サーフィン

プロサーファーの年収は?CT選手と日本のプロを比較【証拠あり】

プロサーファーの年収は?CT選手と日本のプロを比較【証拠あり】の画像
748 views 2022-9-6 UPDATE

大好きなサーフィンをしてお金までもらえて生活できたら、すごく素敵なライフスタイルを送れそうだと想像してしまいませんか?

それでは、日本のプロサーファーは一体どれくらい稼いでいるのか…気になりますよね。

そこで、本記事では日本のプロサーファーの年収と、海外のトップサーファーの年収を発表し、プロになるための手順まで解説しました。

読み終えることで、日本のプロサーファーの収入がわかりプロになるべきかどうかの判断材料にもなります。

プロサーファーの年収や収入は?

結論からいうと、国内外問わずプロサーファーには年収という概念はありません。

ここでは、プロサーファーの収入源となるものを2つご紹介します。

  • 大会の賞金
  • スポンサー契約

大会の賞金

収入源の1つ目は、大会で上位入賞した際に貰える賞金です。

プロサーファーになっても大会で上位入賞しなければお金は稼げません。

そのため、さまざまな大会にエントリーして、勝ち上がる必要があるわけです。

日々の筋トレやサーフィンのスキルアップを怠らず努力を続けても大会で勝てなければ収入はゼロということになります。

国内の大会で賞金はどのくらい貰えるの?

国内の大会では賞金が明らかにされていないものが多く、明確ではありませんが、20万円〜80万円程度であるとされています。

この金額から考えると、仮に賞金が80万円で年に3回1位を獲得できても、収入は240万程度となるので月給20万円ほどですね。

スポンサー契約

収入源の2つ目は、スポンサーとの契約金です。

プロサーファーになると、ブランドがスポンサーになってくれることがあります。

有名選手になれば、年間契約などで報酬がもらえますが、ほとんどの国内プロサーファーは物品のみの契約となっているでしょう。

物品契約とは、ウエットスーツを無償で提供するかわりに、他ブランドのウエットスーツは着用してはならないといった制約などがあります。

また、ブランドのステッカーをサーフボードに貼って宣伝するよう条件付けされることもあります。

世界のプロサーファーランキング

では、世界で活躍するプロサーファーは、どれほど稼いでいるのでしょうか?

まずは、2022年8月30日時点の世界ランキングの順位を男女別に5位まで発表します。

男性プロサーファー

出典:WSL

名前 出身国
Filipe Toledo ブラジル
Jack Robinson オーストラリア
Ethan Ewing オーストラリア
Italo Ferreira ブラジル
Kanoa Igarashi 日本

 

女性プロサーファー

出典:WSL

名前 出身国
Carissa Moore ハワイ
Johanne Defay フランス
Tatiana Weston-Webb ブラジル
Brisa Hennessy コスタリカ
Stephanie Gilmore オーストラリア

なんと、2020年のオリンピックで銀メダリストの五十嵐カノア選手が5位にランクインしていますね。

男性の1位は、ブラジルのFilipe Toledo(フィリッペ・トレド)選手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Filipe Toledo(@filipetoledo)がシェアした投稿


女性の1位は、ハワイのCarissa Moore(カリッサ・ムーア)選手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carissa Moore(@rissmoore10)がシェアした投稿

この二人はどれくらい稼いでいるのでしょうか?

プロサーファー(ランキング1位)の年収を推測

では、先程のランキングから、男女それぞれ1位の年収を推測してみましょう。

2021年のWSLで行われた試合において、Filipe ToledoCarissa Mooreは一体どのような成績を残し、どれほどの賞金を得たのか?

WSLの公式サイトを参考に算出しました。

Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $20,000 3位
Carissa Moore $70,000 1位

 

Rip Curl Narrabeen Classic presented by Corona
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $12,000 9位
Carissa Moore $20,000 3位

 

Boost Mobile Margaret River Pro presented by Corona
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $70,000 1位
Carissa Moore $20,000 3位

 

Rip Curl Rottnest Search presented by Corona
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $9,000 17位
Carissa Moore $20,000 3位

 

Jeep Surf Ranch Pro presented by Adobe
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $70,000 1位
Carissa Moore $40,000 2位

 

Corona Open Mexico presented by Quiksilver
名前 賞金 順位
Filipe Toledo $9,000 17位
Carissa Moore $20,000 3位

参考元:WSL

以上が、2021年の大会結果と賞金額です。

合計すると、Filipe Toledoと・Carissa Moorどちらもおよそ190,000.00ドル=日本円で約2,580万円(※1ドル136円で計算)稼いでいますね。

次に、スポンサーとの契約金を調べてみました。

アメリカのサーフ系ファッションサイト「Bombora Beach Club」では、Filipe Toledo選手の契約状況について以下のように述べています。

Filipe was initially dropped but then negotiated a $600k+ deal with Hurley,
In terms of other deals, Filipe has sub $50k deals from GoPro and FCS. His Oi, Jeep and Corona deals are all $100k deals. Monster and Oakley deals sit somewhere in the middle, between $60k and $80k.

