サーフィン

#サーフィン #パドリング 

サーフィンパドリング論!テイクオフでパドル力より大切なこと

サーフィンパドリング論!テイクオフでパドル力より大切なことの画像
664 views 2021-2-22 UPDATE

サーフボードにエンジン付けたいと思ったことありませんか?

波のサイズも大きくてどんどん流され、何度もドルフィンスルーを繰り返し必死に沖を目指すも

あれ?まだここ足つくんかい...サーフボードにエンジンさえ付いていれば...こんな経験誰もが一度はあるのではないでしょうか。

しかしプロサーファーってスイスイ沖に出ていきますよね。

テイクオフも、それ行けます!?って波に軽々乗っていく。

信じられないかもしれませんが、サーフボードを調べたところエンジンは付いていないようです。

ということはとてつもないパドル力を持っていて、だからテイクオフも早いのか!...と思ったのですが、どうやら別のコツがあるそうです。

もちろん基礎的なパドリングの力や技術はプロは段違いだと思いますが、

テイクオフ前の『あること』を意識すれば、僕のような初心者でも全力のパドリングをしなくてもスムーズにテイクオフできるそうです!

今回は、茨城のプロサーファーで大洗にてサーフショップ「DUMPER」を営む石崎孝行プロとのセッションから見えた

『テイクオフでパドル力よりも大切なこと』をお伝えしていこうと思います。

後半に石崎プロによる解説動画もご紹介していますので、合わせてチェックしてみてください!

※パドリングの技術的な面はたくさんの理論があり合う合わないもそれぞれですので

今回は技術面ではなく、考え方の観点でパドリングとテイクオフについての考察を記事にしています。

石崎プロのサーフショップ、DUMPERのHPはコチラ

【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

サーフィンにおけるパドリングの重要性

当然ですがパドリングはサーフィンでは非常に重要な技術です。

ゲッティングアウトも、旋回や方向転換もポジションキープも、もちろんテイクオフもサーフィン中はずっとパドリングです。

陸の上で歩くのと同じように海ではパドルし続けなければいけません。

また、万が一潮に流されてしまった場合やその他トラブルに巻き込まれてしまった際も自分の命を守るのはパドリングです。

つまり安全にサーフィンを楽しむためにはパドリングの技術は不可欠と言えます。

ただ、常に全力でムキになってパドルしなければいけないかと言うとそうではありません。

後述しますが、ここぞと言うときに必要なだけのパドリングをすればいいのです。

時と場合によっては瞬発的なスピードも必要ですが、長くパドルし続ける持久力も大切です。

1日中長い時間サーフィンを楽しみたい、万が一の場合に備えて基礎的なパドル力をアップさせたい!と言う方は日常的に行える以下のトレーニングキットがおすすめです。

プロサーファーのパドリングから見えた使い分けのコツ

プロサーファーのパドリングを見ていると、ゲッティングアウト時とテイクオフ時でのパドリングに違いが見られました。

ゲッティングアウトのコツやテイクオフのコツなどのヒントがたくさん隠れていると思いますので

ここからはその違いについて、簡単かつ主観的に説明していきます。

ゲッティングアウト時のパドリング
・何かに追われているわけではないので、リズム良くジョギングのようなパドリングを心がける
・波のリズムもよく観察し、カレントをうまく使いながら決して強引に波に逆らおうとはしていない
・ドルフィンスルー前にはしっかりとスピードをつけておく
・時に根性も必要
テイクオフ時のパドリング
・ゲット時よりもリラックスしている
・むしろほとんどパドルしていないことすらあるが驚くほどテイクオフは早い
・波によってパドリングの速さが違う
・時に根性も必要

まず共通して言えることは、力むことなくリズムよくパドリングしていると言うことです。

ジャンクコンディションでのゲッティングやタルい波でのテイクオフなどはどうしてもがむしゃらにパドルしがちですが、

そういったコンディションでもリラックスした状態で軸のブレないパドリングをしています。

驚いたのは、むしろテイクオフ時の方が楽そうにパドリングしていることです。

大概バタ足してなんとかテイクオフ、その後バランスが取れずにすぐにズッコケる僕からすると理解に苦しむほど力みのないパドリングでテイクオフしていきます。

とにかくパドル力を高め、できるだけ早いパドリングができればいいのかと思っていましたが

テイクオフに関してはそれよりも重要な【コツ】があるようです。

テイクオフでパドル力より大切なこと

お待たせしました、本題に入ります。

なぜリラックスしたパドリングで早いテイクオフが可能なのか。

それは、『いかに波と同調できるか』にかかっています。

サーフィンは波の力を利用して...とよく言いますが、つまりは沖から迫り来るウネリと同調し(スピードを合わせ)

波と一体になることが重要だと言うことです。

そこにはもちろん波のピークを読む力や波がどこからどのように割れていくのか、

ホレた波なのかタルい波なのかなどのある程度経験による波の動きの予測に加え、

入水前に岸からコンディションをしっかりと確認し、イメージしてから入水することも大切になってきます。

遠くに見えたウネリから波の動きを予測し、その波とスピードを合わせる助走パドルさえしてしまえば

テイクオフの瞬間はほとんどパドルせずに波と同調することが可能と言った様子です。

どんなウネリが来ようがとにかくフルパドルして疲弊していた僕にとって【波と同調する】ことに気づけたのはエンジンを得たのと同じくらい価値のあることでした。

サーフィンの主役は自分ではなくあくまで『波』であると言うことを再認識いたしました。

以下に動画を貼りますので合わせてご参考ください。

まとめ

今回は、『テイクオフでパドル力より大切なこと』と言うテーマでした。

もちろん、スピードを出すためのパドル力やパドルし続けられる持久力はあるに越したことはありません。

ただ、がむしゃらにそこにこだわるのではなく

波をしっかりと観察し、同調することを少しだけ意識することで

貴方のテイクオフがちょっとでも早くそして楽になるのではないでしょうか。

無駄なパドリングで疲れだけが溜まり、せっかくきたセットの場面で腕が上がらない...

なんてことにならないように波の力を最大限に活かしたテイクオフをしましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

番外編

どうしてもすぐに腕が疲れてしまう方や疲れが翌日に残ってしまう方へ

パドリングを鍛えるには海に入るのが一番ですが、毎日サーフィンできる環境にいる方は稀だと思います。

そこで、上記でご紹介したチューブなどでの日々のトレーニングに加え、サーフィン前にサプリメントで持久力を補う方法もあります。

下記にご紹介するのはカツオエキスの『カツサプ』と言うサプリメントなのですが、

一度僕のYoutubeチャンネルで提供品として頂いた際、サーフィン30分前に飲むだけで本当に疲れ方が違いました。

まるでカツオになった気分...それ以来愛用させて頂いているオススメ品ですので、疲れが気になる方は要チェック!

Writer

海と山とジンジャエールが大好きな茨城出身の元野球部。
基本的に、面白いことが好き。
横乗りと自然の魅力をゆるくお伝えしていきます!
YouTube【DOM-SURF VLOG】
https://www.youtube.com/c/DOMSURFVLOG
Instagram【@busydom】
https://www.instagram.com/busydom

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
スケートバナナ [ウッディ]

libtech(リブテック)SKATE BANANA [WOODY]
スケートバナナ [ウッディ]

libtech(リブテック)

ページトップへ戻る