加賀大貴のブログ

来年の夏はニュージーランドに絶対滑りに行きたい!NZレポート

来年の夏はニュージーランドに絶対滑りに行きたい!NZレポートの画像
691 views 2018-10-15 UPDATE
WOOT

こんにちは!
加賀大貴です。

2018年8月13日から9月3日までの計23日間ニュージーランドに行ってまいりました!
ニュージーランドに行ったのは13年ぶりの事でした。
日本が夏の時期、南半球は冬を迎えています。
夏に満喫する、ニュージーランドスノーボーディングの一例として今回の旅をレポートします。
余すところなく魅力をお伝えしてまいりますので、
来年はぜひニュージーランドに滑りに行きましょう!

今回は日本人の子供を2人連れて、タイの子供2人と合流し
僕を入れた計5人でニュージーランドのシーズンを満喫してきました!

ニュージーランドと日本の時差は3時間
メインで滑っていたのは、カードローナというゲレンデになります。
 

何と言ってもこのスケール感。
そして木が全くないので、ゲレンデを縦横無尽に滑れる開放感がたまりません。

充実したパークとハーフパイプ

僕たちが訪れた時期8月中旬から9月上旬は、日本で言うところのちょうど2月下旬から3月中旬くらいにあたります。

日本からは乗り継ぎ便を使い、オーストラリア経由でオークランド空港に到着。


約12時間を経て現地に到着。

そしてそこから手配していたレンタカーを借り、目指すはワナカ。


今回は2駆のバンを借りて毎日通ってました。
なんとか乗り切れましたが、道が険しい場所や、道路が舗装されていない場所もあるため、
レンタカーは4駆をお勧めします。

そして到着した、ワナカという街はワナカ湖がとても綺麗で、のどかな街でした。


スーパーが一つ、街の中心にあり、夕方は滑り終わったスキーヤー、スノーボーダー、ファミリーで混雑しています。

カードローナからは車で片道約40〜50分程度の道のりです。

僕たちが泊まった宿は、ドミトリーをひと部屋借りれるタイプでした。


人数が多い場合は一軒家を丸々借りてもシェアするのもいいかもしれませんね。


こちらのBLACK PEAKというアイス屋さんもお勧めです。
滑り終わった後というのは、どうしてこうも冷たいものが欲しくなるのでしょう。

カードローナを登る道の麓にもワゴンカーが停まっていて、そこでも販売しています。

スーパーのすぐそばにはスケートパークがあり、滑り終わったライダー達がセッションをしていて有名ライダーを見かけることも珍しくありません。

毎日、朝早くウォーキングに出かけていたので、早起きを心がければ綺麗な朝焼けを望むことができます。

街の中心にあるカードローナショップ。

ヘリスキーを申し込めたり、お土産を買うことができます。

ニュージーランドに滑りに来る方は、このワナカにステイするか、
クイーンズタウンという大きな街のどちらかにステイし、滑りに通う形になります。
滑りたいゲレンデをリサーチしてから、拠点となる街を決めるといいですね。

クイーンズタウンは大きなモールから、アクティビティまで揃っているので
滑りだけでなく、観光やプレイスポットを求める人にはうってつけです。

ゴンドラを登れば、キウイをはじめとする鳥の動物園があったり、
珍しいカートレースをすることができたりします。

一度、リマーカブルズというゲレンデに訪れた時は素敵なインスタ映えスポットも見つけられました。


ナイスインスタ映え。

このように、どこに行っても木々がほとんどないのがニュージーランドの特徴です。

たまに羊の群れにも遭遇します。

ニュージーランドでのスノーボードは、控えめに言って・・最高です。

全部の工程での金額目安ですが
飛行機代 12万円
シーズンパス 1万8千円
レンタカー代 8万5千円(頭割りすると安い)
家代 26万円(こちらも4人一部屋)

なので、だいたいですが、30万円+食事とガソリン代があれば3週間は滞在できるのかな?
という相場観です。

物価に関しては、想像以上に高くなっている!とかはなかったので、
日本と同じくらいか、若干安めです。
(ゲレンデの水は500円くらいしますが)

スノーボードを思う存分楽しみ、景色に癒され、アクティビティでストレス発散!そんなニュージーランドの旅を一度はしてみてはいかがでしょうか?

こちらは動画形式でお送りします。
ニュージーランド総集編

今回の旅のバックアップはスノーバム有限会社さんにお願いしました。
スムーズな工程から宿の手配、レンタカーの手配まで細やかにしていただけました。
http://www.snowbum.jp/

Writer

皆様が末長くスノーボードを楽しめる キッカケ作りと環境作りをしています。
プロスノーボーダー からのセカンドキャリア真っ最中!合同会社LIC 代表
スノーボードを通して心・身体・経済の大切さを伝え、学校では教えてくれない教育を通した人づくりをしています

R/ForA MAGAZINEではコラムを中心に執筆する。

_______sponsor______

HOLIDAY ,FLUX , MISCHIEF , HORSEFEATHERS , SPY , thirtytwo , ASHRAM , sandbox , SPAZIO MORISPO , 千葉KINGS , チューンナップ工房MK

____________________

オールシーズン フリースタイル スノーボードスクール
WOOT SNOWBOARD PARK SCHOOL
シーズン中は、スノーパーク尾瀬戸倉・神立高原スキー場 にて開校
https://woot-kosoren.jimdo.com/

スノーボードシェアリングサービス「eFiT-B」
月額制、定額制で最新の高額ブランドスノーボードを長期レンタル、試乗ができて
期間内であれば、常にメンテナンスされたスノーボードを何回でも交換することができる
新しいスノーボードレンタルサービスを運営
http://efitb.com/

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
チーム ガルウィング

nitro(ナイトロ)TEAM GULLWING
チーム ガルウィング

nitro(ナイトロ)

トリガー ミトン

howl(ハウル)TRIGGER Mitt
トリガー ミトン

howl(ハウル)

ページトップへ戻る