スケートボードのコラム

スケボー界の大人気YouTuber3選

スケボー界の大人気YouTuber3選の画像
483 views 2020-5-11 UPDATE

2020年東京オリンピックで正式種目に追加されたスケートボード。

平野歩夢選手や堀米悠斗選手などのプロスケーターたちがテレビで注目を集める一方、YouTubeでスケボー界を盛り上げる3人のストリートスケーターたちを紹介する。

① MDAskater(SHIMON)

まず1人目は、都内の学校に通う現役大学生、岩澤史文(しもん)。

彼が中高生の頃にあたる2014年あたりから動画投稿を続けている。

初級から上級まで様々な技のハウツーや、スケートパーク・スポットの紹介、スケボー仲間たちとの日常の様子のほか、スケボーに関する幅広いテーマの動画をアップしている。海外のストリートスポットを巡る動画も新鮮で面白い。

彼が行っている活動は多岐に渡る。

SkateAid project は、例えばスリランカの孤児院などを訪問して、そこの子どもたちにスケートボードを提供し一緒に遊んで笑顔を増やすと同時に、その地域の社会問題や環境問題を発信している。

また自身の手でオンラインサロンも運営。そこは、史文とメンバーたちのリアルな繋がりの場となっている。中学生から子持ちの大人まで幅広い世代のメンバーたちが、年齢に関係なく、情報交換や近況報告などをし合っている。発足して約5ヶ月で100人近くのスケボー好きが集まるコミュニティーとなっている。

そのほか、アパレルブランドのプロデュースを手がけたりもしている。

▼MDAskater(SHIMON)のおすすめ動画

② sk8katsuya

2人目は、関西でアルバイトをしながら活動している、カツヤ。

彼の初投稿は8年ほど前。ここ1年間は週に1本のペースで動画を投稿している。

日常系の動画も多いが、再生回数が際立っているのはやはりハウツー。

日本で最も高いオーリーを持つとも言われる彼が、初心者に向けて基礎から応用までを教えてくれる。

ひとつひとつが細かく丁寧で、彼の面倒見の良い人柄が表れている。

関西弁でひょうひょうとした話し方で、飽きることなく楽しく動画を観ることができる。

チャンネル上でプレゼント企画が開催されることもあるのでそちらも要チェックだ。

そして、彼がもうひとつ力を入れ始めたのが、スケートボードのレッスン。

関西地方のスケートパークで、レベルを問わず初心者のスケーターにも彼が直接教えてくれる。

関西でこのように精力的に普及活動をしているスケーターは珍しく、東京だけでなく地方のスケートボード活性化に期待がかかるスケーターである。

▼sk8katsuyaのおすすめ動画

③Luis Mora

いよいよ3人目は、ロサンゼルスから日本にやってきた、ルイス。

YouTubeやInstagramなどのSNSのフォロワーは延べ120万人を超えている。

昔プロスケーターを目指していたこともあるくらい、スケボーにのめり込んでいる。

そのスキルも去ることながら、映像クリエイターとしても人気がある。

まるで映画のような、綺麗でストーリー性のある動画をアップしている。

中でも、彼のスケーター仲間であり、プロスケーターのタクヤの弟、リタにフォーカスした動画はSNSで大好評。

日本の文化が大好きで、日本人の女性と結婚するほどの大の親日家である彼。

また、彼がプロデュースするブランド『ERASED』は、単なるスケートブランドではなく、ストリートファッションブランドとして人気を博す。

▼Luis Moraのおすすめ動画

以上、いかがだっただろうか。

この3人はそれぞれコラボ動画もアップしており、そちらもぜひ観る価値あり。

オリンピックとYouTubeの相乗効果で、スケートボードの魅力がどんどん広がっていくことだろう。

これからのスケートボード界がますます楽しみになってきた。

Writer

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
トリガー ミトン

howl(ハウル)TRIGGER Mitt
トリガー ミトン

howl(ハウル)

エルメジャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)EL MEJOR TLS
エルメジャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る