SKATEBOARD

これを履いておけば間違いない!!ガールズスケーターが選ぶスケボーシューズ5選

これを履いておけば間違いない!!ガールズスケーターが選ぶスケボーシューズ5選の画像
4,491 views 2021-5-29 UPDATE
こんにちは!スケート歴5年、ガールズスケーターのNaoです。 スケートボードを始めたい、もしくはもうすでに始めているよって方でスケシュー(スケートボード用シューズ)を買おうとネットで探しているけど、何を選んだら良いかわからない!って方多いのではないでしょうか。 女性だと特に「レディースサイズが少ない」し、探すのが大変ですよね。 探すのが大変すぎて「普通のスニーカーじゃダメなの?」「何が違うの?」といった疑問も湧いてきます。 そこでこの記事では、”女性スケーターが履きやすいデザイン”で”レディースサイズのあるスケボーシューズ”を5つ紹介します。 『スケボーシューズ=スケシュー』が重要な理由と、これからスケシュー選びに悩まない為のコツも紹介しているので、いま悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 こんな方にオススメの記事です 何を履いたら良いか分からない... スケシュー(スケボー用シューズ)を探しているけどサイズが無い... 好みのデザインが見つからない... 人と被りたく無い... 近くにスケートショップが無くてスケシュー試し履きができないよ〜 といったお悩みの方は、 この記事を読むことでお気に入りの一足に出会えるでしょう!

スケシュー選びは超重要!スケートシューズの特徴

スケボー用のシューズは見た目だけで無く、一般的なスニーカーと比べてライディングのしやすさが圧倒的に違います!!!

スケートボードは怪我が多く危険なスポーツ

間違った靴を選ぶと大怪我に繋がることもあります。

怪我のリスクを下げる為にも、特に初心者やガールズはきちんとスケートボード用のシューズで滑りましょう。

かっこいいスケシューを履いてると上手そうに見えます

1. デッキ(板)の上で靴が滑りにくく、安定する

まず、アウトソール(地面に触れる部分)の作りが通常のスニーカーと違います。 滑りにくい素材でできているのでデッキ(板)に乗った時、安定してバランスを取ることができます。

2. クッション性(着地の衝撃吸収)

スケートボードで、最初に憧れるのはオーリー(ジャンプ)。 練習を始めた方なら分かると思いますが、ものすごい回数のジャンプします。 慣れてくると段差を下りたりと、他のスポーツに比べて着地の時の衝撃が大きく足への負担も大きいです。 スケートボード用に作られたシューズはクッション性があり、着地の時の衝撃を軽減してくれます。

3. やすり状のデッキテープとの摩擦に強い!

普通のスニーカーとの1番の違いは、使われている生地の素材 ほとんどのスケートボードシューズはアッパー(スニーカーの生地)部分がスウェードで作られていて、デッキテープとの摩擦に強いです。 何かトリック(技)を練習し始めると靴の消耗が激しいのですが、スケートボード用の靴は耐久性が違います 普通のスニーカーのほうが安いので、そちらでスケボーをしたことがあるんですが、3日目くらいで穴が空きました! 普通のスニーカーに比べると少し高いのですが、その分耐久性の高いスケートボード用の靴をオススメします。

ガールズスケーターが選ぶスケシューオススメ5選

スケシュー選びの重要性がわかったところで、オススメを5つ紹介します。

NIKE SB BLAZER ZOOM MID

まず最初に、何を履いたら良いか分からない方にオススメしたいのは... NIKE SB BLAZER ZOOM MID (ナイキ エスビー ブレザー ズーム ミッド)です!! こちらはデザインとサイズ豊富 プロスケーターにも人気のある靴で、女性にも男性にもダントツでオススメのスケシューです! BLAZERはLOWもあるのですが、 MID(くるぶしが隠れるデザイン)のものが足首が守られて安心感があってオススメです。
ちなみに・・・私もBLAZER 履いてました。 めちゃくちゃ良かったのでまたリピートしようと思ってます! デメリットとしては 人気な靴だけに、人と被りやすいです。。。 あと、お値段が11,000円〜15,000円と他に比べると高め。 購入金額は高いのですが、安いスケシューに比べてタフで持ちが良いのでコスパは良いです◎ アマゾンでも購入できます。

