キャンプ

冬のソロキャンプストーブは【ガス・灯油・薪】がおすすめ!厳選ストーブ9品

冬のソロキャンプストーブは【ガス・灯油・薪】がおすすめ!厳選ストーブ9品の画像
5,091 views 2020-11-18 UPDATE

お笑い芸人のヒロシさんなどを中心に、最近になって“ソロキャンプ”がブームになり、
これからキャンプを始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?

ソロキャンプは荷物も少なく自分の好きなようにできるのが魅力ですが、
これからの時期はどうしても「寒さ対策」が必要になってきます。

日中は陽が差してポカポカしていても、山の夜は思っているよりも気温が低下します。

そこで今回は「ソロキャンプだから荷物を極力減らしたい!」「でも寒さ対策もしたい!」
というわがままな願いを叶えてくれるおすすめのストーブを紹介していきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

・キャンプでのストーブの使い道
・ソロキャンプ用のストーブの種類
・おすすめのソロキャンプ用ストーブ

  〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

冬のキャンプに必須の暖房グッズ“ストーブ”の使い道とは?

ストーブと言えば、暖かくて…冬には欠かせない暖房グッズと思っているかもしれませんが、
キャンプにおけるストーブは暖まる以外にも使い道があります。

それは「調理」です。
特にソロキャンプではなるべく荷物を減らすために、ストーブの火を活用して調理するという人も多いです。

そのため、キャンプでストーブと言うと五徳付きのコンロを指します。
キャンプ飯には欠かせないアイテムですね。

ソロキャンプ用ストーブは“ガス・灯油・薪“の3種類

ソロキャンプ用ストーブには大きく分けて
ガスカートリッジタイプ・灯油タイプ・薪(固形燃料)タイプの3つの種類があります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

ガスカートリッジタイプ【◎携帯性・使いやすさ】


まずは、キャンプで最も多く使用されているガスカートリッジタイプのストーブ。

比較的使い方も簡単で、燃料となるガス缶の持ち運びが楽なので初心者の方にもおすすめのタイプです。

その反面、気温が下がると火力も下がってしまうので、
冬に使う場合は低温用のガスカートリッジを使うことをおすすめします。

灯油タイプ【◎安定した火力で冬キャンプにおすすめ】


続いては、昔からあるタイプで灯油などのガソリンを燃料とするストーブです。

ものによりますが、登山用のガソリンや普段の車などに使用するガソリンを使用することが多いので、
取り扱いには注意が必要です。

ガスカートリッジタイプと違い、気温が下がっても火力が衰えることがなく常に安定しているのが特長です。

薪(固形燃料)タイプ【◎コンパクトで火力抜群】


最後は、薪などの固形燃料を使って火を起こすタイプのストーブです。

五徳などが付いたストーブに固形燃料などを入れ着火させて使用するタイプで、
固形燃料はコンビニなどでも買うことができ、薪は現地でも調達が可能です。

小さくコンパクトに収納できるものも多いので荷物を減らしたい方などにおすすめです。
一度着火すると火のコントロールが難しいのが難点です。

▼関連記事

【コスパ最強】焚き火タープおすすめ10選!軽量で安い!ソロ必見

#キャンプ

冬のソロキャンプにおすすめストーブ9選!ヒーター代わりに最適!

MSR:ドラゴンフライ

世界中で愛され続けている人気ストーブ、MSRの「ドラゴンフライ」です。

キャンパーの理想のストーブといっても過言ではないほどのストーブで、
コンパクトで使いやすい、初心者から上級者まで使えるおすすめのストーブです。

数種類の液体燃料にも対応しているのが特長です。

ソト(SOTO):Gストーブ

デザインが少し変わっているのが特徴のソト「Gストーブ」です。

五徳がBOOK型になっており、
そのまま畳んでコンパクトに収納できるのが最大の魅力です。

世界最薄のシングルバーナーと謳っているとおり、
収納時は25㎜の超コンパクトサイズで、ソロキャンプにはおすすめです。

キャプテンスタッグ:小型ガスバーナーコンロ圧電点火装置付クッカーセット

クッカーとセットになっているおすすめストーブ、
キャプテンスタッグの「クッカーセット」です。

クッカーなので1つにまとめて収納できる便利さと
小型サイズでソロキャンプにピッタリのガスバーナーがついているのがポイントです。

使い勝手の良さは抜群です。

イワタニ:ジュニアコンパクトバーナー

ザ・シンプル、むき出しの五徳が男らしさを醸し出しているイワタニの「ジュニアコンパクトバーナー」です。

まさに男のソロキャンプに最適なストーブで、使い方もとても簡単なので初心者の方にもおすすめです。

コールマン:アウトランダー マイクロストーブ

小型で持ち運びにも便利なコールマンの「アウトランダー」です。

簡単操作で着火させることができ、
五徳も折り畳み式なので収納にも便利です。

着火装置付きなのでライターなどを準備する必要がないのもおすすめポイントです。

DaLaCa(ダラカ):アルコールストーブ

アルコールを燃料に火を起こすストーブ、ダラカの「アルコールストーブ」です。

軽量でソロキャンプにはおすすめなのですが、
アルコール使用するため取り扱いには注意が必要です。

キャンプに限らずアウトドア全般で使用できるので使い勝手は抜群です。

SoloStove(ソロストーブ):ソロストーブ ライト

固形燃料を使わずとも、
自然素材で火を起こすことができるストーブ、ソロストーブの「ライト」です。

軽くて丈夫なステンレス構造になっており、燃焼スピードが速いのもおすすめポイントの1つです。

ソト(SOTO):ミニ焚き火台 テトラ

自然素材から固形燃料、
アルコールストーブなどさまざまな使い方ができるソトの「ミニ焚き火台 テトラ」。

折りたたんで収納できるコンパクトさとテーブルの上でも使用できることから
多くのキャンパーに人気となっています。

値段も安くコスパも最高です。

キャプテンスタッグ:ストーブ BBQ KAMADO

本格的なかまどストーブが欲しいなら間違いなくこちら、
キャプテンスタッグの「ストーブBBQ KAMADO」がおすすめです。

炎が見えるガラス窓や高さ調節可能な煙突付きの超本格的ストーブです。

煙突を出せる構造になっているテントであればテント内でも使用できるのが最大の魅力です。

もちろん換気などは必要ですが、冬の寒い時期にはとても重宝されるストーブです。

まとめ

暖まるもよし、キャンプ飯を作るもよし、
ソロキャンプなので自分の好きなようにしていいんです。

誰かに気を遣うことなく、
自分のキャンプスタイルで冬のキャンプをより楽しいものにしましょう。

Writer
honke
honke Webマーケター/ライター

■趣味
・サーフィン(移住先)
・キャンプ(ソロキャンプ・少人数キャンプ)

これからサーフィンやキャンプを始めたいと考えている方に、役立つ情報をお伝えします。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る