サーフィン

サーファー必読のオススメ『本』7選 ~初心者HOW TOから名言集まで~

サーファー必読のオススメ『本』7選 ~初心者HOW TOから名言集まで~の画像
974 views 2021-1-31 UPDATE

サーフィンをするにはツライ冬の季節が到来しました!

「サーフィンを練習するなら冬だ!!」と言う方も多いですが、寒くてツライものはツライ。。

朝早く海に向かっても、寒いともう少し波が良くなるまで車内で待機。。なんてことも増える季節ではないでしょうか?

今回はそんな車内での待機中や、NO SURF DAYのリラックスタイムにオススメのサーフィン関連の本をご紹介します。

海にいない時間も『本』の中でサーフィンに接することで、よりサーフィン愛が増すこと間違いありません。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

オススメのサーフィン関連本7選

サーフィンや海に関する本は数多く出ています。

今回はジャンルに絞ることなく、初心者向けのHOW TO本や情報誌、名言集、小説等、様々なジャンルのサーフィンブックをご紹介させていただきます。

1.【サーファー車載率No.1情報誌】ビーチコーミングマガジン

BCM_2020cover_S

出典:BCM

私がサーフィンを始めた際に、初めて手に取ったサーフィン情報誌「ビーチコーミングマガジン」

サーファー車載率NO1とも言われおり、日本全国のメジャーなサーフポイントや、周辺のサーファーに人気の飲食店・宿泊施設などを紹介するサーファー専用のガイドブックです。

1993年創刊に創刊されてから、全国のサーファーに愛されているこの本、最大の特徴はこのクオリティで「無料」です!

毎年4月下旬に発行され、ゴールデンウィーク前のタイミングで無料配布されています。

2021年版も間もなく発行になるかと思います。全国のサーフショップでゲットできるので、是非お近くのサーフショップに足を運んでみては?

 

2.【サーフィンの王道情報誌】サーフィンライフ

出典:サーフィンライフ

1980年に創刊されてから、都市圏の社会人サーファーをメインターゲットに、サーフボードやウェットスーツなどのギアやHOW TO、移住、地域振興、ファミリー、アウトドア、スノーサーフ、ワークアウト、ファッション 、旅など多様なサーフィンライフを送れる新しい時代に沿った、多角的なアプローチから最新情報が発信されています。

サーフィンを始めたばかりの初心者から、何十年もサーフィンに関わっている上級者まで楽しめます。

1980年に創刊されたサーフィンライフ。日本のサーフィンが新しい時代に突入したことで 内容を大幅にリニューアル。ターゲットは週1〜2回なら海に行ける、都市圏の社会人サーファーを中心に、 もっとサーフィンのある生活を楽しみたいと思っている人たち。
「サーフ×ギア」「サーフ×テク」「サーフ×旅」という安定的な切り口に加え、 「サーフ×キャンプ」「サーフ×移住」「サーフ×まちづくり」など多彩な掛け算ができるようになった日本のサーフィンを特集主義で紹介します。サーフィンに関する王道ブランドが中心、 ショートボードをメインに、ミッドレングス、ロングボード、SUPもカテゴライズせずカバーします。出典:サーフィンライフ

サーフィンライフをAmazonで見る

3.【ロングボーダー向け情報誌】NALU

出典:NALU

ロングボードをメインにサーフィン情報を発信している、NALU。

NALUとはハワイ語で波を指しており、決してなくなる事のない波のように、「永遠に途切れる事のない愛」を意味しています。

そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファー達に向け、“THE ART OF SURFING”をテーマに、心揺さぶるサーフフォトが満載です。

現代のサーフシーンに甦ってきたロングボーディンは、”波をキャッチしやすく、乗ってからも安定感がいい”というロングボードならではの魅力によって、年齢や性別を問わないマリンスポーツとして定着してきました。しかし、サーフィンというスポーツを通して経験することは、必ずしも楽しいことばかりとは限りません。波に乗るという行為により海のやさしさに包まれたかと思うと、次の瞬間、白波にもまれて自然の厳しさを思い知らされる・・・。そんな経験はよくあることです。でも、たとえどんなに苦しい思いをしても、ひとたび波に乗る喜びを知ってしまったサーファーは、海にいけない日でさえ心に海を思い描きつつ、そこに打ち寄せる理想の波を待ち望んでいるものです。そんな人たちが海から離れている時に、波やそれを取り巻く自然を近くに感じて癒されるような雑誌を提供したい。それが『ナルー』の創刊以来、守り続けてきた基本コンセプトなのです。

