スノーボードウェアに関しての徹底解説と有名ブランド紹介

wear

ウェア選びは大きな楽しみの1つ

近年のウェアの進歩は著しく、より快適によりカッコ良く(より可愛く)進化し、多種多様なモデルがリリースされています。
各ブランドごとに今の流行を加味し、防水性能や透湿性(詳しく後述します)などの機能性の面でも常に改良を続けているのです。

今回の記事では、スノーボードウェアに関する機能、カラー、形状に関してトレンドなども考慮しつつ徹底解説していこうと思います。
ラストには、R/ForA magazineがオススメするスノーボードウェアブランドもご紹介しているので、最後までお読み頂きたいと思います。

3S関連記事

ウェットスーツの種類や選び方にも興味がある方はコチラ

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

スノーボードウェアのサイズ早見表
耐水圧・透湿性という指標について
スノーボードウェアの種類
スノーボードウェアのカラーコーディネート法則
スノーボードウェアのカラー・柄
スノーボードウェアの各部位の名称
スノーボードウェアのメンテナンス方法
スノーボードウェアの下に着るインナーレイヤードについて
有名スノーボードウェアブランド
お得にスノーボードウェアをご購入の方はこちら

ad

スノーボードウェアのサイズ早見表

一般的にスノーボードウェアは“S,M,Lサイズ表記”なので自分の身長に合ったサイズが分からない人がいると思いますので早見表を載せておきます。

ユニセックス(男女共通)のサイズなので、男性でも女性でも参考にできます。

サイズ 着る人の身長(単位:cm)
XXL 180〜187
XL 175〜182
L 170〜177
M 165〜172
S 160〜167
XS 155〜162

耐水圧・透湿性という指標について

耐水圧とは

耐水圧
耐水圧とは読んで字の如く
生地に染み込もうとする水の圧にどれだけ耐えられるか
という指標であり、天候の変化に影響を受けやすいマウンテンスポーツであるスノーボードに、ウェアの耐水圧は欠かせない要素です。

耐水圧の定義(JIS規格)
耐水圧が10,000mmであった場合、生地の上に平面が1㎠の筒を立てて、その中に水を入れて10,000mm(10m)まで水を入れても、その水圧に耐えられるということになります。

ちなみに約50kgの人が濡れている場所に座った時の圧力が約1,500mmであると言われていて、
ジャケット、パンツ共に耐水圧10,000mmはあった方が良いとされています。

透湿性とは

透湿性2
透湿性とは
湿気(水蒸気)を透過させる性質
のことを指し、要するにスノーボードウェア内部の水蒸気をどれだけ外に排出する能力があるのかどうかという指標です。

スノーボードすることによる発汗で出た汗が着用しているスノーボードウェアの内側から外へ出ていかないと、ムレムレになってしまいとても不快ですよね。(100均のレインコートを着たことがある人は分かると思いますが、あれは透湿性がほぼ0に近いのでかなりムレムレになります。)

透湿性を表す単位は『g/㎡=24hr』というもので、生地1㎡あたりで24時間に何グラムの水分を透過させたかという意味。
一般的に10,000g/㎡=24hrあれば充分快適にスノーボードをすることができるとされています。
逆に5,000g/㎡=24hr以下だと、発汗量が多い場合に蒸れてしまい不快に感じる人が多くなります。

注意点

当たり前のことですが、スノーボードウェアは長く使ったり洗ったりすると耐水圧や透湿性は悪くなってきます。

スノーボードウェアの種類

ダウン

ダウンジャケットの最も優れている点と言えば保温性と軽量性
極寒のバックカントリーでも十分に対応したいならダウンジャケットという選択肢を考えると良いでしょう。
現在展開されているダウンジャケットにはベンチレーションがついていることが多いので温度調節も自由自在で、究極の快適さを追求できます。

ダウンJKT ダウンJKT2

重ね着

ダウンベストの下に、パーカーやシャツを着る重ね着スタイル。
街中では当たり前となっているこの着こなしだが、雪山でもオシャレの定番として定着しつつあります。
スプリングシーズンにはダウンベストを着ないスタイルでもいけるので便利。

