キャンプ

ソロキャンプにおすすめの寝袋8選!夏冬ベストシュラフの選び方

ソロキャンプにおすすめの寝袋8選!夏冬ベストシュラフの選び方の画像
9,647 views 2020-9-23 UPDATE

外で晩ご飯を食べて、テントの中に入る。
そのまま一日の疲れをさらけ出しながら勢いよく潜り込む。

もうすぐ一日が終わるというのに、なぜか楽しくなってくるあの感覚。
そんなキャンプの最後に欠かせないのが…そう「寝袋(シュラフ)」です!!

快適な夜を過ごせるかどうかは寝袋で決まりますが、寝袋もたくさんの種類が存在します。
そこでこの記事では、寝袋の選び方とソロキャンプにおすすめの寝袋を紹介していきたいと思います。

  〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

キャンプ用寝袋の選び方【形状で選ぶ】

1つ目の選び方は「形状」です。

大きく分けて寝袋には「マミー型」と「封筒型」に分類されます。

それぞれにどんな特徴があるのか見ていきましょう。

マミー型【コンパクトに収納できる無駄のない形!】


まずはマミー型からお伝えします。

マミー型は最もオーソドックスなタイプで「寝袋」と聞いて真っ先にイメージするタイプだと思います。

よくミノムシタイプとも呼ばれていますが、円筒状のものでコンパクトに収納できるのが最大の魅力です。

コンパクトなので荷物を減らしたいソロキャンプには向いていますが、デメリットとして足を開けないなどの拘束感があることです。

マミーというのがミイラを意味していると聞けばイメージしやすいかもしれませんね。

封筒型【布団の感覚に近く寝心地抜群!】


続いて封筒型をお伝えします。

封筒型というのは簡単に言うと敷き布団と掛け布団がジッパーで一体型となっているタイプです。

家で普段使っている布団に違和感なく眠ることができるので人気のタイプです。

マミー型に比べると密着していないので保温性が劣ることや収納時に大きくなってしまうというデメリットがあります。

キャンプ用寝袋の選び方【シーズン(気温)で選ぶ】

2つ目の選び方は「シーズン」です。

寝袋にはそれぞれのシーズン(気温)によって使用されている素材などがことなります。

キャンプにとって最も重要なことなので、しっかりと選ぶようにしましょう。

オールシーズン用【秋冬でも使える断熱材を使用!】

まずはオールシーズン用からお伝えします。

オールシーズンなので一年を通して使用することができますが、基本的には秋冬に使用することが多いです。

中にはダウンや綿などの断熱材が入っており、秋冬の厳しい寒さにも耐えられるようになっています。

もし夏に使う場合はジッパーなどの開口部を開けることで温度調節ができるので簡単です。

夏用【通気性に優れたコスパ抜群タイプ!】

続いて夏用をお伝えします。

夏の低地で使用することを前提に造られたタイプで、
メーカーによって多少の誤差はありますが最低気温8度~10度くらいから使用できます。

とはいっても実際10度以下で夏用の寝袋を使用すると寒くて眠れません。

10度を下回る場合はオールシーズン用を使用することをおすすめします。

夏用寝袋は軽くてコンパクトで値段が安いということがメリットになります。

キャンプに行くシーズンや気温に応じて寝袋を選んでみてください。

おすすめ寝袋を一挙紹介!【軽量・コンパクト・コスパ抜群◎】

それではソロキャンプにおすすめの寝袋をご紹介します。

モンベル:バロウバッグ#3【大人気◎保温性・速乾性◎】

1つ目はモンベルのバロウバッグ#3です。

保温性と速乾性を併せ持つ、モンベルの中でも人気の寝袋です。

タイプはマミー型のオールシーズン用になり、暖かい中綿が入っているので冬でも快適に使用することが可能です。

ですが、真夏の暑い時期だと少し暑く感じるかもしれませんが、寝心地も抜群なのでおすすめです。

コールマン:マルチレイヤースリーピングバッグ【オールシーズン対応◎秋冬OK】

続いてコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグです。

こちらもオールシーズン対応の寝袋で、封筒型になります。

3つのレイヤーで構成されているので、シーズンや気温に合わせてレイヤーを調節することで快適に過ごすことができます。

また、洗濯機で丸洗いもできるのでキャンプ場で汚れも気にする必要がありません。

機能性、使い勝手に優れたおすすめの寝袋です。

コールマン:コルネットストレッチ2【機能性抜群◎】

同じくコールマンからもう一つ、コルネットストレッチ2をご紹介します。

見た目も形もザ・ミノムシというような寝袋です。

マミー型では珍しく、手足を出して動くことができるのが最大の特長です。

また、センタージッパータイプのため着脱のしやすくコンパクトに収納できるのでソロキャンプにはおすすめの寝袋です。

イスカ:ウルトラライト【軽量でコンパクト◎】

人気ブランド、イスカのウルトラライトです。

何と言っても軽量!コンパクト!

