失敗しないデッキテープの貼り方と有名ブランド紹介

shutterstock_255359875

空中に飛び出すために開発されたデッキテープ

スケートボードの発祥を遡っていくと、元々はサーファーが水を抜いたプールやストリートで乗り始めたのが流行のキッカケになっていることが分かる。
その当時スケートボードにデッキテープは必要なかった
なぜなら2次元(平面のみ)でスケートボードは成立していたからだ。

それから時が経ち、アラン・ゲレファンドという男が手を使わずにボードを浮かせるトリックを産み出すのであった。
ノーハンドエアリアルという正式なトリック名があったが、彼のニックネームから『オーリー』と名付けられた。

オーリーがスケートボードのトリックのスタンダードとなりつつあるそのタイミングで
デッキテープはスケートボードになくてはならないアイテムとなっていった。

そんな今では当たり前のようにデッキに貼りつけられるデッキテープのセルフでの貼り方と有名デッキテープブランドをご紹介!

ad

R/ForAの公式YOUTUBE Channel絶賛運用中!
動画コンテンツでR/ForA MAGAZINEを楽しみたい方は、上のYou Tubeバナーからチャンネル登録。

失敗しないデッキテープの貼り方

デッキテープの一部でコーティングを剥がす

板の表面には通常、酸化防止や見栄を良くするためにコーティングが施されていることが多くそのままデッキテープを貼ってしまうと剥がれやすくなってしまいます。
その対策として、デッキテープの一部を使って貼る前にデッキの表面を擦る作業をしましょう。
画像がブレブレになっちゃうほどしっかり擦りましょう。

IMG_2141 IMG_2138

デッキテープの台紙は一気に剥がさない

表面のコーティングを擦って削り終わったら、実際にデッキテープを貼っていきます。
デッキテープの台紙を剥がしていく工程で、全て剥がしてしまわずに端の20cmほどをまずは剥がします
全部剥がしてしまうと、修正する時などが凄く面倒になってしまうのでそれを防ぐためにも効果的です。

IMG_2147 IMG_2148

デッキに貼っていく

それでは実際にデッキに貼っていきましょう。
デッキとデッキテープの端はピッタリと合わせるのではなく少し余裕を持たせて貼るようにしますが、あまり余裕を持たせ過ぎると反対側のデッキテープが足らなくなってしまう場合がありますので注意しながら貼り始めの位置を決めていきます。
台紙を剥がした所までデッキに貼付けます。

IMG_2149 IMG_2150

台紙を剥がした所まで貼ったら、また少し台紙を剥がしてデッキに貼る。
それを数回に渡って少しずつ貼っていくのがポイント。

IMG_2153 IMG_2154

少しずつ貼っていきます。
少しずつ。少しずつ。

IMG_2155 IMG_2157

最後までいける!!!!
と確信したら一気にいっちゃってもOK。

IMG_2159 IMG_2160

デッキとデッキテープの間の空気抜き

デッキテープを貼っている時に空気が中に入ってしまう場合がたまにあるので、空気抜きをしましょう。
MOB GRIPはデッキテープ自体に空気が抜ける穴が空いているので、特に空気抜きをしなくても良いのですが穴が空いていないデッキテープもあるのでやっておきましょう。
空気抜き専用のローラーが販売されていたりしますが、トラックにつけたウィールでコロコロすれば全く同じ効果を発揮することができるのでこれでOK。

IMG_2163 IMG_2164

デッキの輪郭付け

デッキテープを貼ったままの状態でデッキの形にカッティングしようとすると凄くやり辛いので、デッキの輪郭を浮き上がらせる作業が必要になります。
硬い金属製のものなら何でも良くて、ショップなどでは棒ヤスリなどでやってくれますが、自分でやるときはトラックのハンガーの部分でも充分に輪郭付けすることができるので試してみて下さい。

IMG_2181 IMG_2183

切り込みを入れる

カッティングをする前に、テール部分とノーズ部分の付け根の部分4カ所に切り込みを入れていきましょう
これをやることによって、かなりカッティングがしやすくなります。

IMG_2189 IMG_2190

カッティング

切り込みを入れた箇所から、ライン付けした輪郭に沿ってカッティングしていきます。
ノーズとテールの円形状の部分はカッティングし辛いので慎重にゆっくり切っていく綺麗に切れます。

IMG_2194 IMG_2195

直線部分はカッティングしやすいので一気に切っていきます。

IMG_2201 IMG_2209

デッキテープとデッキの境目を馴染ませる

最後に仕上げとして、デッキテープの切り終わった残りを使ってデッキとデッキテープの境目を擦って馴染ませていきましょう
この仕上げをすることによって、デッキテープの剥がれるのを防止することができます。
こちらも画像がブレブレになっちゃうほど、しっかりと擦りましょう。

IMG_2212 IMG_2211
ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

デッキテープの有名ブランド

JESS UP(ジェスアップ)

jessup_big Jessup-griptape

デッキテープのスタンダードといえば、JESS UP
日本で最も多く流通していると言っても過言ではなく、安価でありながら確かな品質を誇る。
粘着力も程よく、表面の目が細かいのが特徴。

MOB GRIP(モブグリップ)

mobgrip_logo mob grip デッキテープ

表面の目がとても荒く、食いつきが半端じゃないと人気のデッキテープブランド。
一度MOB GRIPを経験してしまうと、他のブランドに変えられなくなるという噂。
注意しなければならないのが、あまりにも目が荒いので板を持っている手の指先も削れてきてしまって、慣れるまで少し痛い思いをすることもあります。

SHAKE JUNT(シェイクジャント)

shake junt shake junt デッキテープ

ハードコアスケートボードブランド、BAKERやDeathwishのスケーターたちが産み出したブランドでデッキテープの真ん中に入っている“SHAKE JUNT”の独特なフォント文字が目を引く。
体が悲鳴を上げてようとも攻めまくるモチベーションを掻き立ててくれる不思議な効果がある。

GRiZZLY(グリズリー)

grizzly GRizzly

Torey Pudwillが手がけるデッキテープブランド。
グリズリー(ハイイログマというヒグマの一種)のキャラクターが印象的で、P-RODなど世界的に有名なスケーターが使用しているため、日本でも人気が出てきたデッキテープブランド。

SKATE SAUCE(スケートソース)

Skate-Sauce-Logo skatesauce デッキテープ

スケートボードワックスを中心にプロダクト展開を行っている“SKATE SAUCE”
若いブランドだけにスタイリッシュでこれからの動向に注目が集まるブランドの1つといってよい。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る