CBD

CBDキャンディーって知ってる?他の製品との違いや特徴をご紹介

CBDキャンディーって知ってる?他の製品との違いや特徴をご紹介の画像
7,715 views 2021-9-5 UPDATE

最近話題のCBD(シービーディー)はご存知でしょうか?

CBDとは正式名称【カンナビジオール】のことです。

大麻から抽出される成分ということで誤解を受けやすい成分ですが、厚生労働省から認可を受けている安全な成分で、使用するメリットがたくさんあります。

実際にCBD製品を検索してみると、たくさんの種類があるのがわかります。

濃度が違かったり、摂取方法が違かったり・・・

「海外から輸入されているものもあるけど、本当に大丈夫?」と心配になりますよね。

「CBDに不安があるけど試したい!」そんな方には、まずはCBDキャンディーで摂ってみることをオススメします。

この記事では、CBDキャンディーの効果や他製品との違い、メリットについてご紹介します。

CBDと違法成分との違い

CBDキャンディとは、麻から採れるCBD成分を含んだキャンディのこと。

大麻草から採れる成分で代表的な成分が2つあります。

・THC(テトラヒドロカンナビノール)→違法

・CBD(カンナビジオール)→違法では無い

この2種類、同じ大麻草から抽出される成分でも、効果が全く違います。

THCは、穂・葉・草から抽出される成分で、幻覚障害記憶への影響学習能力低下など体へ悪影響、精神作用を及ぼす有害成分。

一方CBD種・茎から抽出される成分で、鎮痛効果不安・不眠を抑制美肌効果リラックス効果などが得られる。
わたしたちの健康に深く関わっている成分で、CBDを摂取することで不調を改善、健康を維持するとして人気です。
さらに、神経疾患やがんに効果があると期待され世界で研究が続けられています。

効果について詳しく説明すると、もともと身体にはECS(エンドカンナビノイドシステム)というシステムがあり、カンナビノイドが欠乏した状態が続くと、心身の不調につながることがわかっています。
このシステムは哺乳類すべての動物にあるので、ペット用のCBDにも注目が集まっております。

欠乏したカンナビノイドをCBDを摂取し外から補うことで、内因性カンノビノイド受容体に行き渡り健康効果が得られます。
体内で欠乏したものを補うサプリメントのようなイメージですね。

ちなみに、ヘンプシードオイルは種子から純粋な油だけを抽出したものでCBDは含まれません。

簡単に説明しましたが、カンナビノイドにもたくさん種類がありますので詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
JCAC:日本臨床カンナビノイド学会

CBDキャンディを摂ることで得られる効果

・リラックス効果

・不安や緊張の緩和

・不眠改善

など、心身の健康をサポートしてくれます。
キャンディタイプは、摂取するシチュエーションを選ばないので、仕事中トレーニング後リラックスタイムなど好きなタイミングで摂取できるのが嬉しいですね。

摂取方法

CBD製品の摂取方法は経皮摂取吸入経口摂取の3つのパターンがあります。
それぞれ見ていきましょう。

経皮摂取

経皮摂取で代表的なものは、
・ボディーバター
・化粧品
・ボディソープ
などがあります。
ボディバターは脚や腕など筋肉に疲労がある箇所に直接塗ることで、疲労部分にダイレクトに効果を届けることが特徴です。
トレーニング後のマッサージや、鎮静効果のある商品をスキンケアとして利用する方法が一般的です。

吸入

吸入での摂取は、
・CBDリキッド
・CBDワックス
などがあります。
楽天市場にはそのほかにも、「お香」「パウダー」などがありました。
リキッドタイプは、リキッドを吸入するための専用器具を用意して吸入します。
電子タバコやVAPEのようなもの。
普段電子タバコを吸われている方はこちらが取り入れやすいでしょう。

経口摂取

経口摂取で代表的なものは、
・CBDオイル

・CBDキャンディー

・CBDグミ

などが挙げられます。
楽天市場で検索してみると、そのほかにも「CBDガム」「CBDタブレット」「CBD含有コーヒー」「CBDはちみつ」「CBDウォーター」などがありました。
経口摂取が一番手軽で、商品数が多いです。
オイルの経口摂取方法としては、口の中に直接垂らす方法と、飲みものに数滴垂らす方法があります。
ご自身の目的に合わせて量を調節でき、摂取量を把握することができることがメリット
しかし、CBD製品の多くは苦味が強く、オイルの味が苦手な方も多いです。

オイルが苦手な方にオススメなのがCBDキャンディです。

CBDキャンディの特徴

・味にクセが無く美味しい

・手軽に摂れる

・安い

・国産のものが多く安心

CBDキャンディーは味にクセが無く、CBD初心者やオイルの味が苦手な方にオススメ。

個包装になっているものが多く、持ち運びに便利で「いつでも」「どこでも」「手軽に」CBDを摂取することができるというのがメリット。

PC作業中や、トレーニング中に摂取することで集中力アップストレス緩和の効果が期待できます。

1粒あたり、10mg〜75mgまで幅広くあったのでご自身の体調や効果の出方を見ながら量を調整することができます。

CBDオイルが10,000円前後の商品が多いのに対しキャンディは2,000〜3,000円で購入できるので、安く手に入れられるのも魅力的です。

そして、味も美味しく、国産の製品がほとんどなので安心してCBDを始めることができます

CBDをこれから始める方は、濃度が低く、摂取してからゆっくりと効果の出るキャンディーから始めてみてはいかがでしょうか?

アスリート向けの人口甘味料、保存料、合成着色料、カフェインは不使用という製品もあります。

 

グミ同様、毛細血管が集中している舌下でゆっくりと溶かしていくことで吸収率が高まり、効果が早く感じられます

CBDグミについてはこちらもご覧ください。

CBDグミとは?その効果や適切な食べ方を解説!

CBD過剰摂取による副作用

2021年現在、日本でのCBDオイルやキャンディは医薬品ではなく健康補助食品としての取り扱いになっています。
しかし、含有量などそれぞれの商品で違いがあり、自己の管理で摂取をすることに不安を感じる方もいるのではないでしょうか。
世界保健機関(WHO) 薬物依存に関する専門委員会(ECDD) 第 39 回会議 カンナビジオール(CBD) 事前審査報告書
こちらを見てみるとCBDには乱用性や依存性は無いと記載されています。
厚生労働省は副作用について触れておらず、副作用が出ることは少数のようです。
民間で報告されている副作用は
・頭痛
・下痢
・眠気
・口が乾く
いずれも軽症で、これらの多くは、自身がもともと服用していた薬との相互作用によるもののようです。
それぞれの商品で摂取量の記載があるので、摂取量を守って使用すれば問題ないでしょう。

まとめ

CBDは、違法成分THCとは全く別のもの。リラックス効果や不安・不眠の改善に効果があり、依存性はありません。
睡眠に不安のある方やリラックスしたい方、初心者の方にはオイルやキャンディで使用量を調整しながら経口摂取がオススメ
スポーツでの筋肉疲労を取り除きたい方には、ボディーバターで筋肉に直接アプローチがオススメ
ストレスが多い方にはリキッドで吸入をオススメします。
日本でも認知度が高まり、注目されているCBD。目的や体調に合わせて摂取方法や量を調整しながらご自身に合う摂取方法を選んでみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

Writer
Nao
Nao ライター

スケートボード歴5年のガールズスケーター。
響きがいいのでガールズスケーターと名乗っていますが、ママスケーターでもあります。
家族で移住をしながら、全国各地で滑っています。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る