キャンプ

クーラーボックスの選び方【キャンプに最適なおすすめ10選!】

クーラーボックスの選び方【キャンプに最適なおすすめ10選!】の画像
290 views 2020-6-29 UPDATE

夏のキャンプに欠かせないのが”クーラーボックス”

飲料水を冷やしたり、食材を保冷するために必要不可欠な存在ですが
クーラーボックスには種類がたくさんあるのご存知ですか?

各ブランドごとにタイプの違うクーラーボックスをリリースしており
それぞれ保冷力や重量、機能性などさまざまです。

この記事では、クーラーボックスの基本的なタイプや選び方のポイント、
そしておすすめクーラーボックスまでご紹介しています。

これからキャンプを始めようと考えてる方はもちろんのこと
アウトドアや各イベントなどで使用しようと思ってる方も必見です。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

クーラーボックスの選び方【タイプで選ぶ】

クーラーボックスを選ぶ際のポイントでまず初めにチェックするのが「タイプ」です。

クーラーボックスにはいくつかのタイプがあり、
それぞれ適しているシーンが異なるのでしっかり押さえておきましょう。

ブランドによって若干の違いはありますが、
大きく分けてこちらの3タイプになります。

  • ハードクーラー
  • ソフトクーラー
  • キャスター付きクーラー

それでは1つずつ見ていきましょう!

ハードクーラー【丈夫で保冷力抜群】

1つ目は、”保冷力・耐久性”に特化している「ハードクーラー」です。

容量が大きいものが多いので収納する時に場所は取ってしまいますが
大人数やファミリーキャンプでも十分に使用でき、時にはテーブルやイスとしても使用できるので便利です。

また、保冷力が抜群なので数日間かけて行うキャンプでも
安心して使用することが可能なタイプです。

ソフトクーラー【軽量でコンパクトに収納できる】

2つ目は、コンパクトで持ち運びに便利な「ソフトクーラー」です。

柔らかい素材で作られており、折りたたんで収納できるので
非常にラクで使い勝手の良いタイプです。

ハードクーラーに比べると保冷力は劣りますが、
持ち前の使い勝手の良さは健在で、高い人気を誇っています。

力に自信のない方や女性の方にもおすすめのタイプです。

キャスター付きクーラー【移動に便利】

続いては、移動に便利な「キャスター付きクーラー」です。

ただでさえ重量のあるクーラーボックスに飲み物や食材を入れると
結構な重さになることから、運ぶのが大変になってしまいます。

そんな時に便利なのがこのキャスター付きクーラーです。

キャスター(タイヤ)がついているタイプなので
移動するときもコロコロ転がせばいいだけなので非常に便利です。

一点デメリットを挙げるとすれば、
地盤が緩い時や悪路の場合はキャスターが上手く回らない恐れがあるところです。

クーラーボックスの選び方【容量で選ぶ】

ソロキャンプの道具の費用

タイプが決まったり、次にチェックしたポイントは「容量」です。

クーラーボックスを購入してから
「もっと大きいサイズにすればよかった」
「こんなにも大きな容量は必要なかった」

など、後悔しないように事前に確認しておきましょう。

キャンプで使用するといっても
ソロキャンプで使用する場合とファミリーキャンプなどの大人数で使用する場合で、必要な容量は変わってきます。

おもな目安はこちらになります。

15L:2Lペットボトル4本 or 500㎖ペットボトル15本程度
30L:2Ⅼペットボトル6本 or 500㎖ペットボトル24本程度
50L:2Lペットボトル16本 or 500㎖ペットボトル34本程度
ソロキャンプの場合は小さめの容量でいいのですが
4人家族で1泊2日のキャンプであれば50Lあると安心です。
もしプラスで必要な場合はハードクーラー+ソフトクーラーなどで
調整してみてください。

クーラーボックスの選び方【キャンプに最適なおすすめ10選!】

それでは、ここからキャンプにおすすめのクーラーボックスをタイプ別で10個ご紹介します!