重ね着 2 ベスト シャツスタイル

プルオーバー

クラシックなイメージを醸し出すプルオーバージャケット。
前面にポケットがついているものが多く、ちょっとしたものを入れるのに役立ちます(チャックが無いものはライディング中に落ちる可能性があるので注意)
ファスナータイプのものからボタンタイプ、紐で結ぶタイプなどなどワンポイントでオシャレができるところもグッド。

プルオーバー プルオーバー2

スタジャン

ボーイッシュに攻めたいという女の子に人気なのが、このスタジャンスタイル。
もちろん男の子が着てもクールでカッコ良くキメられます。
スタジアムで着る防寒具として生まれたスタジャンなので防寒性能が高く、ルーズに着こなすとゲレンデで目立つこと間違いなし。

スタジャン レザーJKT 2

ビブパン(オーバーオール)

ワークスタイルのビブパン。
何より、ジャケットを羽織ればパンツやジャケットの中に雪が入ってこないのが一番の利点で、春先などの暖かい季節に、上はTシャツやトレーナーなどで着こなせばオシャレスタイルの出来上がり。

オーバーオール オーバーオール2

スキニー

数年前に人気に火がついたスキニーパンツ(それに併せてタイトなジャケットも流行りました)。
タイトなラインを強調でき、体の形がはっきり分かるためスタイルが出しやすく上級者が着ているとかなりカッコ良い。

スキニーパンツ 2 スキニーパンツ

スノーボードウェアのカラーコーディネート法則

スノーボードウェアを新調する時って、ジャケットとパンツの色の組み合わせで結構迷うものですよね。
機能性の高いモデルになるとかなり高価になるので迷いに拍車がかかってしまうでしょう
そんな迷えるあなたのために失敗しないカラーコーディネートの法則をご紹介。

トーン・イン・トーン

トーンイントーン
credit : contest.japias.jp

ジャケットとパンツの組み合わせ方の最も用いられる配色として覚えておいて欲しいのが
同じトーンでまとめる配色方法です

濃い色のジャケットと濃い色のパンツで合わせる
同様に
薄い色のジャケットと薄い色のパンツで合わせる

全く異なる色味でも、トーンで統一感を出すことでまとまりを保ちつつ、オシャレをアピールできるコーディネートになります。

トーン・オン・トーン

トーンオントーン

credit : contest.japias.jp

トーン・イン・トーンとは逆の合わせ方になります。
同系の色相で合わせるという方法で、色相の濃淡で違いを出していきましょう。

濃い青色のジャケットと薄い青色のパンツで合わせる。

その色本来のイメージが強く出るような合わせ方ですので、自分自身をどう表現したいのか明確な方には向いているコーディネートです。

そこで色本来の持つ特徴を簡単にご紹介。

相手に与える印象
レッド 情熱的でエネルギーを相手に感じさせる色で活発で元気の良い人という印象を与えます。
イエロー 前向きで全てがポジティブな方向へ進んでいくように感じさせます。
グリーン 自然の中に多く含まれるグリーンは自由や安全などを感じさせる色。
ブルー 寒色であるブルーは、信頼感もたらす色で相手に対してリラックス感をもたらします。
パープル 原色には存在しないパープルは独創的な印象を与えます。

ドミナント・トーン

ドミナントトーン

credit : iro-color.com

“トーン・イン・トーン”と感じは似ていますが、こちらは色相の明暗で統一するという配色方法。
ジャケットとパンツの色相は異なっていても、明るめで統一するか暗めで統一するかということです。

マルチカラー

マルチカラー

credit : iro-color.com
オシャレな着こなしに手早く近づけるためには、このマルチカラーが最も有効です。
ジャケットかパンツのどちらか一方は、多彩な色が組み合わされている柄もの(カモやチェック、パラダイス柄など)をチョイスして他方を単色で合わせるという配色方法。

ジャケットに柄ものを取り入れパンツを単色のものを合わせることが多いが、パンツに柄ものを持ってきてジャケットを単色のものでもオシャレなコーディネートに仕上がります。

ナチュラル

ナチュラル

credit : iro-color.com
アースカラーという自然にある色を元として作られた色で合わせる方法。
人工的でない、ナチュラルなカラーリングがそれだけで統一感を出してくれるのでまとまりのある印象醸し出すことできます。

アクセントカラー

少し番外編になってしまいますが、以上で解説したようにジャケットとパンツをまとまりのある感じでチョイスすることができたら

スノーボードグローブなどの身につける小さなアイテムで統一感を少し外したカラーを取り入れて、アクセントカラーとして取り入れると更にオシャレ度がアップするので、取り入れてみて下さい。