NIKE SB ZOOM STEFAN JANOSKI

次に、自分の足に合うサイズが無いって方にオススメは

NIKE SB ZOOM STEFAN JANOSKI (ナイキ エスビー ステファン ジャノスキー)です!! こちらも男女問わず幅広い層に人気の靴で、色々なデザインが出ています。 サイズも豊富で、キッズサイズもあるので足が小さめの女子にオススメです! キッズサイズのほうが安いので、足が入る方は、キッズサイズを買っちゃいましょう。 ちなみに、私も一番最初はこの靴でスケボー始めました!! 靴自体が軽くて、すごくやり易かったので初心者や女子にオススメです。 今まで色んなブランドのスケシューを履きましたがNIKE SBの靴は特に長持ちします。 ムラサキスポーツさんや、ABCマートさんでも取り扱っているので、近場に店舗がある方は試着ができるのもオススメポイントですよ。 デメリットとしては 他の靴に比べて浅めに作られているので、くるぶしにデッキが当たりやすいです。 こちらもAmazonで購入可能。

CONVERSE :CONZ

好みのデザインが見つからない方は

CONVERSE CONZ コンバース コンズ) はいかがでしょうか?
老舗スニーカーブランド、コンバースのスケートボードライン【コンバース スケートボーディング】 通称CONS(コンズ)の愛称で知られ、Kenny AndersonLouie LopezMike Anderson等の実力派ライダーをサポートしています。 スタイリッシュでオシャレなデザインが多く、女性向けのかわいいカラーが豊富。 特徴としては、つま先が細いデザインなので女性の足にフィットしやすい形です。 私も今はCONZを履いていて、かわいい色なので履くたびにテンションが上がります。 CONZはソールがしっかりしていて厚いので、その分履いた感じも重量感がありましたが、履き慣れると全く違和感なくトリック(技)もやりやすいです。 デメリットとしては 実店舗で取り扱っているお店が少ないので、試着ができないことが多いです。  

es ACCEL SLIM 

人と被りたくないという方には es (エス)その中でもオススメはACCEL SLIM アクセルスリム NIKECONVERSE と違い、最近スケボーを始めた方には聞き慣れないブランドかもしれませんが、有名なスケートボードブランドです。 ETNIESEMERICAらの有名スケートボードブランドの姉妹ブランドです。
  こちらも履いたことがありますが、かかと側の生地が厚く、足全体が包み込まれるような履き心地です。 初心者やガールズで履いている方は少ないので、人と被ることは少ないです。 デメリット CONZと同じで実店舗にあまり無いので、試着できないことが多いです。  

adidas Skateboarding

最後に、個人的に最近ガールズスケーターに人気があると感じている adidas Skateboardingアディダス スケートボーディング 3本線がトレードマークのadidasからもスケードボードラインが出ています。 細身の作り、スッキリしたデザインで、女性のファッションに合わせやすいのが特徴です。 adidasもカラーバリエーションが豊富なので、自分の足に合うと感じたら買い替えの時に色違いを購入するのもアリですね。 女性プロスケーター JENN SOTO (ジェン・ソト) さん、MARIAH DURAN (マライア・デュラン)さんもadidasの靴を履いてます。
  こちらの商品は履いたことがないのですが、お友達のガールズスケーターに聞いたところ、「グリップ力と耐久性が高くてスケートしやすい」そうです。 adidasのスケシュー履き続けている方が多いのも納得ですね。

これから先スケシュー選びで悩まない為の3つのコツ

お気に入りの一足は決まったでしょうか?

スケシューは消耗品なのでスケーターは頻繁にスケシューを購入します。

履き替えの度に悩まない為の3つのコツも紹介します!

「気に入った靴を買い続ける」

毎回同じ靴を買っていれば、靴を変えた時に慣れるまでの時間が短くて済みます。

飽きなければ同じ靴を買い続けるのがベスト

「シューグーできちんと手入れをする」

シューグー、するとしないとで大違いです。 気に入って長く履きたい靴ならきちんと手入れをするのがオススメです。 高いですもんね、スケシュー。

「インソールを入れる」

Footprint Insoleなどの、インソールを別で購入して入れるのもオススメです。 Footprint Insoleは衝撃吸収力が特に優れているので足や膝への負担を減らせます
  さらに、毎回新しい靴に使い慣れたインソールを入れると新しい靴に早く慣れることができますよ。

まとめ

「これを履いておけば間違いない!!ガールズスケーターが選ぶスケシュー5選」を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 紹介した5つの靴はどれも信頼できるブランドの靴で、耐久性も優れているのでスケートボードにオススメです。 スケートはファッションも重要。気に入った靴でモチベーション上げて滑りたいですね! 最後までお読みいただきありがとうございました。
Writer
Nao
Nao ライター

スケートボード歴5年のガールズスケーター。
響きがいいのでガールズスケーターと名乗っていますが、ママスケーターでもあります。
家族で移住をしながら、全国各地で滑っています。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る