ハードクーラーおすすめ4選!

Coleman(コールマン):スチールベルトクーラー


人気ブランド、コールマンの「スチールベルトクーラー」

おしゃれなデザインと抜群の保冷力はまさに言うことナシ!といった感じです。

キャンプサイトで見かけた時、思わず「おしゃれ~」
と思ってしまうデザインでキャンプの雰囲気を演出してくれます。

カラーバリエーションも豊富で好きな色を選べ
耐久性にも優れていることから長年使用しているキャンパーも多くなっています。

「スチベル」の愛称で親しまれ、
使えば使うほど味が出てくる初心者方にはおすすめのクーラーボックスです。

■サイズ:約60×42×41(h)cm
■重量:約7.5kg
■材質:スチール、ステンレス、発泡ウレタン、ポリエチレン
■容量:51L
■仕様:ラッチロック、ドレイン

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ):スチームフォームクーラー


キャプテンスタッグの定番モデル「スチームフォームクーラー」

シンプルなデザインとマットな色合いが何とも言えないカッコよさを引き立たせ、ハードクーラーの中でも高い人気を誇っています。

容量も51Lとファミリーキャンプなどの大人数でも安心です

また、正面にはボトルオープナーや水抜き栓など
機能性にも優れたおすすめクーラーボックスです。

■サイズ:幅60×奥行41×高さ41.5cm
■重量:6.9kg
■容量:51L
■材質:本体・ふた=鋼・ポリプロピレン、断熱材=ウレタンフォーム
■仕様:保冷効力=3.3度以下(JIS)

igloo(イグルー): ステンレスクーラー


アメリカ発、イグルーのステンレスクーラーです。

大容量も51Lで350㎖缶であれば83本も収納できるサイズ感です。

また、丈夫なステンレス素材でできており、
サイドにはソフトグリップもついているので持ち運びにも便利です。

水抜き栓や瓶栓もついているので
瓶ビールなどを持って行って豪快に楽しみたい方にもおすすめです。

■サイズ:幅62×奥行40×高さ42cm
■重量:7.25kg
■材質:ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム
■容量:51L

YETI COOLERS (イエティクーラーズ):タンドラ


圧倒的な耐久性が魅力のイエティ「タンドラ」

サイズバリエーションが豊富で日本ではおもに35・45・65の3種類ですが、
海外では75~350と用途に合わせて選択できるのもタンドラの特徴の1つです。

タンドラは高い保冷力と圧倒的な耐久性が評価され、
キャンプ以外の釣りなどのアクティビティでも人気となっています。

より本格的なクーラーボックスを求めるならタンドラ一択です。

■サイズ:53.3×40.6×39.4cm
■重量:7.7㎏
■容量:28.3L
■素材:シェル/ポリエチレン、フォーム/ポリウレタン

ソフトクーラーおすすめ4選!

