Now Loading

スノーボードトリック08 : BS540(バックサイドファイブフォーティー)

前回の記事では、BS360を解説したが、今回はその発展技でもある、BS540(バックサイドファイブフォーティー)を解説していこう。

BS540は一回転半のスピンをする技なので、難しそうに見えるのだが、BS360を余裕を持ってメイクできれば誰でもメイクできる技なので、是非ともチャレンジして頂きたい。

 

ポイント1:飛び出したいリップの対角線上からスタート

真っ直ぐ滑る → ヒールエッジ → トゥエッジ の順でコントロールして
キッカーに侵入する。

ポイント2:リップを抜ける前の姿勢に注意する

リップをぬける前では、胸を進行方向に向けるような姿勢でタメを作るように意識しよう。
この時に両腕をリップと並行にして回すようにすれば、変に軸がずれたり、抜ける瞬間に
まくられたりするのを防ぐことができる。あくまでも上半身は平行にして軸をブラさないように
するのがポイントだ。

ポイント3:グラブと着地地点の確認はピークで行う

270度回った状態でピークに到達するよう、回転とスピードを調整しよう。
540にもなってくると、中位のサイズのキッカーを選ぶことになると思うが、ピークでしっかりと
270度回せるかどうかを判断基準に選んでみてほしい。

ポイント4:視界から着地地点が消えたら、残りの180度を回す

ピークを過ぎ、着地地点が視界から消えたら、上半身と下半身を逆ひねりしもう180度板をまわそう。
コツは、カカトを後ろに強く引くようにすると簡単に回る。

 

 

西村大輔プロ・加賀大貴プロのQ&A

Q、どうしても横っとびしてしまいます

加賀大貴プロ Answer

S_8142377849753まずはリップを登る時にどこを見ているか確認してみましょう。下を見てしまっていると、エッジが入りやすくなり、トゥが深く入って横に飛んでしまいます。なので、前方の飛び出したい方向に目標物があれば、それを見ながら登ってみましょう
次に前足をフラットに意識しながらリップを登っていきましょう。前足がトゥ側に入ってしまうと、これも横に飛んでいってしまう原因になります。

西村大輔プロ Answer

S_8195081365190ライン取りのトゥがボトムからではなく更に手前からになっている場合と、上半身の回しだすタイミングが早いことが原因の多くです。
上半身の回しだすタイミングが早いと腰が閉じていき前足もトゥへ踏みやすくなってしまいます。
ボトムでヒールからトゥへ乗り換えることを意識し、トゥで上半身の肩を開いたままリップまで向かうことを意識して下さい。

Q、着地が怖いです、、

加賀大貴プロ Answer

S_8142377849753まずはバックサイド180をしっかりやりましょう!着地のしやすさから360をやりこみすぎて180をあまり練習してない方ば意外といらっしゃいます。あまり練習していないと着地も当然怖くなってしますし、540は360+180なので、まずはバックサイド180をしっかりマスターしてみましょう。

この記事の著者

乾 海老雄

乾 海老雄

元スノーボードインストラクターのIT系Webライター

長野や北海道、マウントフッド(アメリカ)、ウィスラー(カナダ)等
様々なスキーリゾートを転々とした後、東京に落ち着く。
現在はWeb制作を行う傍ら、スノーボード系のライティングを行う日々。
妻と娘の3人家族の35歳。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る