スノーボードウェアのカラー・柄

Vivid(ビビッド)

ゲレンデでとにかく目立ちたい!という人にとって最適なカラーがビビッドカラー。
スノーボードのワクワクを更に盛り上げてくれる、定番カラーです。

ビビッドカラー JKT ビビッドカラー パンツ

Earth(アース)

大地、空や海、新緑など自然の中にある色で、目に優しいアースカラー。
自然と戯れるという意味ではまるで山に溶け込むかのような色合いで、サラッと着こなすとかなりカッコいい。

アースカラー JKT アースカラー パンツ

Denim(デニム)

近年、再加熱しつつあるデニム柄。
スケートボードを彷彿とさせ、ルーズに着こなしてもカッコ良くキマる。
ストリート調の着こなしを目指している方にとってはマストアイテムといっても過言ではないでしょう。

デニム柄 JKT デニム柄 パンツ

レザー

ロックな雰囲気を出すのに、レザー素材は欠かせない存在だが保温性能や撥水性能など大丈夫なんだろうかと心配になるかもしれませんが様々な技術が集約されていて、快適にスノーボーディングできるように改良されています。
トップスノーボーダーであり大のロック好きで知られるショーンホワイト好んでフルレザーのジャケットを着用していることで有名。

レザーJKT レザーJKT 2

CHECK(チェック)

女の子には人気の柄で暖かいファーがついてても違和感がない。
可愛らしさを演出するには最適なチェック柄は今年の流行でもあります。

チェック柄 JKT チェック柄 パンツ

DOT(ドット)

どうしてもポップなイメージになってしまうドット柄は色のトーンを落としたものをチョイスするとグッド!
ドットが細かすぎると派手に見えてしまうので、大きめのドットをチョイスすると派手じゃないけどオシャレさをアピールすることができます。

ドット柄 JKT

ドット柄

Camo(カモフラージュ)

総柄のカモフラージュもクールだが、ポイントで入っていたりハーフで入っていたりすると尚オシャレ。

カモフラ柄 JKT カモフラ柄 パンツ

PARADISE(パラダイス)

今年のファッショントレンドで『ボタニカル女子』なんて言葉も登場してしまう程に流行している、ボタニカル柄(植物の葉や木の実などをモチーフにした柄の事)を全体に取り入れたスノーボードウェアでゲレンデの中で目立っちゃおう!

パラダイス柄 JKT パラダイス柄 パンツ

Leopard(レオパード)

レオパード柄といえば、基本は黄色地に黒の豹柄のこと。
今期のトレンドはポイントで基本のレオパード柄を入れたり、カラーを変えて全体プリントするといった少しヒネリを入れた形が流行中。
写真のような、まるでジブラ柄のような色合いだったり多彩なカラーを取り入れたものなどもゲレンデで目を引くこと間違いない!

レオパード レオパード2

スノーボードウェアの各部位の名称

パウダーガード

スノーボードウェアの中に雪が入り込んでこないようにする為のもので、素材は水に強いナイロン素材のものが多く先端にはゴムがついていて、雪の侵入をブロックしてくれます
ジャケットの裾、パンツの腰、パンツの裾の3カ所についています。(モデルによってついていないものもあります)
また、ジャケットの裾とパンツの腰の部分のパウダーガードが一体化するモデルもリリースされています。

カフゲーター

ジャケットの袖の外側に取り付けられている、マジックテープのことで締めることで雪や風の侵入を防いでくれます。

ベンチレーション

スノーボードウェアに限らずマウンテンパーカーなどにもある機能で、スノーボードウェアの中に溜まってしまった熱気や湿気を外に逃がしてくれます。
主にメッシュ状でジッパーで開閉できるような構造になっており、少し蒸し暑いなと思ったら開けるようにしましょう。
ジャケットには脇部分に、パンツには内股の部分についていることが多い。

リストゲーター(ハンドカフ)

ジャケットの腕袖口の内側についている薄手の手先が空いている手袋のこと。
保温のためについているわけではなく、転倒時など手を雪面につけた時にスノーボードウェアの中に雪が侵入してくるのを防いでくれます

