サーフィン

奄美大島でのサーフィン旅! 一人でも、初心者でも大丈夫?!

奄美大島でのサーフィン旅! 一人でも、初心者でも大丈夫?!の画像
5,669 views 2023-2-12 UPDATE

サーフィンを始めると、色々な場所でサーフィンをしてみたくなりますよね。

日本国内でも、たくさんのサーフポイントがあります。

中でも人気のサーフスポットの一つ、奄美大島について今回はご紹介したいと思います。

  • 奄美大島にサーフトリップを考えている方
  • 奄美大島のサーフポイントについて知りたい方

は、ぜひ参考にしてみてください。

 

なぜ奄美大島はサーフィンで有名なの?

奄美大島は鹿児島県に属する離島です。

マングローブや、奄美大島にしか生息しない動物もいるため「東洋のガラパゴス」と呼ばれています。

海は透明度が高く、とてもきれいです。

 

奄美大島は、太平洋と東シナ海の2つの海に面しています。

そのため、南・東ウネリの時は太平洋側、北・西ウネリの時は東シナ海側と一年中サーフィンを楽しめるのが大きな魅力です。

また日本列島の南に位置するため、冬でも海水が温かいです。

薄着でサーフィンできるのは嬉しいですよね!

 

2011年・2012年には、 ASP(現在のWSL)が主催するサーフィンの世界大会も開催されました。

世界のトッププロの選手たちが訪れたことも、奄美大島がサーフィンで有名になったことの理由の一つでしょう。

 

【初心者向け】奄美大島のサーフポイント 4選

実際に私が奄美大島でサーフィンをしたポイントを4つ、ご紹介します。

私自身は初心者サーファーなので、初心者の方でも比較的入りやすいポイントが多いです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

1.手広海岸

奄美大島のサーフポイントで最も有名なのが、この手広海岸です。

さきほど挙げたサーフィンの世界大会も、この手広海岸で行われました。

駐車場・シャワー・トイレも完備されていて、施設が整っています。

 

手広海岸はリーフのポイントなので、満潮時のみサーフィンができます。

満潮の前後に行ったのですが、波が良かったこともあり、ローカルの方がたくさん海に入っていました。

ポイントブレイクなので、初心者の私にとって波に乗るのは難しかった印象です。

 

とはいえ、手広海岸の目の前には「Green Hill(グリーンヒル)」というサーファーに有名なペンションがあり、ビジターサーファーも多くいたように感じます。

Green Hillには一人旅の方も多いそうなので、奄美大島へ一人でサーフトリップを考えている方におすすめの宿です。

カフェも併設されていて、ランチをいただくこともできます。

 

2.嘉徳海水浴場

人工物がない自然のままの海岸で、山に囲まれたビーチはまるで海外のよう。

別名「ジュラシックビーチ」と呼ばれる、自然いっぱいのロケーションです。

個人的には奄美大島で1番好きなポイントでした!

 

人里離れた集落にあるため、ポイントに行くまでしばらく山道を車で走ります。

駐車場に車を停め、集落の中を歩いてビーチへ向かいます。

手広海岸と違い、ビーチなので干潮時にサーフィンができます。

 

リーフのポイントと比べると、初心者の私にもサーフィンが楽しむことができました。

波のサイズが小さい日だったこともあり、私が海に入った日は人が少なかったです。

 

余談になりますが、この嘉徳海水浴場にコンクリートの護岸工事の計画があるとのこと。

反対活動をしている方も多いそうで、この美しい自然のままのビーチをぜひ残してほしいと思いました。

 

3.城(ぐすく)海岸

市街地である名瀬から、30分くらいのポイントです。

奄美大島中部のポイントで、国道58号線沿いにあるため、比較的行きやすい場所にあります。

玉石のポイントで、浅いところにはごろごろとした大きめの石がありました。

 

駐車場はありますが、トイレやシャワーなどの設備はありません。

海岸の入口には、ブロックアートがおいてありとてもかわいかったです。

 

メローな波質だったため、初心者の私も楽しんでサーフィンすることができました!

 

4.Villa(ビラ)ビーチ

ビラビーチは、手広海岸から車で5〜10分進んだ場所にあります。

手広海岸の隣のポイントですが、車を停める場所からビラビーチまで歩く距離が長いです。

また手広海岸のようにトイレやシャワーの設備がないため、手広海岸に比べると比較的空いています。

奄美大島の有名な観光地であるハートロックのすぐ近くのポイントです。

 

手広海岸のすぐ隣ですが、初心者の人にはビラビーチの方が入りやすい雰囲気かもしれません。

 

奄美大島のローカルサーファーが守るサーフィンのルール

 

 

奄美大島のサーフポイントには必ず「Amamian Surf Style」と書かれた手書きの看板が設置されています。

・笑顔であいさつ

・波はゆずり愛

・ゴミは持ち帰る

当たり前の事かもしれませんが、とても素敵な看板だなと心が温まりました。

 

この看板のとおり、奄美大島のローカルサーファーの皆さんは笑顔であいさつしてくれる方がとても多かったです。

ビジターサーファーである私たちは、ローカルサーファーの方たちが大切に守っている海のルールを大切にし、サーフィンを楽しめたらと思いました。

 

まとめ

奄美大島は独自の自然がたくさん残っている、素敵な場所です。

サーフィン後は、奄美大島ならではの鶏飯や黒糖焼酎などを楽しむことができます。

日本国内でサーフトリップを検討している方には、ぜひおすすめしたい場所です。

奄美大島でのサーフィン、ぜひ楽しんでみてください。

Writer
Mao
Mao

湘南在住の週末サーファー。
女性目線の、サーフィンに関する記事を書いています♡♡
サーフトリップが大好きです!

Instagram : @d_mao_h
インスタグラムもフォローお願いします♡!

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る