スノーボード

#スノーボード #中古 

中古スノーボードの選び方に失敗しないための5つのポイント【格安でスノーボードが手に入る!】

中古スノーボードの選び方に失敗しないための5つのポイント【格安でスノーボードが手に入る!】の画像
14,507 views 2021-3-9 UPDATE

「自分のスノーボードが欲しい」

道具を持っていない初心者の方や、これから始める方は、
こんな風に思っているのではないでしょうか。

そんなあなたを応援するために、
初心者でも失敗しない、板の選び方を紹介します。

スノーボードは揃えるものが多く、始めるのにお金がかかります。
ウェア、手袋、ゴーグル・・
その中でも板は高額で、買うのに勇気がいりますよね・・

長く使うつもりだし、失敗したくない。
でも、どう選んだらいいかわからない。

「なるべく安く、良いものを選びたい。」

そんな人のために、スノーボードが安く手に入る
「中古スノーボード」について書いていきます。

中級者のスキルアップのための買い替えや、
色々な板に乗ってみたい!という人にも役に立つはずです。

適当に買って後悔しないように、ぜひ読んでみてください。

  〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

スノーボードの板を安く手に入れたい?それなら中古がオススメ!

相場とお得な理由は?

スノーボードの新品の相場は、4万円から7万円ほど。
値段が大きく変わりますが、安いものを選んでも高額・・。

ですが、中古の板なら価格帯はぐっと下がり、買いやすくなります。
中古の板をおすすめする理由は、「断然価格が安い」からです。

大まかな相場感でいうと、
状態のいい中古で初心者向けの板を買うとして、1万円台から探せます。

スノーボードデビューして板を購入したのはいいけど、
一回でやめてしまう人もたくさんいるのがスノーボード。
しかしそのおかげで、状態のいい板がたくさん眠っているんです!

さらに、
メルカリやヤフオクといったサービスがかなり普及してきたおかげで、
状態のいい中古スノーボードも数多く流通するようになりました。

これを利用しない手はないですよね。

レンタルでも4000円程度するので、3回ほどで元が取れてしまうんです。
かなりお得!

でも、気を付けないと失敗するのが中古。
選ぶための知識がないまま購入してしまうと、
損するかもしれません。

新品と違って、一点一点状態と値段が違う中から、
状態が悪いものを避けて、
なるべくお得なものを選ぶ必要があるんです。

そのために確認するべきポイントがあるので、
ここだけは注意してほしい!という内容を解説していきます。

中古の板を買う際の注意点と選び方の5つのポイント

①保証は無い

まず前提条件として、知っておいてほしいことです。

お店で新品の板を購入した場合、保証が付きます。
しかし中古の場合、メーカー保証が付きません。
何かあったとき不安・・というところは新品よりは若干不利です。

と言っても正直なところ、あまり心配する必要はありません。
保証期間は通常1年です。
新品で買ったとしても、期間内に壊れることは非常に稀です。

②硬さと長さを確認する

中古の板に限らない話ですが、初心者の方のために注意点に入れておきます。

スノーボードの板には「フレックス」と呼ばれる板の硬さが設定されており、
一般的には固いものほど上級者向けです。

初心者のうちは柔らかい板を使ったほうが、扱いやすく上達も早いので、
狙っている板のフレックスは確認しておきましょう。

板の長さに関しては、
板を立てたときに、自分のあごから鼻ぐらいが目安。
身長マイナス15㎝から20㎝と言われています。

狙っている板の長さは必ずチェック!

③相場を確認する

中古の板の相場をよく知らないと、得なのか損なのか判断できません。

初心者は板のグレードや定価、年式などに詳しくありません。
なので、買おうとしている板の価格が適正なのか、わからないのです。

出品内容によっては、かなり高額で出品されていることも・・
気づかずに購入しないように!
狙った板を根気よく探して、他と比較することで相場を探りましょう。

しかし、とにかく滑れればいいから安いものが欲しい、という場合は特に困るでしょう。
その場合は、とにかく気になる板を見つけましょう!

値段が安い・デザインが気に入っているなど、理由は何でもいいです。
そして、その板の特徴や定価を調べましょう。
定価と比べてどれぐらい安くなっているかは、とても参考になります。
詳しい人に聞けるなら、相談してもいいですね。

購入してもよさそうなら、その板を検索して他と比べてみましょう。
ほかの出品と比べて、もっといい条件で出品がないか確認してから購入すれば、
間違いのない買い物ができます。

④傷を確認する

特にメルカリやヤフオクといったインターネットで購入する場合、
実物を見ないで購入することになります。

出品者の撮影の仕方次第で、傷が分かりにくかったりするリスクがあります。

必ず確認してほしい部分はここ!
・ソールと呼ばれる、板の裏面
・エッジと呼ばれる、側面の金属部分

ソールに関しては、深い傷がないか必ず確認してください。
リペアと言って、お店で有料のメンテが必要な場合があります。
年式が古いもの、滑走日数が多いものは要注意。

エッジに関しては、割れや欠けがないかを確認してください。
滑っている最中に、思わぬ引っ掛かりが発生して転倒します。

この2点が1番大切ですので、必ず確認を!

⑤なるべく高年式が無難

年式が古いほど価格は下がりますが、
状態が悪いものや、出品者でも把握できていないものが多くなります。
これらのリスクを考えると、なるべく高年式を選びたいところ。

5年以内を目安に選ぶと、トラブルも少ないです。
滑走日数や傷が少なくても、劣化が進んだ古い板は避けましょう。

自信がないなら、型落ちの新品も考える

サイズとモデルが見つかればお得

板を安く手に入れる方法は、
中古の板を買う以外に、もう一つあります。

「安い新品を買う」です。

傷のリスクがなく、安い価格で購入することができるのが魅力。

特に型落ちの新品なら、40%オフとかで買えます。
一流メーカーの初心者向けの板の価格帯だと、
大体25,000円ほどで買えたりします。充分お得です。

ただし!
在庫に限りがあります。自分が欲しいモデルや、欲しい長さやがあるとは限りません。
いいものに出会えるかは運次第です。

直接店舗に行ったり、
ショップのサイトを頻繁にチェックする手間もかかります。

おすすめの格安スノーボードメーカー

新品や型落ちを狙うときにおすすめのメーカーを紹介しておきます。

「zuma」「spoon」の2つは、新品でも安いです!
しかも値段の割に高品質です。

実際にレンタルボードとしても多く使われており、
品質は全く問題ありません。

狙い目のメーカーです。

まとめ

中古のメリット

  • 安い
  • 気が済むまで調べてから買える
  • 色んな商品と比較できる

中古のデメリット

  • 相場を知らないと割高になる可能性がある
  • 思わぬ傷がある可能性がある
  • 保証はない

型落ち新品のメリット

  • 安くて傷のリスクがない

デメリット

  • 良いものと出会えるかは運次第

スノーボードの板選びは、種類もたくさんあって分かりにくいですよね。

価格・デザイン・機能・形状・長さ・メーカー・・
この中から自分がすべて納得できるものを探すのはとても大変です。

でも、とても楽しい作業でもあります!
中古・型落ち問わず幅広く探して、
お気に入りの一枚を格安で見つけましょう!

レンタルで無駄にお金を使う前に、
ぜひ自分の板を手に入れませんか?

Writer

TAIVASは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る