平昌オリンピック

平昌オリンピック スピードスケートのルールや競技日程・注目の選手と結果

平昌オリンピック スピードスケートのルールや競技日程・注目の選手と結果の画像
7,354 views 2018-2-2 UPDATE

<スピードスケート競技日程>

スピードスケートの競技は、予選・決勝を別日などに分けることはせずに、その日のうちに該当の種目は結果が出るようになっている。

2月10日(土)
時間 : 20:00~21:50 
種目 : 女子3000m

2月11日(日) 
時間 : 16:00~18:15
種目 : 男子5000m

2月12日(月)
時間 : 21:30~23:10
種目 : 女子1500m

女子1500mの結果

順位 名前 国籍
金メダル イレイン・ブスト オランダ
銀メダル 高木美帆 日本
銅メダル マリット・レーンストラ オランダ

2月13日(火) 
時間 : 20:00~21:45
種目 : 男子1500m

2月14日(水)
時間 : 19:00~20:30
種目 : 女子1000m

女子1000mの結果

順位 名前 国籍
金メダル ヨリン・テルモルス オランダ
銀メダル 小平 奈緒 日本
銅メダル 高木美帆 日本

2月15日(木)
時間 : 20:00~22:10
種目 : 男子10000m

2月16日(金) 
時間 : 20:00~21:30
種目 : 女子5000m

2月18日(日)
時間 : 20:00~21:55
種目 : 女子500m
出場選手 : 神谷 衣理那,小平 奈緒,郷 亜里砂

2月19日(月)
時間 : 20:00~22:00
種目 : 男子500m

2月21日(水)
時間 : 20:00~22:50
種目 : 男子チームパーシュート

2月21日(水)
時間 : 20:00~22:50
種目 : 女子チームパーシュート

2月23日(金)
時間 : 19:00~20:35
種目 : 男子1000m

2月24日(土)
時間 : 20:00~22:40
種目 : 男子マススタート

2月24日(土) 
時間 : 20:00~22:40
種目 : 女子マススタート

テレビ放送されるものもあるのでチェックしてみて下さい。

*男子には3000m・女子には10000mがそれぞれありません。
*競技予定時間は天候や運営状況により変更される事もありますのでご注意下さい。

ad
【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

<基本ルール>

一周400mのトラックを滑走します。

ダブルトラックスタート

・スタート方法:プレスタートラインとスタートラインと呼ばれる2本のラインの間で立ったまま待機する。
Readyの合図でスタート姿勢に入り、スターターの発砲でスタートします。フライング時は2回の発砲がなります。

2度目のフライングで失格となります。
500m以上の長い距離を滑る場合はバックストレートで両選手が内側と外側に入れ替わらなければならない。

・交差方法:バックストレートでイン・アウト交代しなければならない。
この時の進路優先権はアウトからインへ入る側が持っている。
アウト側の故意でなければ、ぶつかるなどするとイン側の責任となる。

カーブの曲がり方:中央にある境界線をショートカットしてカーブを切ることは禁止されている。(主にアウト側の選手)

・フィニッシュ:ゴールラインをスケート刃の先端が通過すればゴールとなる。
仮に転倒した場合はスケートがゴールラインに入ったときがフィニッシュと認定される。

マススタート(平昌オリンピックで正式採用種目)

1周400mを16周(6400m)したポイントで順位を争う。
1周目は加速禁止 2週目の合図から加速が許可される。
集会遅れになるとレース終了でその他の選手の妨害などをすると失格となる。
4周ごとにポイントが加算される仕組みで、中間合計ポイントとファイナルポイントで勝敗が決する。

チームパーシュート

3人一組の団体戦。2チームごとに滑走する。女子は6周・男子は8周する。
対面するバックストレートから2チームがスタートし、最後尾のゴールのタイムで勝敗を決める。

<知っていると少しお得・楽しく観戦する知識>

中距離1000m/1500m ,長距離/3000m/5000m/10000m : 1回の滑走タイムで順位を決定します。

スケート靴:スピードスケートの靴はカカトが離れます。なのにスケート刃はリンクに前面しっかりとついているので100%加速力を生かす事が出来る構造になっています。
これによりまるで陸上を走っているようなフォームが可能となります。
スケート靴に仕込まれたバネが働く事で上がったカカトがスムーズに戻るようになっています。

マススタートは4回のポイントセクション:4周ごとに分けられたポイントが合計される。
最終のファイナルポイント獲得者が(最初にゴールした人のポイント)が勝利します。