引用元:Bombora Beach Club

直訳すると、以下のとおりです。

  • フィリペは当初落とされたが、その後ハーリーと60万ドル以上の契約を交わした。
  • 他の案件では、FilipeはGoProとFCSから5万ドル以下の案件を持っています。彼のOi、Jeep、Coronaの取引はすべて$100kの取引です。MonsterとOakleyの取引は、$60kと$80kの間の中間に位置しています。

また、海外サイト「STAB MAGAZINE」では、スポンサーとそのおよその契約金についても記載しています。

Sponsors: Hurley, Oi, Jeep, Sharp Eye, Stance, FCS, GoPro, Sunbum, Monster, Oakley
Endorsements: $2,184,000
引用元:STAB

それぞれどんなスポンサーと契約していて、その合計した契約金は「2,184,000ドル」と書いています。

女性プロサーファーのCarissa Mooreに関しては、契約金に関しての詳しい情報はありませんでしたが、以下のスポンサーと契約しています。

Nike、Red Bull、Target、Hurley、Subaru Hawaii、Visa、Gillette Venus
参照元:Wikipedia

Filipe Toledoは試合での賞金とスポンサーの契約金を合計すると、およそ2,374,000ドルとなり、日本円に換算すると約3億2726万円になります。※1ドル136円で計算

Carissa Mooreについては、どれくらいの契約金であるか参考になるデータはありませんでしたが、スポンサーの数からしてFilipe Toledoより若干劣る程度だと考えられます。

稼いでいる感じはしますが、これだけ上位に入っても3億か…とも思えますね。

日本と海外の違い

日本と海外では、プロサーファーになるための道筋が大きく違います。

日本では、JPSA(一般社団法人 日本プロサーフィン連盟)の大会で勝ち進み、公認されることでプロサーファーの資格が得られます。

一方で、海外では資格やテストはなく大会で結果を出した人がプロ、あるいはスポンサーがついてお金が発生すればプロという認識です。

JPSAの大会で勝ち進まなければプロになれない日本とは大きく違いますね。

日本のプロサーファーの年収は?

正味な話、日本のプロサーファーはどれくらい稼いでいるのか?

YouTubeチャンネル「Surfin TV」において、山中海輝プロと川畑友吾プロが語っていましたので参考にしてみます。

やはり、主なサーファーの収入源はスポンサーからであると川畑友吾プロが言っていますね。

そして、動画の5:20あたりでは、日本のプロサーファーの平均年収は200万円以下であることが明かされています。

日本ではプロサーファーという肩書だけでは食べていくのに苦労しそうです。

日本でプロサーファーになるには?

それでも、好きなサーフィンをして生活したいという場合は、以下の手順でプロサーファーになりましょう。

  • 手順1:JPSAにアマチュアとして登録する※登録費用31,000円
  • 手順2:プロテスト(トライアル)に合格する
  • 手順3:試合で設けられている基準をクリアするとプロ認定される

詳しくは、JPSAの公式サイトで確認してみてください。

コンテストに出ないプロサーファーもいる

プロサーファーとして稼ぐには、大会に出場する以外にも道があります。

世界中の海を旅しながら、フリーサーファーとして稼ぐ方法です。

これまでにお伝えしてきた、スポンサーとの契約金が主な収入源となり、人と争わずに大きな収入を得ることもできるんですね。

有名な選手としては、デーン・レイノルズやロブ・マチャドが挙げられるでしょう。

デーン・レイノルズ

ロブ・マチャド

彼らは、サーフィンが上手くかっこいいので動く広告塔としてスポンサーと契約を交わしています。

好きなスタイルでサーフィンをしながらお金を稼ぐという夢のようなスタイルですよね。

まとめ

本記事では、プロサーファーの年収について解説しました。

やはり日本ではサーフィンがまだまだ競技として認められ始めたばかりなので、プロとして活動していくのは難しそうですね。

しかし、オリンピックの競技種目にも選ばれたわけですから、今後には期待できます。

おさらいですが、日本のプロは200万程度、世界のトップは3億ほどという結果でした。

この記事が参考になれば幸いです。

Writer

TAIVASは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る