スノーボード

2018-2019 製品レビュー:板 MOSS 『KING』『TOTO Black』『REVOLVER』

2018-2019 製品レビュー:板 MOSS 『KING』『TOTO Black』『REVOLVER』の画像
1,314 views 2018-4-6 UPDATE

KING試乗レポート

IMG_0252

インストラクターやデモンストレータなど、基礎系を中心にオールラウンドな滑り方をする方に人気のモデルがKINGだ。
フリースタイルもフリーランもなんでもできるオールマイティボードで、特にフリーランの滑走性能には定評がある。
浅めのサイドカーブと特殊反発軽量ウッドコア構造によって、踏み込む位置と身体の倒し加減で自由にターン弧を調整できるので、ロングターンからショートターン、カービングからドリフトなど、自由に滑走する事ができるだろう。
オールラウンドな使い方ができ、色々な乗り方に対応できるKINGだが、その中でも得意なのは、不整地や地形遊びだろう。軽快な乗り味と素直な操作性で悪路でも安定して滑走する事ができるはずだ。

 

KINGはこんな方にオススメ

デモンストレーター・インストラクターに人気がある板なので、上級者向けの板と思われがちだが、私は中級者にこそオススメしたい。
KINGは非常に素直な操作感の板なので、基本動作をしっかりと行う必要がある。
身体の位置や踏み込みのタイミングなど、基礎的な動きをしっかりと行わないと板の性能を発揮することができない。
改めて基本動作を見直すきっかけにもなるし、どのようなスタイルの滑りになっても対応してくれるので、安心して長く使うことができる。
決して安い板ではないが、それ以上の価値を感じることができるだろう。

 

TOTO Black試乗レポート

IMG_0267

KING同様、デモンストレーターやインストラクターに人気のTOTOをMOSSライダー黒木誠にてチューンが加えられたモデル。
本人曰く、『よりオールラウンドにすべく、乗り味をマイルドに仕上げ、基礎からグラトリ、サイドカントリーまでほぼ全てのシチュエーションで8割の走破性を目指した』とのこと。
その言葉通り、どのようなシチュエーションでもそつなくこなせるオールラウンドボードと感じた。

 

TOTO Blackはこんな方にオススメ

『1本でなんでもやりたい』という方にオススメしたいモデルだ。
特に、カービングや地形遊び、などのフリーライド+フリースタイルを意識した遊び方をする方には満足頂けるだろう。
ノーズとテールには程よいロッカーを入れているため、ズラしの時に引っかかりが少なく、グラトリもやりやすい。

なんでもイケる板なので、滑りのスタイルが変わっても使い続けられる板をお探しの方にはベストな選択だろう。

 

REVOLVER試乗レポート

IMG_0256

 

フリーランがやりやすいモデル。
特にカービングでは、軽く板踏み身体を倒してあげるだけで、想い通りの弧を描き曲がってくれる。言ってみれば、オートマ車に乗っている感覚だ。

サイドカーブの径を複数取り入れ、ターンの序盤・中盤・終盤で常にエッジが有効的に効いている状態を作り出しているため、ターン後半でもズレることなく、気持ち良く鋭いターンを作ることができるのだ。

カービングが得意な板なので、フレックスも固めと思われがちだが、決して固すぎることはなく、フレックスは並〜少し硬い くらいのイメージだ。

無論、カービングのみではなく、フリースタイル的な動きも十分対応可能だ。

地形遊びはもとより、ビッテリーターンやリバースターンなどのラントリックをやっても面白い。

カービングからラントリックまで、フリーランを楽しみたい方は要注目の一本だ。

 

REVOLVERはこんな方にオススメ

フリーランをメインに滑る方にオススメできるモデル。
先に記載したKINGやTOTO Blacnもフリーランを意識した方にはオススメできるのだが、REVOLVERに関しては、『よりリラックスしてフリーランを楽しみたい』もしくは『これからカービングをしっかりと身につけて行きたい』という方にオススメしたいモデルだ。
というのも、このREVOLVERは笑ってしまうくらい勝手に曲がってくれる。
多少言葉に語弊があるかもしれないが、自分で細かくポジションの調整しなくても気持ちよくス〜っと進んでくれるのだ。
無論、それなりのカービングテクニックは必要なのだが、非常に乗っていて楽なモデルだ。
また、金属プレートが内蔵されているようなカービングモデルではないので、足腰への負担も少なく、滑走を楽しむ事ができる。

『レースに出たり、超高速でカービングしたい』というのであれば、金属プレートが入ったモデルが良いと思うのだが、カービング入門機としてはこれ以上ない最適なモデルだろう。

 

 

MOSSは今回ご紹介したモデル以外にも魅力的なアイテムを数多く展開しており、サイズ展開も細かく設定しているため、滑りのスタイルによって最適な一本を見つけられるはずだ。

↓↓↓↓↓他の18−19モデルも公式webサイトでチェックできる。↓↓↓↓↓

MOSS公式webサイト

参考記事

自分に合ったスノーボード板を探す3つの要点と有名ボードブランド

 

Writer

元スノーボードインストラクターのIT系Webライター

長野や北海道、マウントフッド(アメリカ)、ウィスラー(カナダ)等
様々なスキーリゾートを転々とした後、東京に落ち着く。
現在はWeb制作を行う傍ら、スノーボード系のライティングを行う日々。
妻と娘の3人家族の35歳。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
アンセム ティーエルエス

nitro(ナイトロ)ANTHEM TLS
アンセム ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)TEAM EXPOSURE
チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)

ページトップへ戻る