BURTON(バートン)の板

BURTON(バートン) WORKING STIFF(ワーキングスティッフ)2017-2018

BURTON(バートン) WORKING STIFF(ワーキングスティッフ)2017-2018の画像
755 views 2017-12-5 UPDATE

もし、1970年代のスノーボーダーが未来のボードについて語り合っていたとしたら、きっとWorking Stiffのようなボードが話題に挙がっていたことでしょう。
ウエスト幅やテイパー、セットバックの設定によって多くのフリーライディングボードが浮力を得るなか、この”実験が現実になった”ボードは、そんな固定概念を覆してくれます。
まず、分厚いノーズがボードのフロント部を硬くすることでパウダーでの推進力を提供。そして、テールに搭載されたフィレオフレックスがスワローテールのような役割を果たします。こちらは、バーモント州バーリントンのCraig’sプロトタイプ工場でハンドメイドされたボードです。

ワーキングスティッフのスペック

ボードサイズ 154
有効エッジ 116.5
ノーズ幅 30.54
テール幅 28.54
ウェスト幅 25.6
スタンス 53
セットバック 5
ホールパターン THE CHANNEL
形状 キャンバー(ディレクショナルキャンバー)
シェイプ ディレクショナル
希望小売価格 ¥113,400(税込み)

ワーキングスティッフのコメント・評価

ユーザーの意見を積極的に採用し、新たなボードを生み出していく「FAMILY TREE」と呼ばれる参加型プロジェクトより今期誕生。
ノーズは厚く硬めに、テールはフィレオフレックスが搭載されており、大変柔らかい。この構造が生み出すのは驚くほどの後ろ足の可動力と浮力。
サーフライクな乗り方に適したボードではあるが、しっかりとしたエッジグリップ力も持ち合わせている。
製造元はBURTONのホームであるバーモント州のCRAIGS工場にてハンドメイドで作られている。

Writer

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
チーム グローブ

howl(ハウル)TEAM Glove
チーム グローブ

howl(ハウル)

ジェイミー リン ダグマー オーピー エムダブル

libtech(リブテック)JAMIE LYNN PHOENIX DAGMAR OP MW
ジェイミー リン ダグマー オーピー エムダブル

libtech(リブテック)

セレクト ティーエルエス

nitro(ナイトロ)SELECT TLS
セレクト ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ロスト × リブジェイミー リーンメイヘム コラボ

libtech(リブテック)LOST x LIB JAMIE LYNN MAYHEM COLAB
ロスト × リブジェイミー リーンメイヘム コラボ

libtech(リブテック)

トレイン レクター ワイド

libtech(リブテック)TERRAIN WRECKER WIDE
トレイン レクター ワイド

libtech(リブテック)

ページトップへ戻る