サーフィンで使う道具

【初心者向け】ウェットスーツを選び方とは?まずは買うべき種類

【初心者向け】ウェットスーツを選び方とは?まずは買うべき種類の画像
992 views 2020-6-21 UPDATE

サーフィンはもちろんのこと、
マリンスポーツに欠かせない存在なのが「ウェットスーツ」です。

ウェットスーツは寒い時期にだけ着るものと思ってる方もいるかもしれませんが
暖かい時期でも長時間海に入っていると体が冷えて来たりするものです。

体が冷えるのを防いだり、紫外線から身を守ったりと
暑い時期、寒い時期関係なくウェットスーツは必要なのです。

そんなサーフィンには重要なウェットスーツですが
いくつか種類があります。

ウェットスーツを購入しようと検討している方の中にも
種類がいっぱいあって何を買えばいいのか分からないという方も
いるのではないでしょうか?

そんな方のために、今回はウェットスーツの種類と
初心者の方がはじめに買うべきウェットスーツを紹介していきます。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

【初心者向け】ウェットスーツを選び方とは?

何種類もあるウェットスーツですが、
特にサーフィンで使用する主なウェットスーツは6種類です。

  • フルスーツ
  • スプリング
  • シーガル
  • ジャケット(タッパー)
  • ロングジョン
  • セミドライ

フルスーツ


ウェットスーツと聞いて真っ先に思い浮かべるのがこの「フルスーツ」だと思います。
最もポピュラーでオーソドックスなタイプです。
長袖・長ズボンと言ったような手首から足首までしっかりガードされている使い勝手の良いウェットスーツです。

厚さは3㎜のものと3㎜×2㎜のものがあり、
基本的には一年中使用できる素材でできています。

一番使用頻度の高いウェットスーツですが、
夏の暑い時期はフルスーツでは暑いし、冬の時期はフルスーツでは寒いので
気温や状況に応じて使うウェットスーツの種類は変更してください。
楽天でフルスーツを探す

ビラボン ウェットスーツ フルスーツ 3ミリ メンズ

スプリング


半袖・半ズボンタイプのウェットスーツが「スプリング」です。

気温・水温ともに高い南国地域や、日本では四国や宮崎などの比較的暖かいエリアがメイン対象となってきます。
関東では、湘南エリアや千葉県の南房総エリアも暖かい気候なのでスプリングで大丈夫です。

使用頻度はそこまで高くないので、必ず持っておいたほうがいい!
というわけではありません。

価格もそこまで高くないので、持っておくと便利といった感じです。
この後紹介するジャケットと合わせることもできます。
楽天でウェットスーツ(スプリング)を探す

オニール スーパーフリークゼン WF-6220 スプリング ウェットスーツ 2mm

シーガル

半袖・長ズボンタイプのウェットスーツ「シーガル」です。
フルスーツの半袖バージョンですね。

水温が少し低い時に使用するとベストです。
フルスーツよりは少し薄めの生地で作られていることが多いので
肩周りも動かしやすくて、ストレスなくサーフィンを楽しむことができます。

多くのサーファーが愛用しているタイプです。
楽天でウェットスーツ(シーガル)を探す

2019 Hurley ハーレー ウェットスーツ シーガル メンズ 3mm

ジャケット(タッパー)


名前の通り、上半身だけのジャケットタイプです。
「タッパー」とも呼ばれています。

夏の暑い時期は海パンや水着の上にこのジャケットを
着てサーフィンをすれば紫外線対策にもなるし、体も守ってくれておすすめです。

上で紹介したスプリングや次に紹介するロングジョンなどに重ね着することで
調節ができるので一枚持っておくと使い勝手が良いので便利です。

生地も薄く作られているので、動きやすくとてもおすすめです。
楽天でウェットスーツ(タッパー)を探す

2020 O'NEILL/オニール SUPER LITE CLASSIC LSジャケット2/ スーパーライト クラシック 2mm

ロングジョン


あまり聞いたことがないかもしれませんが、
サーファーから人気の高いタイプのウェットスーツです。

ベストと長ズボンが一体となっているもので、ノースリーブなので
夏の時期は涼しく、動きやすいのでとてもおすすめです。

また、少し寒い時や水温が低い時は
上からタッパーを着れば調節できるので便利です。
楽天でウェットスーツ(ロングジョン)

20 O'NEILL(オニール) 2020年モデル バリュー バックジップ ロングジョン

セミドライ


一見、フルスーツと同じように見えますが、
フルスーツの厚さが基本的には3㎜に対して、セミドライは5㎜ト分厚くなっています。

裏地も起毛になっているものが多く、保温機能も抜群です。
また、水の侵入を防ぐように作られているので、フルスーツよりは
水が入ってきづらくなっています。

主に、冬の寒い時期に使用するウェットスーツで、
ドライスーツだとゴワゴワしていて動きづらいという人におすすめです。

基本的にはセミドライがあれば冬場でも心配ありませんが、
それでも寒い時は、ブーツやキャップ、グローブなどを装着して入るようにしてください。
楽天でウェットスーツ(セミドライ)を探す

19-20 Billabong ビラボン セミドライ ウェットスーツ ロングチェストジップ 5x3mm メンズ

初心者が最初に買うべきウェットスーツ

ここまで6つのウェットスーツを紹介してきましたが、
これからサーフィンを始めようとしている初心者の方が6つ全部買い揃える必要はありません。

ゆくゆくはすべての種類をそろえたほうが便利ですが、
初めからすべて買っていたら相当な金額になってしまいます。

まず初めに絶対買いべきなのは「フルスーツ」です。

フルスーツさえあれば真冬の寒い時期以外は何とかなります。
サーフィンを始めようとして真冬からスタートする人は中々いないと思うので
まず初めに買うべきウェットスーツはフルスーツで間違いありません。

そのあと、状況を見て、冬なら「セミドライ」
夏なら「ジャケット(タッパー)」を購入するのが良いと思います。

夏からスタートするなら値段も比較的安い「ジャケット(タッパー)」を購入するのもいいかもしれませんね。

ということで初心者の方が買うウェットスーツの優先順位は下記のとおりです。

  1. フルスーツ
  2. ジャケット(タッパー)
  3. セミドライ
  4. その他状況に応じて

まとめ

サーフィンを始めるのにウェットスーツは欠かせない存在です。
オーダーするという人もいますが、初めからオーダーにする必要はないと思います。

ただ、冬に使用するセミドライやドライスーツはオーダーすることをおすすめします。
自分の体にフィットするウェットスーツにしたほうが水の侵入も防げるし、ただでさえ分厚いのに
自分の体に合ってないと余計動きづらくなってしまいます。

ウェットスーツはア安いものではないので
使用頻度の高さから優先順位を考えて購入してください。

Writer
本家 駿
本家 駿 webマーケター/ライター

webマーケター/ライター
サーフィン歴5年のひよっこサーファー。
大阪出身、東京で公務員・広告代理店営業を経てフリーライターに転身。現在はwebマーケターを軸に活動中。趣味がサーフィンとキャンプ。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
モナーク ティーエルエス

nitro(ナイトロ)MONARCH TLS
モナーク ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ロスト × リブロケット エイチピー

libtech(リブテック)LOST x LIB ROCKET HP
ロスト × リブロケット エイチピー

libtech(リブテック)

カーボン クレジット ワイド

gnu(グヌー)CARBON CREDIT WIDE
カーボン クレジット ワイド

gnu(グヌー)

チーム エクスポッシュ ガルウィング

nitro(ナイトロ)TEAM EXPOSURE GULLWING
チーム エクスポッシュ ガルウィング

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る