平昌オリンピックノルディック複合のルールや競技日程・注目の選手・結果などのまとめ

  • 2018-1-15
  • 平昌オリンピックノルディック複合のルールや競技日程・注目の選手・結果などのまとめ はコメントを受け付けていません。
スクリーンショット 2018-02-05 13.00.33

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

ノルディック複合の競技日程
ノルディック複合のルール
ノールディック複合を楽しく観戦する為に必要な知識
■出場日本選手
■海外有力出場選手

ad
【絶賛ライターさん募集中】
スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。
もちろん報酬もお支払します。
上のバナーをクリックして【ライターの件】という題名をつけてご連絡下さい。

ノルディック複合の競技日程

個人ノーマルヒル+10km(ジャンプ)2月14日 15:30
個人ノーマルヒル+10km(クロスカントリー)2月14日 17:45
個人ラージヒル+10km(ジャンプ)2月20日 19:00
個人ラージヒル+10km(クロスカントリー)2月20日 21:45
団体ラージヒル+4×5km(ジャンプ)2月22日 16:30
団体ラージヒル+4×5km(クロスカントリー)2月22日 19:20

平昌オリンピック競技全体のまとめやテレビ放映日程などは下記記事を参考にして下さい。
平昌オリンピックの全体像と開催日程と地上波放送予定

ノルディック複合のルール

スキージャンプ(飛躍)+クロスカントリー(距離)《グンダーセン方式》
①スキージャンプ(飛距離+飛形点)の合計ポイントで順位を決定
②ポイントをタイム差に換算 個人戦15P=1分(1P=4秒) 団体戦45P=1分(4人の合計ポイントで換算:1P=1.33秒)
③スキージャンプの成績順にクロスカントリーがインターバルスタート(②で換算したタイム差をつけて)
④フィニッシュライン通過順で順位決定(団体では、1選手が5kmを回り、タッチライン内で次の選手へと引き継ぎ、4番目の選手通過順で順位決定)

ノールディック複合を楽しく観戦する為に必要な知識

瞬発力を必要とするジャンプと持久力を必要とするクロスカントリー。
陸上でいえば、100m走とマラソンの2つで一流の力がなければ、勝てない競技です。
それゆえ、ノルディック複合の王者は「キング・オブ・スキー」と称えられます。
ジャンプ得点での貯金を生かして、先行逃げ切りをはかる選手、クロスカントリーでの走力を生かして追いこみをかける選手と
各選手が得意分野での力を使ってレースが繰り広げられますので、参加選手がジャンプ・クロスカントリーのどちらの力が
突出しているかを予め知っておくと、レースも楽しく観ることができるでしょう。
1周2.5kmのクロスカントリーコースは1/3が上り坂、1/3が平地、1/3が下り坂と定められているため、
登りに強い選手、平地を旨く滑る選手、下りで一気に差を詰める選手など各コース状況別でも見どころがあります。
また、選手の後ろにピタリと付けたり、スパートのタイミングなど駆け引きも見どころのひとつです。

■出場日本選手

渡部暁斗(わたべあきと)

1988年5月26日生まれ 年齢29歳
主なオリンピック戦績
2010年バンクーバー
個人(ノーマルヒル+10km)21位
個人(ラージヒル+10km)9位
団体6位(加藤大平、高橋大斗、渡部暁斗、小林範仁)
2014年ソチ
個人(ノーマルヒル+10km)2位 銀メダル
個人(ラージヒル+10km)6位
団体5位(永井秀昭、湊祐介、渡部善人、渡部暁斗)

渡部善斗(わたべよしと)

1991年10月4日生まれ 年齢26歳
主なオリンピック戦績
2014年ソチ
個人(ノーマルヒル+10km)15位
個人(ラージヒル+10km)35位
団体5位(永井秀昭、湊祐介、渡部善斗、渡部暁斗)

永井秀昭(ながいひであき)

1983年9月5日生まれ 年齢 34歳  
主なオリンピック戦績
2014年ソチ
個人(ノーマルヒル+10km)22位
個人(ラージヒル+10km)26位
団体5位(永井秀昭、湊祐介、渡部善斗、渡部暁斗)

山元豪 (やまもとごう)

1995年1月27日生まれ 年齢23歳

渡部剛弘(わたなべたけひろ)

1993年7月13日生まれ 年齢24歳

前回ソチの団体5位メンバー(渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭)の3人に、山元豪、渡部剛弘の若手から1人選出の4人で
戦うと見られる団体は十分メダルが期待できる。
渡部暁斗、渡部善斗の兄弟でオリンピックの表彰台に登る事が出来るのかも注目である。
そして、ソチでは銀メダルだった日本ノルディック界のエース、渡部暁斗が金メダルを取れるのか、個人ノーマルヒル+10km・個人ラージヒル+10km・団体でいくつメダルが取れるのかも注目である。

■海外有力出場選手

ヨルゲン・グラーバック(ノルウェー)

1991年4月26日生まれ 年齢26歳
主なオリンピック戦績
2014年ソチ
個人ラージヒル+10km 金メダル

ファビアン・リースル(ドイツ)

1990年12月18日生まれ 年齢27歳
主なオリンピック戦績
2014年ソチ
個人ラージヒル+10km 銅メダル

エリック・フレンツェル (ドイツ)

1988年11月21日 生まれ 年齢29歳
主なオリンピック戦績
2010年バンクーバー
団体銅メダル
2014年ソチ
個人ノーマルヒル+10km 金メダル
団体銀メダル

ヨハネス・ルゼック(ドイツ)

1991年12月9日生まれ 年齢26歳

ジャン・シュミット(ノルウェー)

1983年11月24日生まれ 年齢 34歳

その他、ジョン・リイバーなどが有力選手に上げられている。

団体はノルウェー、ドイツ、オーストリアが強く、日本がいかにここへ組み込むことができるのか。
ワールドカップでも絶好調の渡部暁斗選手を中心に一丸となって、日本の団体でのメダル獲得に期待したい。
そして、ノーマルヒル個人、ラージヒル個人で日の丸がセンターポールにあがるのを望み、ノルディック複合を観戦しましょう。

平昌オリンピック競技関連記事一覧



平昌オリンピックノルディック複合のルールや競技日程・注目の選手・結果などのまとめ

平昌オリンピックスノーボードスロープスタイル/ビッグエアの競技内容(ルール)と参加する日本・世界の代表選手たち

平昌オリンピック スノーボードパラレル大回転のルールや競技日程・注目の選手や結果速報

オリンピックスノーボードハーフパイプのコース紹介とルール

平昌オリンピック スノーボードクロスのルールや競技日程・注目の選手・結果などのまとめ

平昌オリンピック アイスホッケーのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック カーリングのルールや競技日程・注目の選手・結果などのまとめ

平昌オリンピック スキージャンプのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック バイアスロンのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピックスノーボード ハーフパイプの競技内容と活躍が予想されるライダーたちと結果予想

平昌オリンピックの全体像と開催日程と地上波放送予定

平昌オリンピック 男子フィギュアスケートのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック アルペンスキーのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック スピードスケートのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック ボブスレーのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック ショートトラックスピードスケートのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック フリースタイルスキーエアリアルのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック クロスカントリースキーのルールや競技日程・注目の選手

平昌オリンピック スケルトンのルールや競技日程・注目の選手

この記事の著者

R/ForA magazine

R/ForA magazine

R/ForA magazineは、スケートボード・スノーボード・サーフィンの最新動画や最新情報、役立つコラムなどを配信する3S総合ウェブマガジンです。 3Sに関連するアパレル情報やアイテム情報なども配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る