サーフィンに関するアンケート

ずばり!サーフィンの上達に欠かせないことは何ですか?

ずばり!サーフィンの上達に欠かせないことは何ですか?の画像
3,535 views 2019-8-14 UPDATE

波の上をさっそうとボードで滑る姿はとても格好いいですよね。
きっと実際に波に乗っている人は格別な気分なのでしょう。
人気芸能人にサーフィンをする人がいたりと、サーフィンの人気はじわじわあがってきています。海が比較的身近な日本人ですから、一度や二度サーフィンに挑戦したことがある人は多いかもしれません。
また付き合いがきっかけではまってしまってる人もいるかもしれません。

そして、ぶち当たる壁が「どうしたら上達するか?」ですよね。
そこで、上達に欠かせないことについて経験者にアンケートをしてみました。

ad
【絶賛ライターさん募集中】 スノーボード・スケートボード・サーフィンを趣味として楽しんでいる方、全くのライターの経験がない方でも問題ありません。 好きを仕事にしてみませんか? もちろん報酬もお支払します。 上のバナーをクリックしてLINE@からご連絡下さい。    

上達には経験が一番!でもアレも大事です!

サーフィン バランス

アンケートをみると、やはり経験に勝るものはないというところでしょうか。ほとんどの人が経験が一番だと回答しています。

普段からのバランス感覚の練習だと思います目をつむって片足たちだけでも効果あります。
(50代/男性/会社員)
私の場合はバランス感覚を養う為にバランスボールをやったり走り込んだりしました。
(40代/男性/自営業)
サーフィンに必要な動作を確認し、動画でイメトレしていくことです。
(30代/女性/その他専門職)
イメージトレーニングが大切です。テイクオフはバランスが大切なので、ある程度立つイメージをしてから海に出ると、マスターしやすいです。
(20代/女性/パートアルバイト)
自分一人で、いろいろと試行錯誤してみても限界があると思うので、他人(上級者)からアドバイスをうける。
(40代/男性/パートアルバイト)

体力、筋力の強化に加えて、「サーフィンにはバランス感覚が大事」という回答が多くありました。
バランス感覚を養うトレーニングであれば手軽に毎日できそうです。
筋トレやジョギングにもうひとつ加えてみてはいかがでしょう。

次に多かった回答は、「イメージトレーニングが効果的」というものです。
イメージトレーニングはサーフィンに限らず他のスポーツでも積極的に取り入れられています。
何も準備せずにただ練習を重ねるのではなく、イメージトレーニングをしてから海に入るようにすると上達が早いかもしれません。

そして「上級者からのアドバイスを仰ぐ」という意見も多くありました。
同じ道を通ってきた先輩にアドバイスをもらうというのは理にかなったものです。
時間が許せばプロの講習を受けてみるのも良いかもしれません。

バランス感覚を磨けば、サーフィンは一段と上達する?!

shutterstock_126810257

サーフィンに限らずスポーツの上達には練習が必要なことは言うまでもありません。
しかし海の近くに住んでいない限り、毎日サーフィンすることは難しいですよね。

アンケートでは、サーフィンで必要な体力や筋力の強化に加えてバランス感覚を鍛えることが効果的という意見が多くありました。
波の上でしかもボードの上に立つわけですから、特にバランス感覚は必要なのでしょう。
そのため、目をつぶって片足で立つトレーニングを、靴下を履くときや歯を磨きながらなど取り入れてみてはいかがでしょうか。

アンケート概要

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■有効回答数:97サンプル

Last photo credit : Mana Photo / Shutterstock.com

ad

コメント全データ

質問 : "サーフィン経験者に質問です!上達するにはどうすればいい?サーフィン上達にかかせないこととは?"

