サーフィンで使う道具

サーフィンを始める前に準備するもの【これさえあれば安心!】

サーフィンを始める前に準備するもの【これさえあれば安心!】の画像
1,035 views 2020-6-25 UPDATE

いざ、サーフィンを始めようと思っても「何を準備すればいいのか分からない…。」

という方も多いのではないでしょうか?

サーフィンをする上で欠かせないアイテムがいくつかあります。
この記事では「これさえあれば大丈夫!」という、サーフィンに絶対必要なアイテムを
紹介していきたいと思います。

これからサーフィンを始めようと考えてる方は
ぜひ参考にしてみてください。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

サーフィンを始める前に準備するもの【これさえあれば安心!】

サーフィンに必要なものですが、
実際、家が海の近くで自転車や歩きで海まで行ける方と
車を使って海まで行く方では少し必要なものが変わってきます。

当たり前ですが、車で行くときのほうが準備するものは増えます。

ですが、今回は車で行く場合、歩きで行く場合など関係なく
”サーフィンをするために必要なもの”ということで進めていきたいと思います。

サーフィンに必要不可欠なアイテムは全部で6つです。
それがこちらです。

  • サーフボード
  • ウェットスーツ
  • フィン
  • デッキパッド
  • リーシュコード
  • ワックス

それでは一つずつ見ていきましょう。

サーフボード


サーフィンに必要なもの、1つ目は「サーフボード」です。

サーフボードがないとサーフィンできませんよね。
サーフィンは何も乗って色々なアクションを起こすスポーツです。

サーフボードがないと何も始めまらないので必ず準備しましょう。

最近では、レンタルできるサーフショップなども増えてきているので
買わなくてもサーフィンができますが、やはりサーファーを名乗る以上は自分のマイボードを持っておきたいですね。

サーフボードには「ロングボード」「ショートボード」「ファンボード」
大きく分けて3種類あるので、自分のやりたいスタイルや体に合わせて購入することをおすすめします。
楽天でサーフィン用ショートボードを探す

サーフボードCHANNEL ISLANDS チャンネルアイランド THE TWIN FIN 5'7"

ウェットスーツ


サーフィンに必要なもの、2つ目は「ウェットスーツ」です。

サーフィンに限らずマリンスポーツをする上で必要なものなので
必ず準備しましょう。

夏の暑い時期だといらないと思ってる方も多いですが、
ウェットスーツは寒さ対策だけでなく、紫外線や海の生物から身を守ったりと
自然の海を相手にする以上大切な存在です。

ウェットスーツにはいくつか種類があって
気温や時期に合わせて使い分けることが重要になってきます。

初めはフルスーツと言われる
長袖・長ズボンタイプのウェットスーツが一枚あれば問題なく
サーフィンを楽しむことができます。

また、サーフボード同様にウェットスーツもレンタルできる
サービスがあるので買わなくてもサーフィンをすることができます。
楽天でウェットスーツ(フルスーツ)を探す

ビラボン ウェットスーツ フルスーツ 3ミリ メンズ

フィン


サーフィンに必要なもの、3つ目は「フィン」です。

フィンはサーフボードにつけるもので、波の抵抗を左右する
とても重要な存在です。

フィンの形や数でボードコントロールやスピードが変わってくるので
自分のサーフスタイルに合ったフィンを選ぶのがポイントです。

フィンにも種類があって、大きく分けて5つになります。
「シングルフィン」「ツインフィン」「トライフィン」「クアッドフィン」「ファイブフィン」
とそれぞれフィンの数が1本~5本までとなっています。

ショートボードの場合、基本的には3本で構成されている「トライフィン」が多いですが
自分でフィンの数を調整することでスピードが増したり、ボードコントロールがしやすくなったりと
変化させることができます。

ロングボードの場合は主に「シングルフィン」と「スタビライザー」という
フィンが1本か3本かで構成されています。

初めは分からなければ「トライフィン」で問題ありません。
楽天でサーフィン用フィンを探す

FCS2 PERFORMER MEDIUM Neo Glass THRUSTER 3FINS ハイパフォーマンスフィン/ショートボード サーフィン

デッキパッド


サーフィンに必要なもの、4つ目は「デッキパッド」です。

デッキパッドはサーフボードのテール側に貼るもので
後ろ足の滑り止めとして使用されます。

デッキパッドがないと、後ろ足の踏ん張りがきかなかったり
ドルフィンスルー(ダッグダイブ)という波の通り抜けができなかったりするので
必ず準備しましょう。

デザインやカラーバリエーションも豊富なので
好きなデッキパッドを選ぶことができます。
楽天でサーフィン用デッキパッドを探す

KANOA IGARASHI 3 PIECE Orange Spray

リーシュコード


サーフィンに必要なもの、5つ目は「リーシュコード」です。

意外と忘れられがちなのですが、とても大事なものなので
必ず準備するようにしましょう。

リーシュコードは自分の体とサーフボードを繋ぐコードのことです。
リーシュコードを付けていないと、転倒してサーフボードから落ちた時に
サーフボードがどこか遠くへ流されてしまう恐れがあります。

また、足のつかない深い場所では、リーシュコードを手繰って
サーフボードを引き寄せることができるので楽です。

いわゆる自分の身を守るためでもありますが
何よりほかのサーファーにも危害を加えてしまうことにもなるので
リーシュコードは必ず準備するようにしましょう。
楽天でサーフィン用リーシュコードを探す

【 すぐ届く 】monoii リーシュ コード サーフィン サーフボード用 6ft 5.5mm

ワックス


サーフィンに必要なもの、最後は「ワックス」です。

サーフボードのデッキ(表面)に塗って使用するもので、要は滑り止めです。
ボードに立った時や腹ばい姿勢の時、波待ちの時に滑らないようするためにワックスを使用します。

ワックスを塗らないと、サーフボードの表面はツルツルしているので
そのまま立ったりすると足を滑らしたり危険を伴います。

また、ワックスは「ベースコート」と呼ばれる下地用と
季節ごとに変わる「トップコート」があるので間違えないように準備しましょう。
楽天でサーフィン用ワックスを探す

4個セットSEX WAX セックスワックス サーフワックス/サーフボードワックス サーフボード滑り止め  WARM(初夏用)2個&TROPICAL(夏用)2個

まとめ

サーフィンには初めに準備するものが多く初期費用がかかるスポーツですが
一度準備してしまえば、あとは長く使えるものばかりなのでおすすめです。

特にサーフボードとウェットスーツは決して安いものではないので
自分に合ったものを選んで購入するようにしてください。

フィンやデッキパッドも分からなければ
ショップなどの店員さんに聞いてみてください。

今の自分のスキルに合わせてアドバイスをくれるので
参考になると思います。

Writer
本家 駿
本家 駿 webマーケター/ライター

webマーケター/ライター
サーフィン歴5年のひよっこサーファー。
大阪出身、東京で公務員・広告代理店営業を経てフリーライターに転身。現在はwebマーケターを軸に活動中。趣味がサーフィンとキャンプ。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
クジック ミトン

howl(ハウル)KUZYK Mitt
クジック ミトン

howl(ハウル)

クラウン ティーエルエス

nitro(ナイトロ)CROWN TLS
クラウン ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

トラビス ライス プロモデル エイチピー

libtech(リブテック)TRAVIS RICE PRO MODEL HP[POINTY/パウダー]
トラビス ライス プロモデル エイチピー

libtech(リブテック)

ハイランド ミトン

howl(ハウル)HIGHLAND Mitt
ハイランド ミトン

howl(ハウル)

ページトップへ戻る