ドローコード

主にフードやジャケットの裾に内蔵されている、ゴムひものことを指す言葉で、このゴムを引っ張ることでフィット感を高めることができる。

リフトパスホルダー

リフト券専用のホルダーのことで、ジャケットの裾の裏側や腕についていることが多い。

ミュージックプレーヤーポケット

スノーボーディング中に音楽を聞く人のためにジャケットの内側に設けられているポケットのことで、iPodがスッポリ入る丁度良い大きさに設計されておりマジックテープで止められるようになっていることが多い。

ゴーグルポケット

メッシュ素材で作られたジャケット内にあるポケットのことで、濡れて曇ってしまったゴーグルを入れておくと曇りが改善されるという便利ポケット。

ウェアのメンテナンス方法

shutterstock_98866676

スノーボードはあくまで雪上でのスポーツなので、過度に汚れるということはほとんどありませんが、汗は掻きます。
なので『洗いたいな。。。。』とか、『シーズンが終わったらキレイにしたい!』と思う方、いると思うのでスノーボードウェアのメンテナンスを簡単に解説していきます。

洗濯機

なので洗濯機で丸洗いすることはないとは思いますが、洗濯機で洗うのはオススメできません。
なぜなら、防水・耐水性能が著しく落ちてしまうからです
どうしても洗濯機で洗いたい!という方は、NIKWAX洗剤というスノーボードの専用洗剤があるので、それで洗濯するようにしましょう。

クリーニング

クリーニングに出して、防水加工をしてもらうとスノーボードウェアの外側だけではなく内側まで防水加工されてしまい、透湿性の低下に繋がってしまうのでクリーニングもあまりオススメできません。

ファブリーズ

基本的に滑り終わった後に干してからファブリーズが最もスノーボードウェアに優しく、且つ清潔に保てるのでオススメです。

手作業

汚れが気になるところは、布に水と洗剤を含ませて拭き取るようにしましょう。
スノーボードウェアの機能を損なわずにキレイにするにはこの方法が最も効果的です。

ウェアの下に着るインナーレイヤードについて

スノーボードウェアの下にはどんなものを着れば良いんだろうか。と思っている方にインナーの種類をご紹介します。
ハイシーズンなどの寒い時期にはインナーが不可欠になりますので参考にしてもらえると思います。

プルオーバー・パーカー

インナーとしてだけではなく、スプリングシーズンなどの暖かい時期にはパーカーだけで滑ることもできるので、とても重宝するアイテム。
フードを被ってゴーグルのベルトで締めれば、スノーボードの邪魔になることがなく頭部の冷えを予防することができます。

パーカー1 パーカー2

フリース

最も寒い時期に大活躍するのが、このフリース
バックカントリーのハイクアップ時など、幅広い場面で活躍してくれます。
暖かく、軽量で扱いやすく、速乾性があるとメリットが多いフリースだが、静電気が発生しやすいので注意しましょう。

フリース フード付きフリース

シャツ

パーカーと同様に、暖かい時期はトップスとしても活躍するシャツ。
圧倒的にチェック柄が多い印象だが、無地単色のシャツもクールでカッコいい!
女の子が来ているとなぜか目を引く無敵アイテム。

インナー シャツ インナー シャツ2

トレーナー

防寒として、気軽に着込めるアイテム。
ポイントで柄が入っているモデルなども多く、オシャレ度をワンレイヤー上げることができるので、デザインを重視して周りに差をつけちゃいましょう!

トレーナー トレーナー

有名スノーボードウェアブランド

BURTON(バートン)

スノーボードウェアの進化はもう天井に達してしまっているだろうと誰もが思う中で、毎年毎年レイヤーを一段階上げてくるのが巨大カンパニー“BURTON”の凄いところ。
少し値段が他ブランドに比べて高価ではあるが、その技術革新のための研究に多大なコストが掛かっているのだろうなということが窺い知れます。
トップデザイナーが手がけるその洗練されたデザインも1つの魅力。

Jacket :3L Hover Snowboard Jacket
Price : ¥68,000
web : jp.burton.com

burton 2013_PROD_DETAIL_DESKTOP

スノーボードウェアなら『BURTON』という人の声

バートンが老舗で定番なので、ほかのブランドは考えられません。
(40代/男性/会社員)
ウィンタースポーツといえば,BURTONのイメージが強いからです。
(30代/男性/公務員)
スノーボードのブランドとして認知度が高い一流ブランド、安心感があるから。反面ありきたり、他人と同じになるかも、ミーハーな感じもしないことはないが、それでもやはり、ブランドとしての魅力の方があると感じたから。
(30代/男性/自由業・フリーランス)

volcom(ボルコム)

