スノーボード

2017-2018 製品レビュー:板 YONEX 『SMOOTH』『4XP』『NEXTAGE』『81 BASTERDS QUIVER』

2017-2018 製品レビュー:板 YONEX 『SMOOTH』『4XP』『NEXTAGE』『81 BASTERDS QUIVER』の画像
1,070 views 2018-5-3 UPDATE

SMOOTH試乗レポート

IMG_0499

YONEXが誇るオールラウンドスノーボードとして有名なSMOOTH。
新構造のSTOMP-TECH3.0やカービンスクエアチューブ、メトリックXT、アラミドハニカムなど新素材や新技術を余すことなくつぎ込んだ贅沢てんこ盛りボードだ。
使用するすべてのシチュエーションで高いパフォーマンスを発揮することを目標として設計されており、ピステンでのカービングからグラトリ、スロープスタイル、バックカントリーまで一般人が遭遇するほぼすべてのシチュエーションにおいて高いパフォーマンスを発揮することが出来る。
新素材や新しい構造を使用してはいるものの、基本的な設計はキャンバー形状と太すぎないウェストを採用しており、乗り味に関しては従来のオールラウンドボードと変わらない。
『乗り味は従来のままで、基本的な性能がレベルアップした板に乗りたい』というライダーには満足頂ける板だろう。

 

SMOOTHはこんな方にオススメ

中級〜上級者で、ある程度板を踏み込むことが出来る方にオススメしたい一本。
使用用途が幅広く、カービングからパーク、グラトリまでなんでも対応できるため、メインボードを買い換えたいという上級者にもオススメだ。
独自技術のSTOMP TECH3.0はスウィングウェイトを大幅に改善しており、高いコントロール性能を実現している。
そのため、コブ斜面や不整地などで板のコントロールがしやすく、トリックの際にも従来よりも少ない力で多く回すことが可能になった。
同じく、NANOMETRIC XTという振動吸収性に優れた新しいカーボン素材を採用しているため、高速カービング時でも雪面に吸い付くような安定感を
感じさせてくれる。

『カービングもフリースタイルも妥協したくない』という贅沢なユーザーに応えたモデルと言えるだろう。

 

4XP試乗レポート

IMG_0500

乗り手を選ばないオールラウンドボードで、Yonexが本気を出して設計した初心者〜中級者向けのモデルだ。

扱いやすいソフトなフレックスとコンベックスソールの採用により、低速域での操作性が抜群に高く、グラトリや地形遊び、パークライドで本領を発揮する。
毎年、同モデルは中級者を中心に大変人気があり、今やYONEXを代表するモデルのひとつだ。

また、136cmから選べるので、小柄な女性やキッズも選んでいただけるモデルとなっている。

お手頃な価格で購入することもできるので、『初めて買うスノーボードは良い物を選びたい』という方には最適な一本であると言えるだろう。

 

4XPはこんな方にオススメ

初級者にはこの先5シーズン位のはタフに乗り続けられるファーストボードとして、中級者にはどのようなシチュエーションでも性能を発揮できる
オールラウンドボードとしてオススメしたい。
特に、初級者には強くオススメできるモデルで、今後レベルアップした後に、滑りのスタイルが変わった後でも安心して使い続けることが出来るモデルだ。
また、採用しているカーボン由来の素材や構造は他社のモデルに比べ寿命が長いので、高コスパのモデルと言えるだろう。

 

NEXTAGE試乗レポート

IMG_0504

中級者をメインターゲットに『なんでもできるオールラウンダー』として毎年人気を集めるNEXTAGE。
SMOOTH同様、カービングから、ハーフパイプ、グラトリや地形遊びなど、滑るシチュエーションを選ばないモデルだ。

これはあくまでも個人的な意見になるのだが、SMOOTHよりもマイルドな乗り味だと感じたので、リラックスしながらスノーボードを楽しみたい上級者にもマッチする板だろう。