ソロキャンプはもちろんですが、バイクツーリングやサイクリストなどでも人気が高く、おすすめの寝袋です。

裏地にはマイクロファイバーを採用しているので肌触りも良く寝心地も抜群です。

マミータイプですが、足元もゆったりしているので窮屈な感じがせずノンストレスで眠ることができます。

ロゴス:丸洗いスランバーシュラフ【おしゃれ◎寝心地◎】

続いてはロゴスの丸洗いスランバーシュラフです。

おしゃれで暖かく、寝心地も良いスランバーシュラフは洗濯機で丸洗いができる便利な封筒型寝袋です。

中綿には軽量なのに保温性に優れたダイナチューブファイバーが採用されており、冬でも暖かく過ごすことができます。

ジッパーも外側、内側と両方から開閉ができるので使いやすくおすすめです。

コールマン:コージーII【大きくて寝心地抜群◎】

まだあります、コールマンの封筒型シュラフで人気の「コージーⅡ」です。

サイズ感は大人でも少し大きいと感じるくらいなので、
冬に着込んで寝ても全く窮屈感がなく快適に眠ることができます。

中に収納ポーチがあり、スマホなどの小物を入れておけるので安心です。

スナグパック:マリナー スクエア ライトハンド【3シーズン対応・機能性◎】

3シーズン対応のおすすめシュラフ、スナグパックの「マリナースクエアライトハンド」です。

通気性や速乾性などに優れており、
軽量で選択が可能な点など機能性抜群のシュラフです。

少し値は張りますが買って損はありません。

イスカ:アルファライ700X【コンパクトで収納に困らない◎】

コンパクトでソロキャンプに最適なのが、イスカの「アルファライ700X」です。

スタイリッシュな形状ですが、
大人でも悠々と入ることができ快適に眠ることができます。

冬でも使用できるほど保温性に優れたおすすめシュラフです。

ソロテントに封筒型の寝袋を敷いてみると…

ソロテント(ワンポールテント)に封筒型の寝袋を敷いてみたところ、サイズがほぼピッタリでした。

余計なスペースがないのでソロキャンプでは使いやすいように感じますが、狭いのが苦手という方はマミー型の寝袋をおすすめします。

マミー型にも封筒型にも言えることですが、やはり寝袋だけでは朝起きた時に体が痛くなってしまいます。

コットがあれば言うことないのですが、マットでも十分負担を軽減できるので次で紹介していきます。

コスパ重視のソロキャンプテント20選!初心者向け軽量&安いテント紹介

#キャンプ

寝袋(シュラフ)と併せてチェックしたいマット

寝袋と併せてチャックしたいのがマットです。

体の負担を減らしたり、より快適に眠るためには欠かせないアイテムなので必要な方は参考にしてみてください。

THERMARESTサーマレスト:クローズドセルマットレス Zライト

アコーディオンのように折りたたんで収納できるサーマレストのマットレスになります。

表面にはアルミを使用しており、断熱性にも優れています。

コンパクト収納で持ち運びやすく、オールシーズン使えるので非常に便利なおすすめマットレスです。

Mozambiqueモザンビーク:アルミナムフォーム

まさにキャンプで最高の眠りを実現するために作られた、モザンビークのアルミナムフォーム。

肉厚で耐久性に優れており、3年使えるマットレスとして注目を集めています。

サーマレストのマットレス同様にアコーディオンのように収納できるため、ソロキャンプにおすすめです。

まとめ

キャンプに置いて寝袋は必須アイテムです。

自分に合った寝袋を選ぶことでストレスなく快適に眠ることができます。

マットレスに関しては寝る時以外でも使用できるので1つ持っていると非常に便利です。

ソロキャンプでは特に荷物を減らしたいと考えてる方も多いと思いますので、自分のキャンプスタイルに合わせてアイテムを選んでみてください。

Writer
honke
honke Webマーケター/ライター

■趣味
・サーフィン(移住先)
・キャンプ(ソロキャンプ・少人数キャンプ)

これからサーフィンやキャンプを始めたいと考えている方に、役立つ情報をお伝えします。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る