回答一覧

  • やはり筋トレをする事が大事だと思います。実際に何度もやることが大事なのはわかりますが、筋肉がないとなかなか難しい部分があるので。
    (20代/女性/会社員)
  • 上達するには人の良い点を取り入れたりして波に乗ることを増やすことです。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • イメージトレーニングを欠かさずにすることだと思います。なんとなくでいいのでイメージすることが上達する一歩になるでしょう。
    (40代/男性/無職)
  • サーフィン上達には、何度も練習するために海に通うことだと思います。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 上達したいという意識を持つことがまず大切。上手い人の動きをじっくり観察する能力も必要
    (20代/男性/無職)
  • 私はイメージトレーニングがすごく重要だと思います。サーフィンは季節や天候によって左右されるスポーツなので実際に練習することは簡単にはできません。しかし、イメージの中でならいつでもできると思うので、成功するビジョンを持って取り組んでみてください。
    (20代/男性/学生)
  • 筋トレをしています。筋力をつけないことには上達するものもしないと思ったからです。
    (10代/女性/学生)
  • バランス感覚や、うまく乗れた時の感覚を忘れないこと。そして何より、あきらめないこと。
    (30代/男性/会社員)
  • 上手い人のプレイを見ることですね。海に行けば見れるのでお得です。
    (30代/男性/会社員)
  • 仕事しながらはなかなか難しいが、定期的に練習することだと思う。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 普段からのバランス感覚の練習だと思います 目をつむって片足たちだけでも効果あります。
    (50代/男性/会社員)
  • サーフィン上達にかかせないことは、練習です。練習できる時間は限られていることが多いので、いかに効率よく練習できるかが大事です。
    (30代/男性/会社員)
  • うまい人のサーフィンを、たくさん見ること。あきらめない強い気持ちを持つこと。
    (40代/女性/専業主婦)
  • なんだかんだ筋肉が必要です。ボードの上に立つのも、パドリングするにも。なので筋トレでしょうか。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 諦めずに、海に通い続けることだと思います。サーフィン仲間をたくさん作って、その中の好みの子に恋をすれば通い続けるモチベーションアップになるので、オススメです。
    (30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 日常生活の中でもバランス感覚を鍛える練習を欠かさずして置くことだと思います。
    (50代/男性/無職)
  • しっかりとボードの上に乗り、波を見極める事がとても大切なポイントです。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • きちんとコーチについて習うこと。どんなスポーツもそうだと思う。自己流でサッカーとか野球とかしないから。サーフィンにもルールがある。
    (40代/女性/専業主婦)
  • やはり筋トレや体幹のトレーニングですね。バランス力も必要なので毎日やる事が大事ですよね
    (20代/男性/自由業・フリーランス)
  • 波の研究をする。尖った並ではなく丸い波に乗る事を考えてこうどうする。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • 毎週末に海に出ること。身体にしみ込ませないとテクニックが身につかない。
    (40代/男性/会社員)
  • 練習することです。継続は力なりです。自宅では筋トレをしましょう。
    (50代/女性/専業主婦)
  • やる気だけじゃなくて時々は冷静に自分を見つめなおすことじゃないでしょうか
    (30代/女性/会社員)
  • バランス力と筋肉が必要になるので、筋トレを行うと良いと思います。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • サーフィン上達するにはただひたすらに何度も何度も繰り返し練習することです。
    (30代/男性/会社員)
  • まずは、海入る前に、平衡感覚を身につけるトレーニングをして、海に入ったら、誰かにボードだけ支えてもらいながら自然に乗れるよう練習する
    (30代/女性/専業主婦)
  • 上級者と海に入り、ルールやマナーなどをまず教わる事。波の小さな日でも海に入り、パドリングの練習をしてサーフィンに必要な筋肉を鍛える事。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 力の入れ方の緩急だと思います。そこのコツはやっているうちに掴めてくるので、あとは回数も大事だと思います。