採用する技術をSMOOTHよりもランクを落とすことで価格を抑えているのだが、素材や構造は高いレベルを保っており、安定した滑走性能を保っている。
板全体でしっかりと振動を吸収してくれるため、あれたバーンでも板が暴れず、深いターンを刻むことができた。

お手頃価格で長寿命なオールラウンドボードをお探しの方にはぴったりのアイテムだろう。

 

NEXTAGEはこんな方にオススメ

SMOOTHをより扱いやすくリチューンしたモデル。
『SMOOTHも良いんだけど、もっと乗り味がマイルドで簡単なモデルがほしい』という方にはもってこいのモデルだろう。
STOMP TECH2.0構造が採用されたことで、軽いスウィングウェイトと高い操作性を実現しており、乗り手と乗るシチュエーションを選ばない中級者向けのオールラウンダーとして選んで頂ける。

 

81 BASTERDS QUIVER試乗レポート

IMG_0502

フリーライドに特化したオールマウンテンボード。
16-17シーズンで人気のあったGLIDEのアウトラインをベースに、より一般的なフリーライドを意識したモデルにリチューンしたモデルだ。

GLIDEは通常のサイズにプラス5cm〜10cmのサイズを選ぶ設計になっており、81 BASTARDS QUIVERに比べ柔らかめのフレックスになっている。
しかし、81 BASTARDS QUIVERは通常選ぶサイズと同じサイズ感で選ぶ設計になっているため、GLIDEに比べフレックスは硬めだ。

とはいえ、カービング専用モデルのようなガチガチの硬さではなく、あくまでも『フリーランをリラックスして楽しむ硬さ』として設計されているので、乗り味はそこまで過激なものではない。
また、FLOAT CAMBER という『ノーズがロッカーで、後脚からテールにかけてキャンバー形状』というフリーランや地形遊びに特化したデザインが非常に面白い。
特に、ノーズがロッカーになっていることで、サーフライクな動きがしやすく、ノーズプレスからのシフティなどの技もかけやすい。
推奨スタンスで乗っても、若干テールが短くなるので、ノーズブロックなどもかけやすく、何をやっても面白い。

このモデルは、ネーミングからも分かる通り、アーティスト集団の『81 BASTARDS 』とのコラボアイテムとなっている。
主張しすぎない控えめな色使いだがインパクトのあるデザインをバインディング間に配置し、YONEXならではの落ち着いたデザインの中にうまく溶け込んだストリート色の強いイラストが描かれている。

YONEXらしい、マイルドな乗り心地と気持ち良い反発力を感じつつも、YONEXらしからぬ粋なデザインの81 BASTARDS QUIVERを是非ともお試しいただきたい。

 

81 BASTERDS QUIVERはこんな方にオススメ

個人的には今回試乗したモデルの中では一番のお気に入りがこの81 BASTARDS QUIVER。
何と言っても、FLOAT CAMBERが調子良く、ゲレンデを縦横無尽に遊び尽くすことができる。
パーク遊びやグラトリに飽きてしまった30代のスノーボーダーで、きちんと板を踏み込め、遊べる地形や、かっ飛ばせる状況を判断できる人にはまさにうってつけだろう。
コラボしている81 BASTARDS と同じような年代のスノーボーダーには特にお勧めできるモデルと感じた。

今回ご紹介したアイテム以外にも多くの魅力的なラインナップを揃えるYONEX。
気になる方は公式webサイトをチェックだ。

参考記事

自分に合ったスノーボード板を探す3つの要点と有名ボードブランド

 

Writer

元スノーボードインストラクターのIT系Webライター

長野や北海道、マウントフッド(アメリカ)、ウィスラー(カナダ)等
様々なスキーリゾートを転々とした後、東京に落ち着く。
現在はWeb制作を行う傍ら、スノーボード系のライティングを行う日々。
妻と娘の3人家族の35歳。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
クラウン ティーエルエス

nitro(ナイトロ)CROWN TLS
クラウン ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

クイーバー スラッシュ

nitro(ナイトロ)THE QUIVER SLASH
クイーバー スラッシュ

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る