snow peak(スノーピーク):ソフトクーラー18


大人気ブランド、スノーピークの「ソフトクーラー18」です。

ソフトクーラーなので柔らかい素材で
コンパクトに折りたたむことができるので収納にも便利です。

また、ショルダーベルトもついているので
肩への負担も少なく、持ち運びもしやすいタイプです。

ちょっとしたアウトドアや、サブクーラーなど
汎用性が高く、使い勝手が良いのでおすすめです。

■サイズ:34.3×24.1×22.9cm
■容量:18L
■材質:PVCナイロン、断熱材/アルミコーティングエアシェル内層材
■重量:0.82kg

ロゴス(LOGOS):デザインクーラー15


人気ブランド、ロゴスの「デザインクーラー15」です。

名前にもなっている通り、まずは”デザインがおしゃれ”
ポップでかわいらしいデザインとジッパーの裏まで断熱材が入っている保冷力の高さが魅力のクーラーボックスです。

見た目がおしゃれなのでキャンプだけでなく、
普段の買い物やお出かけにも使用できるのでおすすめです。

■サイズ:30×22.5×28cm
■収納サイズ:31×28×8cm
■重量:約600g
■容量:約15L

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ):スーパーコールド クーラーバッグ


キャプテンスタッグの「スーパーコールドクーラーバック」です。

ソフトクーラーの中では大きめの容量25Lになっており
少人数でのキャンプに最適なサイズ感です。

シンプルで無駄のないデザインはどこか男らしさを感じる
一目惚れ注意のおすすめクーラーボックスです。

■サイズ:幅38×奥行29×高さ29cm
■収納時:幅38×奥行29×高さ11.5cm
■重量:1080g
■容量:25L

Coleman(コールマン):アルティメイトアイスクーラーII


ソフトクーラーとは思えないほどの保冷力
コールマンの「アルティメイトアイスクーラーⅡ」です。

クーラーボックスを数多くリリースしているコールマンのソフトクーラーで
2㎜の厚めの断熱材を取り外し可能で、小窓もついているので余計な冷気を逃がさずに保冷することができます。

機能性、コンパクトさから考えても非常にコスパの良い
人気おすすめクーラーボックスです。

■サイズ:幅42×奥行32×高さ33cm
■収納時:約幅42×奥行16×高さ33cm
■重量:約1.3kg
■材質:TPE加工ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)、PETアルミニウム(取り外しライナー部分)、PEVA(ライナー)
■仕様:クイックサーブオープニング、着脱可能アルミライナー
■容量:25L

キャスター付きクーラーおすすめ2選!

Coleman(コールマン):エクストリームホイールクーラー/50QT


コールマンのキャスター付きクーラー「エクストリームホイールクーラー」

47Lと容量が大きいですが
キャスターがついているので移動のラクラクです。

キャスター付きクーラーの上にソフトクーラーを乗せて運んだり
いろいろな使い方ができるので非常に便利です。

また、キャスターも大きく作られているので
多少の悪路であれば走知ることができるおすすめクーラーボックスです。

■サイズ:58×46×45/106cm
■重量:約7kg
■容量:約47L
■材質:ポリエチレン、ポリプロピレン、スチール、発泡ウレタン、他

igloo(イグルー):マックスコールド クーラーボックス


クーラーボックスの老舗、イグルーの「マックスコールド」です。

5日間も冷やせる高い保冷力とお手頃な価格で
コスパ最強のクーラーボックスです。

アメリカのブランドなので造りに多少の粗っぽさは感じますが
性能自体には問題ないのでおすすめです。

■サイズ:55×45×52cm
■重量:約6.7kg
■容量:約58L
■材質:ポリウレタン

まとめ

いかがでしたか?

クーラーボックスと一言で言っても種類は豊富で選ぶのが難しいかもしれませんが、
使用するシーンや人数をしっかりと考えて適切なものを選ぶようにしましょう。

特にハードクーラーは丈夫なので
何年も使用していると愛着も湧いてきます。

自分が行くキャンプの状況を想像しながらギア選びをすると、
ワクワクして楽しくなってくるのでおすすめです。

Writer
本家 駿
本家 駿 webマーケター/ライター

webマーケター/ライター
サーフィン歴5年のひよっこサーファー。
大阪出身、東京で公務員・広告代理店営業を経てフリーライターに転身。現在はwebマーケターを軸に活動中。趣味がサーフィンとキャンプ。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
セレクト ティーエルエス

nitro(ナイトロ)SELECT TLS
セレクト ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ボックス スクラッチャー[ジェシー バートナー プロモデル]

libtech(リブテック)BOX SCRATCHER [Jesse Burtner PROMODEL]
ボックス スクラッチャー[ジェシー バートナー プロモデル]

libtech(リブテック)

ハイパー キャーブ ウーマン

gnu(グヌー)HYPER KYARVE WOMENS
ハイパー キャーブ ウーマン

gnu(グヌー)

ページトップへ戻る