3人一組のチームパーシュート:補助が許されています。
前の選手が後ろの選手を引き上げたり、後ろの選手が前の選手を後押しする事も可能です。
いつでも前後の隊列を変わることも可能で、後続の選手の空気抵抗と体力の減少を可能にします。

ショートトラックとの違い:スピードスケートはフィニッシュタイムを競うのに対し、ショートトラックは順位を競い合う競技です。

<スピードスケート用語解説>

ブレード:スケートの刃のこと。

ダブルトラック:リンクの走行ラインを真ん中で分けてそれぞれのラインを滑ること。
カーブ終わりの長いゾーンに差し掛かる時にインとアウトが入れ替わらなければならない。

バックストレート:カーブ終わりのから始まる長いストレートゾーンの事。

プレスタートラインとスタートライン:選手のスタート時の待機ゾーンのこと。青色のプレスタートラインと赤色のスタートラインの間が選手のスタート位置となる。

<日本代表メンバー紹介>

男子代表

①長谷川翼

:男子500m
北海道中標津出身。日本電産サンキョー所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会500m 優勝。

②加藤条治

:男子500m
山形県山形市出身。一般財団法人 博慈会所属。
2017 平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会500m 3位。
トリノ・バンクーバー・ソチに続き4度目のオリンピック出場の実力者。

③山中大地

:男子500m/1000m
長野県南佐久郡川上村。株式会社電算。
2017 平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会500m 2位・1000m 2位 。

④小田卓朗

:男子1000m/1500m
北海道浦河郡浦河町。株式会社開発計画研究所。
2017平昌五輪代表選考競技会1000m・1500m 優勝 2017全日本距離別選手権大会1000m/1500m 優勝。

⑤中村奨太

:男子1500m/チームパーシュート/マススタート
北海道安平町出身。ロジネットジャパン所属
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会1500m 3位・5000m 4位の注目選手。

⑥ウィリアムソン師円

:男子1500m/チームパーシュート/マススタート
北海道浦河町出身。日本電産サンキョー所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会1500m 2位。

⑦一戸誠太郎

:男子5000m/チームパーシュート
北海道 美幌町出身。信州大学所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会5000m 優勝・10000m 3位の若手のホープ。

⑧土屋良輔

:男子5000m/チームパーシュート
群馬県吾妻郡出身。株式会社メモリード所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会5000m 2位・10000m 優勝。

女子日代表

①小平奈緒

:女子500m/1000m/1500m
長野県茅野市出身。相澤病院所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会500m/1000m 優勝・1500m 2位の実力者。

②高木美帆

:女子1000m/1500m/3000m/チームパーシュート
北海道中川郡幕別町出身。日本体育大学所属。
2017 平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会1000m 2位・1500m/3000m 優勝。

③郷亜里砂

:女子500m/1000m
北海道別海町出身。イヨテツスピードクラブ所属。
2017平昌五輪スピードスケート日代表選手選考競技会500m 2位・1000m 3位。

④神谷衣理那

:女子500m
北海道帯広市出身。高堂建設所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会500m 3位・1000m 5位。

⑤高木菜那

:女子5000m/チームパーシュート/マススタート
北海道中川郡幕別町札内北町出身。日本電産サンキョー所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会3000m位・5000m 2位。

⑥菊池彩花

:女子1500m/3000m/チームパーシュート
長野県南佐久郡南相木村出身。富士急行所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会1000m 4位・1500m/3000m 3位・5000m 6位

⑦佐藤綾乃

:女子3000m/チームパーシュート/マススタート
北海道釧路市出身。高崎健康福祉大学所属。(女性アイドルグループ アップアップガールズ・K-POPカバーダンスグループ UFZS の元メンバー)
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会3000m 2位

⑧押切美沙紀

:女子5000m
北海道中札内村出身。富士急行所属。
2017平昌五輪スピードスケート代表選手選考競技会1500m 4位・3000m 4位・5000m 優勝

R/ForA 〜好きを仕事に生きる〜 公式LINE@ 次回定期ミーティングは7/28(日)に開催! 詳細情報はLINE@に登録して頂ければお伝えします! 好きを仕事として生きていく人達との情報交換の場を設けたり、講義情報が得られます。 ↓↓友達追加はこちらから↓↓ 友だち追加
Writer

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
ハウル エレクトリック

howl(ハウル)HOWL ELECTRIC
ハウル エレクトリック

howl(ハウル)

クイバー ツリーフッガー

nitro(ナイトロ)QUIVER TREEHUGGER
クイバー ツリーフッガー

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る