出典:NULU

NALUをAmazonで見る

4.【心を揺さぶる名言集】サーファーへ 100の言葉

サーファーへ 100の言葉

出典:枻出版

「サーファーへ 100の言葉」はサーフィンに傾倒するサーファー達が口にした波乗りと人生に“効く”言葉が厳選された一冊です。

表紙の「人間は、波に乗る人と、乗らない人の2種類だ」という言葉もインパクト大。

あなたのサーフィンライフに影響を及ぼすような言葉もあるかもしれません。

なぜ我々は波に乗るのだろうか?
それはもちろん楽しいからであり、気持ちいいからだろう。けれどもサーファー同士が交わすあいさつに“キープ・サーフィン"という言葉があるように、ただ単純に「楽しい」だけや「気持ちいい」だけではなく、辛いことや面倒な側面もサーフィンにはあって、そのため海から遠ざかってしまう人が少なくないのも事実である。またサーフィンは波が無くては始まらない。いい波に乗ろうと思えば自然のリズムに寄り添わなければならず、決して自分の都合には合わせてはくれないものだ。サーフィンには楽しいことも辛いこともあり、自分の思い通りにならないこともある。それはとても人生に似ている。本書「サーファーへ 100の言葉」はサーフィンに傾倒するサーファー達が口にした波乗りと人生に“効く"言葉を厳選して一冊にまとめている。サーフィンに夢中になっている人も、海から遠ざかってしまった人も、はたまたサーフィンに興味がある人も、ぜひ手にとってほしい。それらの言葉はあなたが波乗りという行為に対してどう立ち振る舞うべきかの思慮を深め、サーファーがどんなマインドを持った人達なのかを理解する一助になるに違いない。「もし迷ったら、パドルアウトすればいい」とはレジェンドサーファーであるナット・ヤングの言葉だが、何かで立ち止まった時、思い悩んだ時、あなたの背中を優しく押してくれるサーファーならではのエールを、ぜひ本書から受け取って欲しい。出典:枻出版

サーファーへ 100の言葉をAmazonで見る

5.【初心者HOWTO】サーファーになる本

サーファーになる本

出典:枻出版

プロサーファー市東重明が出演している、この「サーファーになる本」

初心者向けのHOW TO BOOKでありながら、<第1部 LIFESTYLE サーファーの行動><第2部 TECHNIQUE サーファーに必要な技術><第3部 KNOWLEDGE サーファーの知識>の3部からなり、技術だけでなく、身も心もサーファーになるためのメソッドが満載です。

サーファーになる本をAmazonで見る

6.【サーファー向けビジネス書】社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア経営のすべて

出典:ダイヤモンド社

企業に勤めているサーファーは、波の良い日に何で仕事しなければならないんだ?と考えたことがあるはず。

そんなビジネスマンサーファーはタイトルに惹かれ一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか?

タイトルに目が行きがちですが、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが実践してきた企業経営の在り方や、パタゴニアの先進的な地球環境問題に対する取り組みを知ることができます。

サーファーに限らず、サスティナブルな社会を目指し、すべての方に読んでもらいたい一冊です。

社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア経営のすべてをAmazonで見る

7.【青春サーフィン小説】岬バーガー

岬バーガー

出典:小学館文庫

サーフィンを愛する高校生3人組が毎日サーフィンに明け暮れた「岬下ポイント」

悲しい伝説から人気のないサーフポイント「岬下」に、ある日、不思議な男が現れハンバーガーショップ開店。

そんな高校生たちと不思議な男、ハンバーバーガーショップをめぐる出来事を描いた熱く切ない、青春サーフィン小説です。

サーファーだからこそわかる心理描写やシーンは最高です。

世界一うまいハンバーガーは、青春の味。
ぼくたちは、つらい体験をした。それでも、海が好きなんだ。
高校二年生の涼は、親友のケンとサーフィンに明け暮れていた。海岸清掃をきっかけに、同級生の凛がサーフィン仲間に加わった。三人が入るのは、悲しい伝説のせいか人気のない「岬下」ポイントだ。
ある日、その岬下ポイントに不思議な男があらわれて、ハンバーガーショップを開店した。シンプルだけど、ものすごく美味しいハンバーガーは、地元ですぐに評判となり、人気の店となる。高校生三人組も、サーフィンの合間に手伝うことにした。そんな楽しい毎日がいつまでも続くと思っていた……。
海を愛するすべての人に贈る、サーファーだからこそ描き切れた青春小説の新たな波! 忘れられない夏が、今、はじまる。出典:小学館文庫

岬バーガーをAmazonで見る

まとめ

今回はサーフィンに関する、オススメの『本』をご紹介しました。

数多くある本の中でもサーフィン絞った本のご紹介でしたが、陸に上がってからもサーフィンに触れられる至福のひととき。

海に行ってサーフィンすることも楽しいですが、たまにはリラックスして本を読むことで、サーフィンライフがより充実したものになるのではないでしょうか。

Writer
Yusuke Tanaka
Yusuke Tanaka Web Writer / Surf Instructor

旅行会社で働きつつ、フリーランスでサーフィン関連の仕事をしています。
R/ForA MAGAZINEではサーフトリップやサーフキャンプ情報、サーフィン初心者の方向けのお役立ち情報など発信していきます!

神奈川県茅ヶ崎市で初心者向けのサーフィンインストラクターもしています。
レッスン希望の方はInstagramよりDMいただければ幸いです。
Instagram:yusuke_surf_freely

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
プレイデート [ユース]

gnu(グヌー)PLAYDATE [YOUTH]
プレイデート [ユース]

gnu(グヌー)

ヒューストン ミトン

howl(ハウル)HOUSTON Mitt
ヒューストン ミトン

howl(ハウル)

ページトップへ戻る