サーフィン

#Surf 

初心者さん必見!サーフィンライフをより豊かにする3つの心得!!

初心者さん必見!サーフィンライフをより豊かにする3つの心得!!の画像
696 views 2021-9-14 UPDATE

ドラマや映画のワンシーンで人が波に乗る姿に憧れて

『いつかサーフィンをやってみたい!』

『始めたばかりだけどこれからも趣味として長く楽しんでいきたい!!』

ここではそんな初心者さんに向けて

 

1 ショップ選びはパートナー選び

2 ローカルを味方に

3 サーフィンは紳士のスポーツ

 

この3つをテーマに

サーフィンを始める前の不安を少しでも軽く、

これからより一層、楽しいサーフィンライフをおくれるような心得をご紹介します。

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

1 ショップ選びはパートナー選び

さぁ、サーフィンをしてみよう!!

と意気込んでみても、どう初めてみればいいのか、、、

そんな方は、まずはサーフショップに問い合わせをし「サーフィン体験レッスン」を申し込んでみましょう!

体験レッスンではサーフィンに必要な全ての道具を借りることができ、自身の持ち物としては水着とタオル程度。

周囲のサーフィン経験者に教わることもいいと思いますが

道具や修理に精通しているショップとの繋がりはあって損はありません。

これからサーフィンをしていく上でサーフショップとは切っても切れない関係になる事は間違い無いので

今後のサーフィンライフの人脈形成も兼ねて体験レッスンはオススメです。

個人で経営されているショップは海の近くにお店を構えていることが多く、

ショップは自店の近くの海をホームとしていることがほとんどなので

決めるための判断材料としてはスタッフさんの人柄、道具の品揃え、クチコミに加え自宅とショップとの距離も考慮してみてもいいかも知れません!

住んでいる場所にもよりますが、海までの距離があるとどうしても足は遠のいていくものです。

これから通うであろうサーフスポットやショップが自宅から近いのも大きな魅力の一つです!

2 ローカルを味方に

先ほどお話ししたように、サーフショップには各々がホーム(よく利用する場所)としているサーフスポットがあります。

そこには同じショップを利用している人たちがいる多くいることもあり

回数を重ねていくと波待ち(乗りたい波が来るまで沖で浮いて待っていること)の時などに

挨拶をかわしたり世間話をしてみたり、

時にはベテランのサーファー達が優しくアドバイスをしてくれるなんてことも。

サーフィンという共通の趣味のもと集まった、年齢も性別も仕事も多種多様な人々との繋がりは

かけがいのないものになるでしょう!

せっかくみんなで好きなことをやってるんですから笑顔で仲良く楽しんでいきましょう!

3 サーフィンは紳士のスポーツ

基本的にはサーフボードには1人で乗ります。波にも1人で乗ります。

少なからず僕はサーフィンを始める前まではソロスポーツのような感覚がありました。

でもいざやってみるとそんなことは全くなく、

地形や潮の流れによりいい波が来るスポットは限られており(海岸の幅が狭い場所は特に)

曜日や時間帯によっては1つのスポットに何人ものサーファーが集まることもあります。

そういった状況で、少しでも事故や怪我のリスクを下げ、みんなで楽しめるように

サーフィンにもルール、マナー(車の交通ルールのようなもの)があり

サーファーひとりひとりが周りの様子を見ていろんな配慮をしながら楽しんでいます!

難しいルールではないのでサーフィンを始めようと思っている方、ビギナーの人はここでもう一度確認しておきましょう!

 

1,ワンマンワンウェーブ

サーフィン中の衝突事故を防ぐため

同じ向きの1本の波には1人しか乗ってはいけない。

2,前乗り禁止

すでにテイクオフして波に乗っている人がいる波に

そのサーファーの進行方向のポジションでテイクオフすることを「前乗り」と言い、

わかりやすく言うならば「順番抜かし」です。

厳しいポイントではきつく注意されることも。

落ち着いて次の波を待ちましょう。

3,ゲットアウトの時はライディングラインに入らない

ゲットアウト(沖のポイントへ向かうこと)の時に

ライディングしてくるサーファーの乗る波のラインには入らないように気をつけましょう!

波に乗っているサーファーの邪魔になったり、衝突事故につながる恐れがあります。

 

少なくともこの3つのルールを頭に入れておけば事故のリスクもかなり下がり、注意されることもないでしょう!

もし万が一やっちゃったな!と思っても「すみません!」と一言伝えれば問題ないです!

それでもおこっくるような人がいれば、ほっといて少し距離をとって楽しんじゃいましょう!

まとめ

サーフィンをやっていく上で、道具を揃えるためのショップ選びは

これからのサーフィンライフを楽しむためにはとても大切です!

人柄、品揃え、距離も含めて馴染みのショップわ見つけ出したら、

おすすめスポットを教えてもらいサーフィンにチャレンジ!

そこで他のサーファー達とも交流を図りつつ、

ルールやマナーを頭と体で覚えながら楽しんでいく!

せっかくサーフィンという1年を通して楽しめるスポーツに出会えたのだから

なかなかうまくいかないこともあるかもしれませんが初めから上手い人なんてどこにもいないのです!!

なのですぐには諦めず、ゆっくりと自分のリズムで

いろんな人にアドバイスをもらいながら少しずつ成長していけば良いのです。

 

勇気を出して1歩を踏み出してみれば

そこにはきっと素敵なサーフィンライフが待っています!!!

Writer

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
ジープスター ミトン

howl(ハウル)JEEPSTER Mitt
ジープスター ミトン

howl(ハウル)

ジェイミー リン ダグマー オージー

libtech(リブテック)JAMIE LYNN PHOENIX DAGMAR-OG
ジェイミー リン ダグマー オージー

libtech(リブテック)

スカッシュスプリット

nitro(ナイトロ)SQUASH SPLIT
スカッシュスプリット

nitro(ナイトロ)

シーティーアンドシーティーエル

ogasaka(オガサカ)CT&CT-L
シーティーアンドシーティーエル

ogasaka(オガサカ)

チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)TEAM EXPOSURE
チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る