継続することの大切さを教えてくれる横乗りって素敵だと思いませんか?

スノーボード

スノーボード・スケートボード・サーフィンに共通することといったら、皆さんどんなことを想像するでしょう。
横乗り?ワンマンスポーツ?ちょっとチャラい?
色々と思い浮かぶかもしれませんが、筆者が思う共通点とは

“なっかなか上達しない”

これだと思ってます。
この”っ”がキモです。

全てのスポーツに共通して言えることだといえばそうかもしれませんが、
横乗りスポーツって、日常生活では絶対にやらない動きをするわけです。

歩くとか走るとか、投げるとかの動きは日常生活で使う動きですよね。
もっと言ってしまえば、人間の祖先が生きるために『走って逃げる・石を投げる・槍で獲物を突く』などの動きをしていたから、人間の体って”走る・投げる・突く”というような動きに最適化された体の構造になってます。
だから否定しているわけではないんですが、野球とかバスケットボールとかサッカーとかって、すぐ上手くなりませんか?

一方の横乗りに関して考えると、人間の祖先がスノーボードやスケートボードをやっていたとは到底思えません。

そもそも、人間の体が横乗りスポーツにすぐに順応できる体ではないということです。
だから習得に時間がかかり、更にはケガをするリスクも大いにあります。

継続することの大切さ

以上のことを考えると横乗りをずっと続けるためには、
(横乗りが好きという感情 + メイクした時の喜び) – (ケガ + 上達のしにくさ) = ?
という方程式で”?”の値でプラスをとっていかないと、その人は横乗りをしに行かなくなります。

横乗りが好きという感情 → 楽しい仲間と滑ったり、トッププロの滑りを体現してみたいという欲求を高めることで値を上げることができます。
メイクした時の喜び → 大きなトリックになればなるほど、喜びは比例的に大きくなります。

ケガはリスキーなトリックに挑戦すればするほど、確率が高くなるため自分の意思で操作することはできません。

では、上達のしにくさを補完するめには、どうすればいいのか。

継続すること。
(可能ならば短期間に継続してやること。)

シンプルであり、最も重要な要素だとも思うんです。

1つのことを突き詰めるって素晴らしいこと

けれど継続するのって結構大変です。
金銭の問題や社会的立場の問題、将来のことなどを考えると本当にこのまま続けても良いのだろうか?
ってふと思う時が来ると思います。

でも継続することで小さな成功を多く積み、その自信を糧に更に高みに登ってゆく。
という仕組みは万物に共通することではないでしょうか。

少なくとも筆者は継続することの大切さをスノーボード・スケートボード・サーフィンから教わりました。
とことん好きなものを突き詰めてみると自然と継続してやることになり、それに伴った結果に結び付く。

継続するから結果に繋がる。

まずは大好きなものを見つけて、とりあえずやってみること。
この真理を掴むことができれば、他のことにも汎用することができるはずです!

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る