Now Loading

スケートシューズ用インソールを使ってみよう!

派手に転ばなくても、日頃のライドで実は衝撃を受けているスケーターは関節にダメージが蓄積されているもの。近年のスケートシューズは快適な機能性に富んだモデルが多く登場しているので安心だが、クラシックなモデルやローテク好きなど、自分のスタイルに欠かせないシューズが既に決まっている人も多いだろう。

だからこそ、インソールを変えてみるという選択肢もある。良い中敷を使えば、疲れにくくなり、怪我をしにくくなる。
そんな、お気に入りのシューズの見た目はそのまま、サポート性を高められるオススメのインソールをご紹介しよう。

REMIND INSOLE(リマインド インソール)

photo credit : remindinsoles.com

何はともあれ、ド派手でパンクなグラフィックが目を引くこちら。シンプルなスケシューに個性をプラスできるので、安全性云々は別にしてもデザイン選びが楽しい。もちろん、機能もしっかり備えており、足の構造、体のバランスの為に生体力学的に研究開発された形となっている。軽さと耐久性を兼ね備えた4層構造。消臭効果も高い。

Foot Print(フットプリント)


photo credit : www.fpinsoles.com

“卵を落としても割れない”、通称FPインソール。米軍も使用するナノテクノロジーで作られた特殊素材は足からの衝撃による影響を約90%~95%カットすると言われている。
その特徴は、どんな人の足にも合うという点。新品の状態は少し固く、平なのだが、滑っているうちに足の熱でインソール内の成分が活性化。足の形に合わせて膨らむことにより、衝撃を吸収し、どんどん自分専用の形状に育っていくという優れものだ。
洒落たグラフィックも多く、デザイン性も申し分ない。

Etcetera(エトセトラ)

photo credit : etceteraproject.com

Blindのライダー、ロニー・クルーガーが立ち上げた、全てのスケーターの足を守るインソールブランド。
踵とつま先に入ったIMPACT SUPPORT GEL、そして最大の魅力であるプラスチックの素材PRIMO PADがデッキの縦乗りの衝撃から守ってくれる。
板の感触をダイレクトに感じたい人はLOWタイプ、厚めでより衝撃耐性のあるHIGHタイプの2種類を使いわけよう。どちらも吸湿発散性に優れる抗菌性メッシュで嬉しい。

まとめ

今までインソールを使ったことがないスケーターは、足を守る為にも一度試してみるといいかもしれない。今回紹介したブランドのアイテムがどんな調子か是非ともチェックしてみて。

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る