CBD

CBDは美肌の味方!肌荒れ対策にも効果的なCBDについて解説します!

CBDは美肌の味方!肌荒れ対策にも効果的なCBDについて解説します!の画像
682 views 2021-11-28 UPDATE

乾燥によるかさつき、一度できるとなかなか治らないニキビや吹き出物、気になるシミやしわなど、様々な肌トラブルに日頃からお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
食生活や十分な睡眠などの規則正しい生活を送ることは非常に重要なポイントですが、最近、海外セレブを中心に様々な肌荒れを改善してくれる方法として注目を集めている「CBD(シービーディー)」をご存知でしょうか。
本記事では、「CBDによる肌荒れの改善」について解説いたします。これからCBDを始める方に向けて、CBDの一般的な(基本的な)情報の解説から、肌トラブル対策としてのCBDアイテムのおすすめ使用方法までを紹介します!

美容効果にも優れているCBDとは?天然由来の成分って本当?

CBDについて

CBDは正式名称で「カンナビジオール」と言い、大麻草に含まれる天然成分「カンナビノイド」の1つです。大麻草からCBDのみを抽出し、ココナッツやオリーブなどのベースオイルと配合したものをCBDオイルと呼びます。100%天然由来の成分のため、副作用が出にくいという特徴があります。
大麻には数百種類の「カンナビノイド」が含まれているのですが、THC(テトラヒドロカンナビノール)CBD(カンナビジオール)の大きく2種類分けることができます。
THC
・大麻草の花、穂、葉、根から抽出される成分
・「ハイ」な状態にさせる精神作用がある
・中毒性と依存性がある
・麻薬に分類されており、日本国内では規制の対象になっている
CBD
・大麻草の茎や種子から抽出される成分
・脳に働きかけ、鎮静化作用がある
・中毒性や依存性がない
・神経に直接作用し、ストレスや不安感の緩和につながると期待されている
大麻と聞くと麻薬(マリファナ)を連想して、身体や精神に有害な影響を与えるものだと認識されるかと思いますが、それはTHCによってもたらされる影響です。一方のCBDには深いリラックス作用があり、危険な中毒性や依存性もありません。もちろん合法とされており、日本にはCBDを規制する法律はなく、厚生労働省から認可も受けております。

CBDの健康効果は?CBDはどのように作用するの?


CBDの主な効果は以下になります。
・鎮静化作用
・抗炎症作用
・抗酸化作用
・ストレスや不安の解消
・不眠症改善 睡眠の質の向上
・老化防止
Etc,,
CBDは「ECS(エンド・カンナビノイド・システム)」という身体調整機能に働きかけます。ECSは私たちの身体に生まれつき備わっている生体維持のシステムで、代謝、気分、消化、睡眠、免疫、心臓機能、体温などの「生きていくために必要な機能を調整する役割」を担っております。
ECSは外部からの強いストレスや老化、周辺環境の変化などの影響を受けることで働きが弱まり、その結果として、身体的・精神的な疾患を患ってしまうようになることがわかっております。ECSの働きがCBDによって活性化されることで、心と身体が正常で健康的な状態に戻るとされております。

肌トラブルの原因とは?


肌荒れが起きている時には、肌は何かしらのトラブルを抱えている状態です。そのままの状態にしておくと、さらに状態が悪化してしまう恐れがあります。
肌が荒れる原因は様々です。
・不規則で偏った食生活
・職場や家庭などの外部からの強いストレス
・睡眠不足 過度な疲労
・運動不足による代謝不良
・強い紫外線
・肌に合わない洗顔料や基礎化粧品の使用
・ホルモンバランスの乱れ
Etc..
生活習慣の乱れ、ストレスや不安感などの精神的ダメージ、代謝が良くないなど、肌荒れの原因は多岐にわたります。肌に合わない化粧品の使用やホルモンバランスの乱れは女性特有の理由と言えます。

CBDは美容の味方!優れた美容効果にはどのような作用がある?


美容に効果的な成分と言えば、保湿力に優れた「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、美白効果が期待できる「ビタミンC誘導体」などが有名ですが、CBDの持つ美容効果にも近年注目が集まっております。海外セレブや有名アーティストがこぞってCBDを愛用し始めたことから、その人気に火が付きました。

①ストレスや不安感の緩和によるリラックス効果


ストレスなどの緊張状態で交感神経が優位に働くと、血管の収縮や覚醒反応が起こります。その状態が続いてしまうと、ターンオーバーという肌の生まれ変わりの進みが悪くなり、健やかな肌を保つことが難しくなります。
CBDには副交感神経を有利に働かせ、自律神経のバランスを整える効果があるため、精神的ダメージが原因で生じる肌荒れに対して有効であると言えます。

②抗菌・抗炎症作用

CBDが持つ抗菌作用はニキビに対して効果的とされております。肌の駐在菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐことができますので、ニキビの改善はもちろんのこと、アクネ菌の増殖も防ぐことができるため、ニキビの発生をあらかじめ予防する効果にも優れております。
抗炎症作用は炎症によって生じる吹き出物や湿疹によるかゆみや赤み、アトピー性皮膚炎の改善に効果があると言われております。