スノーボードに限らず、スケートボードやサーフィンに関わるアパレルも取り扱い不動のオシャレブランドとして名を馳せています。
タイトなラインを強調するスノーボードウェアが特徴的で、女性や太めはあまり好みではないという男性にオススメのブランドです。

Jacket :CAPTAIN INS JKT
Price : ¥44,280

web : www.volcom.jp

Volcom-logo G0451402_MDY_F

スノーボードウェアなら『volcom』という人の声

見た目も悪くなく沢山種類置いてあるのが魅力です。ボード以外でも夜外で着ていても違和感なく着れます。
(30代/男性/自営業(個人事業主))
クールでスタイリッシュにデザインが自分の好みに合っているから。
(20代/男性/会社員)

adidas(アディダス)

スポーツに関連するアパレル、グッズなどを世界規模で展開している“adidas”
スノーボードウェアも発信しており、世界に誇る日本代表スノーボーダー國母 和宏がスポンサードされていることで有名(右写真は國母 和宏のシグニチャーモデル)。
アディダス特有の3本ラインが特徴的で、耐水圧や透湿性なども文句無しの機能性でやはり世界のadidasを感じることのできるプロダクトとなっています。

Wear :FIREBIRD 2L OP
Price : ¥48,600
web : www.japan.adidas.com

Adidas_Logo 國母 和宏 シグネチャーモデル

スノーボードウェアなら『adidas』という人の声

adidasは昔から好きなメーカーなんで、adidasのウェアを着たいと思っています。
(30代/男性/自由業・フリーランス)
スポーツメーカーとして有名なアディダスはデザイン・素材がほかのメーカーより優れていると思うから
(20代/男性/学生)
多くのスポーツと提携している万能なアディダス。多くの経験から得た丈夫さと、カリスマ性が好きです。
(20代/男性/学生)

LIB TECH(リブテック)

革新的なスノーボードの板をリリースし続ける印象の強い、LIB TECHからリリースされているスノーボードウェアも毎年目が離せません!
ボードと同様にかなり派手なデザインで、機能性も耐水圧が20,000mmだったりと充実しています。

Jacket :THE STORM FACTORY’S HIGHEST LINE OF DEFENSE
Price : $319.95
web : www.lib-tech.com/

LIB Tech 1415_LIB_Wayne_Jacket_parillo-print_FRONT-800x800

SESSIONS(セッションズ)

1983年に誕生したカリフォルニア発祥の老舗ブランド。
常にリアルスノーボーダーの声に耳を傾けスノーボードウェア作りに取り組んでいる印象の強く、太めのラインが多い傾向にあります。

sessions_logo sessions ウェア

Blue Blood(ブルーブラッド)

自然をこよなく愛するブランドBlue Bloodの日本人ライダーは、そのほとんどがパークライドなどではなくバックカントリーの達人で、厳しいコンディションの中でも滑りに集中させてくれるスノーボードウェアの機能性は業界トップクラスと言っても過言ではありません。

blueblood logo Blue Blood ウェア

686(シックスエイトシックス)

左右対称なロゴが印象的な686は、オーナー兼デザイナーであるマイク・アキラ・ウェスト氏によって1992年に立ち上げられたブランド。
気になるロゴの意味だが、マイクの誕生日を組み合わせた数字が686なんだそう。
自分のファミリーや仲間を大事していきたいという彼の考え方がブランドコンセプトとして反映されています。

Jacket :CLASS INSULATED JACKET
Price : ¥27,000
web : sixeightsix.com

686_logo 686 ウェア

QUIKSILVER(クイックシルバー)

スノーボーダーから圧倒的な信頼感を得ているクイックシルバーの今シーズンのスローガンは“PROGRESSION”
常に新しいことに立ち向かい、進化し続けていこうという姿勢は最先端テクノロジーを駆使したアウターウェアを送り出し続けています。

Jacket :DREAMING JACKET
Price : ¥34,000 +tax
web : www.quiksilver.co.jp

クイックシルバー AQYTJ00035_TKJ1

DC(ディーシー)

