〒610-0121 京都府城陽市寺田大川原24-4
■ LOGOSLAND公式HPはこちら

まとめ

私はアウトドアが好きな方なのですが、虫が苦手だし、水回りが汚いのも苦手です。
子どもも小さいので、安全面も気になる。
キャンプ道具も持っていない。
ということで、なかなかキャンプに踏み出せていません。

そんな私でも、グランピングであれば気軽に楽しむことができます。
キャンプほどのダイナミックさはありませんが、自然の中で遊ぶ楽しさを子どもに教えてあげることもできます。

・気軽にアウトドアを楽しみたい
・一味ちがった旅行の思い出をつくりたい
・キャンプをしてみたいけれど、自信がない
という人には、グランピングはぜひおすすめのアウトドアです。

この夏、友人や家族と一緒にグランピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Writer

最近サーフィンを始めたばかりの新米ママサーファー。
スノボ歴は5年。

リアル初心者・女性・母である独自の視点を交えて、横ノリスポーツの魅力や情報を記事にのせてお届けします。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
ナイトロ ティーワン ダブル

nitro(ナイトロ)NITRO T1 W
ナイトロ ティーワン ダブル

nitro(ナイトロ)

タイガー グローブ

howl(ハウル)TIGER Glove
タイガー グローブ

howl(ハウル)

カーボン クレジット

gnu(グヌー)CARBON CREDIT
カーボン クレジット

gnu(グヌー)

ページトップへ戻る