③アンチエイジング効果

健康的で若々しい身体をキープするためには、老化の原因とされている「活性酵素」を抑制することがポイントとされております。活性酵素は加齢、喫煙、ストレス、紫外線などがその発生原因とされております。
活性酵素が増えると細胞組織にダメージを与えるため、肌の弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。さらに、皮膚細胞が酸化されることでシミの原因となるメラニン色素の発生も誘発されてしまいます。
美肌の天敵とも言える酸化ですが、CBDは優れた抗酸化作用を持ちます。抗酸化作用というアプローチによる美容効果が大いに期待されております。
CBDのスキンケア効果の実力をこちらの記事内で解説しております。ぜひご覧ください。

CBD配合のスキンケアアイテムの実力は?そのメリットを解説いたします!

美肌を作るCBDアイテムの使い方


ECサイトを見ると、様々な種類のCBDアイテムがあることがわかります。そんなCBDアイテムの中で、美容効果を一番に考えるとCBDオイルもしくはCBDクリームでのCBD摂取がおすすめです。それぞれの摂取の方法について解説致します。

①舌下摂取

舌の下側(裏側)にある毛細血管から直接CBDを血液に取り込む方法です。舌の下側(裏側)に直接CBDオイルを2~3滴垂らし、1分ほど舌の下側(裏側)で馴染ませた後で、口の中に残ったオイルはそのまま飲み込んでください。
30分~1時間以内に効果が出てくる即効性に優れております。全身への効能は4~8時間ほど継続されます。リラックス効果や自律神経の調整といった精神的な効果に加えて、身体の内側からの美容効果が期待できます。就寝前に摂取することで、眠りにつきやすくなるという効果(安眠効果)も期待できます。

②経口摂取

CBDオイルを口から直接摂取する方法です。CBDオイルを入れたコーヒーやお水を飲んだり、CBDオイルを入れて作った料理やCBDが含まれたお菓子を食べたりすることでCBDを摂取します。CBDエディブルアイテムとして、ガムやチョコレート、グミ、タブレットが人気です。
CBDは肝臓で一度代謝されてから消化されます。そのため、効果が表れるまでに1~2時間程度かかり、CBD吸収率も舌下摂取と比べるとやや下がってしまいます。その分、体内に長く留まることからじっくりと長時間効くことが特徴です。舌下摂取と同じく、全身への効能が4~12時間程度続くとされております。
CBDには特有の苦みがあり、舌下摂取の場合その苦みを直接的に感じてしまうことがあります。エディブルアイテムでは、フレーバー(味)によってその苦みが消されているため、どうしてもCBDの苦みが苦手という方には経口摂取がおすすめです。

③経皮摂取


CBDオイルやCBDクリームを肌に直接塗ることでCBDを摂取する方法です。CBDが皮膚などの毛穴から経皮吸収されるため、肌荒れを起こしている箇所への局所的な効果を期待することができます。一方で、CBDが血液に到達しないため、舌下摂取や経口摂取のような全身を巡る効果は無く、リラクゼーション効果も薄いと言えるでしょう。
効果が表れるまでの時間は1~2時間と少し長いですが、局部への効能は4~6時間続きます。

注意点

多量な摂取は厳禁

CBDがいくら美肌効果に優れているからと言って、必要以上に多量を摂取することは控えてください。100%天然由来の成分のため、副作用が出にくいとされておりますが、多量摂取が続いてしまうと、副作用のリスクが高まる危険性があります。
効果の出方には個人差がありますので、まずは少量のCBD摂取から始めていただき、効能や体調を確認しながら、徐々に摂取量を調整していただければと思います。

THCが含まれてないかチェック

THCが含まれていないCBDアイテムを必ず使用してください。
オンラインショップなど、市場に出回っているCBDアイテムを見てみると海外製が多く流通していることがわかります。要注意点として、大麻製品の検査基準は海外と日本で異なることがあります。例えば、アメリカではCBDアイテムの原料となるヘンプに含まれるTHC量は0.3%以下であれば、基準をクリアしているとされます。一方、日本ではTHCがごくごくわずかでも検出されると規制の対象(違法)となります。
日本の検査基準をクリアしているTHC未検出のCBDアイテムが徐々に登場してきておりますが、THCが含まれている製品もまれに流通しているようです。成分表示を必ず確認するようにして下さい。

まとめ


CBDの美容効果について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
その優れた美容効果から、美容業界からも大きく期待されているCBDは、今後の美容トレンドになること間違いなしです。
ぜひ一度お試しいただければと思います。ありがとうございました。

Writer

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

編集長コラムも絶賛更新中!
https://giver.jp/category/takami-column

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
ハイランド ミトン

howl(ハウル)HIGHLAND Mitt
ハイランド ミトン

howl(ハウル)

セクストン ミトン

howl(ハウル)SEXTON Mitt
セクストン ミトン

howl(ハウル)

アールティナイン レディース

rice28(ライス28)RT9 LADY'S
アールティナイン レディース

rice28(ライス28)

ページトップへ戻る