DCといえばスケートシューズの印象が強いブランドだが、スノーボードアイテムも世に送り出しています。
シンプルなデザインでありながら、確かな機能性。
そしてロゴも所々に顔を出すおなじみのDCらしさを感じることができます。

Jacket :15 AXIS
Price : ¥35,000 +tax
web : www.dcshoes.jp

dc ロゴ DC ウェア

inhabitant(インハビタント)

“inhabitant”とは住民という意味を持っており、ターゲットとしているスノーボード、スケートボード、サーフィン、BMX、などのアクションスポーツをやっている人たちは、ハマってしまうと辞められずにずっと続けていくという意味合いから“定住する者たち”という解釈ができます。
そんな住民に向けて、様々なアイテムを提供している日本発のブランド。
プロダクトに入っている、『インハビタント』がなぜかカッコ良い。

Jacket :TIEDYE JACKET
Price : ¥45,360
web : www.inhabitant.jp

インハビ ロゴ インハビタント ウェア

Neff(ネフ)

ヘッドギアの印象が強いNeffですが、ウェアのプロダクト展開も行っています。
ロゴでありブランドネームでもある”Neff”の文字が大きく入ったデザインやボタニカル調が強いデザインだったりと幅広く展開しており、女性用ウェアも充実しています。

Jacket :FALCON JACKET
Price : $170.00

web : www.neffheadwear.com

neff logo falconjacket_snakelife

atmys(アトマイズ)

ブランドのコンセプトが他ブランドよりも圧倒的に際立っているatmys
カッコ良くもあり、可愛くもある女の子を表現してくれるブランドだといえます(男性スノーボードウェアも取り扱っています)。
そんなatmysのブランドコンセプトは『アイデンティティ』
周りの色に染まらずに、独自の味を出していきたいという方にはオススメのブランドです。

atmys_Logo atmys ウェア

ROXY(ロキシー)

スノーボード・サーフィンに関連するグッズで、女性から絶大な人気を誇るブランドROXY
女の子目線のプロダクトを常にリリースし続け、男の子が見たら思わず可愛い。。。と思ってしまうスノーボードウェアが揃っています。

Jacket :TORAH BRIGHT INDIVIDUAL JACKET
Price : ¥32,000 +tax
web : www.roxyjapan.jp/

CORP_roxy2 ROXY ウェア

スノーボードウェアなら『ROXY』という人の声

夏のプールでもROXYのデザインや色が好きなので、合わせて揃えたいと思うからです。
(30代/女性/パートアルバイト)
スポーティ要素と可愛い要素が混ざっている感じがちょうどいいから。
(20代/女性/専業主婦)
去年高校生から使っていたウェアからROXYのウェアに変えました。着心地がとても良くて好きです。
(30代/女性/会社員)

ESTIVO(エスティボ)

可愛く見せるというウェアのあり方を前提に、エッジの効いたウェア展開が魅力のESTIVO
ゲレンデにいる女の子に差をつけたい!という方にはオススメしたいブランドの1つ。

Jacket :JAZZ-UP JKT
Price : ¥34,560

ESTIVO logo ESTIVO ウェア

SiROP(シロップ)

ガーリー感がかなり強めなブランド、SiROP。
Tiedye柄や明るめのカラーが多く、“女の子が女の子のために作ったスノーボードウェア”というのがブランドコンセプトとなっており、今期はモデルのダレノガレ明美さんを起用して展開をしている今注目のガールズウェアブランド。

web : www.kyoya-kissei.co.jp

brand_logo SiROP ウェア

OP(オーシャンパシフィック)

1972年にカリフォルニアで、Jim Jenks(ジム・ジェンクス)によって創設されたブランドで、サーフィンのアパレルプロダクトの展開からスタート。
スノーボードのジャケットやパンツ、小物入れなども発信しており愛用者も多くシンプルで複雑な感じのしないデザインが好評です。

op-images OP ウェア

お得にスノーボードウェアをご購入の方はこちら

91O7YULgJ5L._SL1500_ 91TQNnzYRlL._SL1500_

今年流行している、Burton(バートン) MB HELLBROOK JK メンズヘルブルックジャケットが通常38,880円のところ、下記のリンクからお買い上げの場合15,560円引き(40%OFF)でお買い求め頂けるので、購入を検討していた方はどうぞ!

当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る