SNOWBOARD

スノーボードのブーツケースの種類って?選び方のコツ・おすすめを紹介

スノーボードのブーツケースの種類って?選び方のコツ・おすすめを紹介の画像
1,509 views 2021-12-3 UPDATE

スノーボードのブーツケースの購入を考えていると

「どんな種類があるの?」

「何を選んだらいい?大きさは?」

などと様々な疑問が浮かんでくるでしょう。

そこで本記事では、スノーボードのブーツケースの種類・選び方のコツ・おすすめの商品を紹介します。

この記事の内容
・ブーツケースの種類

・ブーツケースの選び方のコツ

・おすすめブーツケースの紹介

この記事を読むことで、自分に向いているタイプのブーツケースを選ぶことができるでしょう。

ぜひ、参考にして下さいね。

〜TAIVASオリジナルアイテム展開中〜

スノーボードのブーツケースの種類

スノーボードのブーツケースは大きさやタイプが様々あります。

大きくは以下のように分かれます。

  • リュックタイプ
  • 手持ちタイプ
  • キャスター付き
  • スノーボードのケースに入れる

その他にはボード用のブーツケースではなく、スキー靴用のケースも使うことができます。

スノーボードのブーツケース選び方2つのコツ

スノーボードをする時の移動手段や、身に付けるアイテムは人それぞれ違い、大きなこだわりがあります。

そのため以下のようなコツを参考にすることで、自分のスタイルに合ったブーツケースが絞れてくるでしょう。

ブーツケースに何を入れるかを考える(大きさが決まる)

ブーツ+何を詰めたいかを考えることで、ブーツケースの大きさの目安が決まります。

例えば

  • ブーツのみを入れたい
  • ブーツケースに帽子や手袋などの小物類なども一緒に入れたい
  • スノーボード一式を1つにまとめたい
  • ブーツケースの他にもカバンを持つ予定がある

など人によってそれぞれのパターンが考えられます。

ブーツのみを入れる予定ならコンパクトなブーツケースで十分ですし、小物類なども一緒に入れたければ大きめのケース宿泊するならもっと大きいものが良いでしょう。

また、ティッシュや軽食など細々したものも入れておきたければポケットが沢山ついたものがおすすめです。

ブーツケースの持ち歩く時間を考える(タイプが決まる)

スキー場に着くまでにどれくらの時間を持ち歩くのかを考えると、どんなタイプのブーツケースがいいかが決まります。

  • 長い距離を持ち歩く→リュック・キャスター付きのケース
  • 少しの距離持ち歩く→ブーツのみが収納できるもの

電車・バス・飛行機では、スノーボード一式を持ち歩く時間が長いので、リュック・キャスター付きのケースなどが楽に持ち運ぶことができます。

マイカーなら持ち運ぶ時間はそれほどないので、ブーツのみが入るケースでも十分でしょう。

また、100均などの簡易的なケースなら汚れたらその都度取り替えて使うのがラクですよ。

スノーボードのブーツケースおすすめ7選

滑り終えた後のブーツをしまうことができる水や汚れに強いおすすめの商品を紹介します。

先程紹介した選び方を参考に、ぴったりのブーツケースを探してみて下さいね。

【手持ち】薄くてコンパクトなメッシュケース

Amazonで商品を見る

使わない時はコンパクトに畳んで収納ができるブーツケース。

がさばらない上に、持ち帰る時に汚れるのを防ぐことができます。

上部は通気性の良いメッシュケースなため、ニオイの心配も減るでしょう。

マイカーでスキー場へ行く人におすすめですよ。

【手持ち】コスパ良し!仕切り付きのスマートなブーツケース

Amazonで商品を見る

仕切りが付いており左右のブーツそれぞれが固定される、長方形型のスマートなケースです。

ブーツケースの中にブーツのみを入れたいという人におすすめ。

小さめのポケットが付いてるので、小物の収納もできますよ。

【手持ち+ショルダー】コスパ良し!小物類も入るボストンバッグ

Amazonで商品を見る

ブーツ+手袋、帽子、ゴーグルなどの小物類が入るブーツケース。

値段がお手頃なのに、生地に程よい厚みがあってしっかりしている所が人気の理由です。

手持ちまたはショルダーバッグで持つことができるので、手が痛くなったときも安心ですよ。

【手持ち+ショルダー】ロゴがかわいい!サロモンの仕切り付きブーツケース

Amazonで商品を見る

サロモンの仕切り付きのスマートなブーツケース。

大きく開くため、ストレスなくブーツを入れることが可能です。

横に付いているファスナー付きの大きめポケットも非常に便利。

シンプルですが飽きのこないオシャレなデザインは、良いものを長く使いたい人におすすめ。

【キャスター付き】ヘルメットもOK!小物類が全部しまえるブーツケース

Amazonで商品を見る

ブーツ+その他にも多くの荷物を入れることができるキャスター付きのケースです。

ポケットが多く小物類を分けて収納できるので、荷物すべてをスッキリと持ち運びたい人におすすめ。

表面のポケットとベルトを使えばスノーボードも収納でき、荷物が多い人でもラクラク運ぶことができますよ。

【スノーボードケース】背負ってリュックに!一式を収納できるバートンのケース

Amazonで商品を見る

板の他にもブーツや、小物類、ウエアも入れることができるスノーボード一式を1つにまとめることができます。

バスや電車の移動おすすめ。

リュックにして背負えるので、重くなっても持ち運びやすいですよ。

【スノーボードケース】長旅向け!コロコロできるバートンのケース

Amazonで商品を見る

キャスターが付いていてコロコロできるので、スノーボード一式を快適に持ち運ぶことができます。

手持ちや肩掛けにできる便利な3wayなため、その場に合わせて持ち替えがしやすいですよ。

飛行機に乗る時や連泊する時など、荷物が多い時におすすめ。

まとめ

ブーツケースの種類、選び方のコツ、おすすめ商品を紹介しました。

どんなタイプのケースが向いているか、きっとあなたの参考になったでしょう。

この記事のブーツケースの種類と選び方のコツを知ったことで、より快適なスノーボードライフを送れるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Writer
あおい
あおい ライター

北海道在住、1児のママスノーボーダー。
理・美容師であり着付師(今はお休み中)。

キャンプ初心者。
横ノリやアウトドアなど外遊びの魅力を、大自然北海道から発信します!

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

ページトップへ戻る