けっこう大事?サーフハットが必要な3つの理由

サーフィン帽子

帽子を使うシーンは陸上で“だけ”ではなく、水上・水中でも使用用途があります。
そう。
今回、本記事で取り上げる『サーフハット』です。
簡単に説明してしまえば、サーフィン中に被る帽子のことで、被ることで様々なメリットを享受することができます。

それでは早速、サーフハットが必要な理由について書いていこうと思います。

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

波が見やすくなる
頭皮の日焼けを防ぐ
怪我を防ぐ

ad

R/ForAの公式YOUTUBE Channel絶賛運用中!
動画コンテンツでR/ForA MAGAZINEを楽しみたい方は、上のYou Tubeバナーからチャンネル登録。

波が見やすくなる

サーフハットは単純にファッションの為に身に着けている訳ではなく、とても便利な機能があります。
サーフィンを楽しまれる方は、お気に入りの物を購入していても損は無いです。

夏場にサーフィンをされる方は多いと思いますが、その時に困るのが太陽光でしょう。
この太陽光が眩しいとあまりサーフィンに集中できないですよね。

こんな時にサーフハットを被ることによって、太陽光から目を守る事が出来ます。
さらにアウトの波をきちんと目視出来ますのでスムーズにサーフィンを楽しめるようになるのです。

日焼けを防ぐ

サーフィンは一年中出来るのですが、よりプレイをする方が増えるシーズンは夏場が多いと思います。
しかしその時期は太陽の日差しが強いので、どうしても日焼けについて注意をしなければなりません。

日焼けをしてしまう事で疲労感が増してしまうと感じる方も居るぐらいです。
体の日焼けを防ぎたいのでしたら、まず日焼け止めクリームを使うのが良いでしょう。

更に日焼けをきちんと防ぎたいのでしたら、日焼け止めクリームを塗るだけではなく、サーフハットを被っておくとより効果的な日焼け対策ができます。
つばもついているので、耳たぶ首筋の日焼け防止にも役立ち、紫外線による髪の毛の傷みに対しても保護をする事が可能です。

サーフハット サーフハット

Left photo credit : www.quiksilver.co.jp
Right photo credit : billabongstore.jp

薄毛対策にも繋がる

顔や耳などの日焼け防止と同時に、頭皮を強い紫外線から守ることができます。

頭部に日焼け止めクリームを塗る訳にはいかないので、そんな時にサーフハットが役立ってくれます。
サーフィンをするということは、強い紫外線に晒され、塩分の多い海水の中に浸かるということになります。

これらの行為は頭皮からしてみたら、“やめてくれ!”と言わんばかりの刺激の強いもの。
男にとって大切な大切な髪の毛を保護できるということは、それだけで大きなメリットではないでしょうか。

実際には男性に限ったことではなく、女性も頭皮を保護するという面で考えれば被っておいて損はないでしょう。

怪我を防ぐ

サーフィンをする時には安全対策もちゃんと行わなければなりません。
安全対策をきちんとしておく事で、快適なサーフィンを楽しむ事が出来ます。
例えば頭部を守る為には、サーフハットを被っておいた方が良いです。

サーフィンは海でやるのだから、頭部を守る必要はあまり無いのではないかと考える方も居るかもしれません。
しかしサーフィンをするのでしたら、サーフボードを使います。
波にまかれてしまった場合ですと、最悪の場合サーフボードが頭上に落ちて来るケースもあるのです。
もしフィンが落ちて来たら大怪我の元にもなってしまいます。

サーフハットはそんなに丈夫な物ではありません。
生地も一枚です。それでも、直接ぶつかるのだけは防いでくれるのは間違いありません。
サーフィンを長く、快適に続けていくための1つの手段として取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. サーフハットが必要な3つの理由

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る