サーフィンのコラム

ロングボード人気ブランド6選!【おすすめブランドと選び方】

ロングボード人気ブランド6選!【おすすめブランドと選び方】の画像
4,336 views 2020-7-8 UPDATE

ロングボードとは9'0"(270cm)以上のサーフボードで
ショートボード・ファンボードと比べても最も長いボードになります。

ロングボードはその長さから高い安定感を誇り、
初心者でも比較的すぐに乗りことができるので一番初めに買うボードとして人気が高くなっています。

ショートボードのようにフィンやテールなど数多くの種類があるわけではありませんが
ロングボードにもいくつか種類があり、この種類や選び方を知っているとよりサーフィンを楽しむことができるので抑えておきたいポイントです。

ということで今回は、サーフィンの「ロングボード」について
その種類やおすすめブランドなど少し深掘ってお伝えしていきたいと思います。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

ロングボードの選び方【種類】

9'0"(フィート)以上、いわゆる270cm以上のものを「ロングボード」と呼びますが
中には10'0"(フィート)以上のボードもあり、自分のライディングスタイルに合わせて選ぶことができます。

その長さから高い安定感を生み出し、初心者や女性の方にも人気ですが
ロングボードはフィンによってライディングが大きく異なります。

ロングボードで使用するフィンの種類は主に2種類あり
それがこちらです。

  • シングルフィン
  • スタビライザー

シングルフィン

優雅にサーフィンを楽しみたい方におすすめなのが「シングルフィン」です。

大きなセンターフィン一枚で構成されているので
直進するときの安定感が抜群でゆったりとしたクラシックスタイルを得意としています。

ロングボードの特徴を存分に活かしたスタイルで
一度シングルフィンの乗り心地を経験するとやめられなくなるサーファーも多くいるほどです。

左右へのボードコントロールは少し難しくなりますが
重くどっしりとした安定感から多くのロングボーダーに愛されています。

スタビライザー

先ほど紹介したシングルフィンの両サイドにさらに2枚のサイドフィンがついて
合計3枚のフィンで構成されているのが「スタビライザー」です。

ショートボードでいう「トライフィン」に似ています。

安定感があってゆったりとしたライディングを得意とする「シングルフィン」に比べて
左右のボードコントロールがしやすく、よりアクティブにサーフィンを楽しみたい方におすすめです。

回転性も高いので、ショートボードからロングボードに乗り換えた人に人気のスタイルです。
また、ロングボードの中でも薄めのボードを選ぶとショートボードに近い感覚を味わうことも可能です。

ロングボード人気ブランド6選!【おすすめブランドと選び方】

ここからはロングボードの人気ブランドを6つご紹介していきます。
おしゃれなデザインやテイクオフのしやすさなどロングボード初心者の方でも乗りやすいものを厳選しています。

DONALD TAKAYAMA(ドナルドタカヤマ)


サーフィン界のレジェンドとして知られる
ドナルド・タカヤマ氏のサーフボードブランドです。

68歳でお亡くなりになりましたが、
こどもの時からシェイプをしていたという職人気質が話題となりました。

ドナルド・タカヤマ氏の作ったブランド
DONALD TAKAYAMAのサーフボードはクオリティが高く、「世界トップレベル」と言われています。

ターンやノーズライディングなどのアクティブな動きができるボードが多く
シングルフィン・スタビライザーなど種類も豊富なのでおすすめです。
DONALD TAKAYAMA(ドナルドタカヤマ)のサーフボードを探す

THOMAS BEXSON(トーマス ベクソン)


トーマスベクソンのワイルドなロングボードの乗りこなしに憧れを抱く人も多く、
ロングボーダーの中でも注目を集めているサーフボードブランド「THOMAS BEXSON」

そんなトーマスベクソンがシェイプするサーフボードはロングボードのみならず
クラシックなフィッシュやミッドレングスまで幅広くリリースしています。

繊細でクオリティの高いトーマスベクソンのサーフボードは
優雅にサーフィンを楽しみたい人におすすめのブランドです。
THOMAS BEXSON(トーマス ベクソン)のサーフボードを探す

TYLER WARREN(タイラーウォーレン)


サーファー、アーティスト、デザイナー、モデルと
幅広い業界で活躍しているタイラー・ウォーレン。

タイラー・ウォーレンは14歳の頃からサーフボードのシェイプをはじめ
数多くの洗練されたボードを世に送り出してきました。

やはり、タイラーのサーフボードの特徴は
”細部まで入念に設計されたデザイン”です。

丁寧に作られたサーフボードはハイパフォーマンスを生み出し
高い人気を誇っています。

アメリカではレジェンドサーファーとしても有名です。
TYLER WARREN(タイラーウォーレン)のサーフボードを探す

チョコレートフィッシュ


ロングボードの魅力を存分に味わいたい初心者の方におすすめなのが
「チョコレートフィッシュ」のロングボードです。

ゆったりとした重量感のあるライディングが楽しめるとあって
多くのロングボーダーに愛されています。

ロングボードと言えば、長い・幅が広い・重いといったイメージがありますが
その重量感のある安定したライディングこそロングボードの魅力になります。

ロングボードの魅力を味わいたい人は
「チョコレートフィッシュ」をおすすめします。
チョコレートフィッシュのサーフボードを探す

Duke Kahanamoku(デューク カハナモク)


王道中の王道といった感じですが、サーフィン界のレジェンドである
Duke Kahanamokuのサーフボードです。

シングルフィンでのクラシックスタイルを求めるなら一押しです。

ハイビスカス柄の特徴的なデザインが人気のサーフボードで
デザインだけでなく機能性の高さも評価されています。
Duke Kahanamoku(デューク カハナモク)のサーフボードを探す

CJクラシック


女性やサーフィン初心者の方におすすめの「CJクラシック」

ノーズライディングの神と崇められた「CJネルソン」が共同開発して
始まったノーズライディングに特化したソフトボードブランドになります。

ロングボーダーが一度は憧れるノーズライディングをするために作られた
サーフボードブランドなので初心者の方にも使いやすくおすすめです。
CJクラシックのサーフボードを探す

まとめ

いかがでしたか?

ロングボードと一言で言ってもフィンによってライディングが変わったり
ブランドによってデザインや機能性が大きく異なります。

せっかくサーフィンを始めるならそれぞれの特徴を知って
選んだほうがよりサーフィンを楽しめるはずです。

ロングボードを購入しようと考えてる方は少し参考にしてみてください。

Writer

ライター
大阪出身、東京で公務員・広告代理店営業を経て
ライター、デザイナーに転身。
趣味はサーフィン・キャンプなどのアウトドア。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
ナイトロ スタンス ダブル

nitro(ナイトロ)NITRO STANCE W
ナイトロ スタンス ダブル

nitro(ナイトロ)

ジェイミー リン ダグマー オーピー エムダブル

libtech(リブテック)JAMIE LYNN PHOENIX DAGMAR OP MW
ジェイミー リン ダグマー オーピー エムダブル

libtech(リブテック)

ゴールドメンバー ファイヤーパワー [トラヴィス ライス]

libtech(リブテック)GOLD MEMBER FIREPOWER [TRAVIS RICE]
ゴールドメンバー ファイヤーパワー [トラヴィス ライス]

libtech(リブテック)

ページトップへ戻る