    (10代/女性/学生)
  • 適度な波が沢山来るところでサーフィンを頻繁にやることが大切です。
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 思い切りだと思います。スポーツはまず何事も挑戦からだと思います。
    (20代/男性/会社員)
  • 毎週やることです。練習量が上達に影響しますね。
    (30代/男性/会社員)
  • 上達するにはどうすればいいか、サーフィン上達にかかせないことは、やる気です。
    (30代/男性/無職)
  • ひたすら海にはいること。身体が覚えるまで海で波乗りをしていること。
    (20代/男性/会社員)
  • 波の荒い場所で立つので勇気じゃないですかね?後海の水を怖いと思わない
    (40代/女性/専業主婦)
  • 最初はスクールに入って基本を学び、ある程度の基礎が身についたら、練習を重ねるしかないです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 体幹トレーニングです!体幹鍛えていないと、パドリングからして、フラフラになります!
    (30代/男性/会社員)
  • サーフィンに必要な動作を確認し、動画でイメトレしていくことです。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 易しいロングボードからスタートし、確実に波に乗れるように足腰を鍛えます。
    (40代/男性/会社員)
  • なにはともあれやってみることです。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • 基礎的な体力は必要だと思います。パドルができないと何も始まりません。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • 陸上でのシュミレーションを完璧にするまで海に出ないのではなく、ある程度基礎を教わったら波の小さな安全な海に出てみることです。
    (30代/女性/公務員)
  • 人それぞれかもしれないけど、自分はリズムとバランス感覚を大事にしているのでダンスもしている。あとはストレッチも毎日欠かさない。
    (30代/女性/その他専門職)
  • サーフィンをしている先輩たちの技を盗み見るしかありません。イメトレをしながら、ひたすら海に入ることが大事です。
    (30代/女性/専業主婦)
  • とにかく繰り返し波に挑戦することと体力作りが大切だと思います。ジョギングかな。
    (40代/男性/会社員)
  • サーフィンは何よりもバランスが重要だと感じています。まずは陸上で自分の体バランスを見直してみると良いと思います。
    (20代/男性/会社員)
  • サーフィン上達にかかせないこととは、基礎体力挙げることだと思うよ。
    (30代/男性/会社員)
  • 海に入って、数こなす。うまい人のふるまいをよくみる。ビビらず、突っ込む
    (30代/男性/会社員)
  • 上手い人と知り合いになれるかどうかが大事だと思います。
    (30代/女性/会社員)
  • 自分の能力や体のサイズに合うボードを使うこと。無理は危険です。
    (40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 焦って波に乗ろうとせずに海を味方につけるくらいの気持ちのほうがいいと思います。
    (30代/男性/会社員)
  • サーフィンの上達はやはりひたすら何度も波に立ち向かう事です。波に何度も飲まれながら上達していくスポーツです。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 欠かせないことは、体力の筋トレを怠らずに、練習あるのみだと思います。
    (30代/女性/無職)
  • 何事もそうだと思いますが、上達する為にはひたすら行うことだと思います。
    (20代/男性/会社員)
  • 自己流ではなくて、きちんと経験者からの声に耳を傾けておくことが大切だと思います。
    (20代/女性/学生)
  • とにかく、毎日練習して、経験を積んでいくことではないかと思う。
    (50代/男性/会社員)
  • 経験者のアドバイスを受けながら、しっかりと練習を続けることです。
    (30代/男性/会社員)
  • 自分より上手なサーファーと同行して、波のいい場所で教えてもらう。
    (30代/女性/専業主婦)
  • サーフィンを上達するには城キュ社のアドバイスに耳を傾けることが大事なことです
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • とにかく日々のトレーニングと練習あるのみっていう風な感じです。
    (20代/女性/無職)
  • 実際海に行けない日 自分でイメージを作ったり自分なりの工夫トレーニングを編み出すことです
    (50代/女性/自由業・フリーランス)
  • 筋力トレーニングとバランス感覚を養うことが上達するのに必要です。
    (30代/男性/会社員)
  • まずは波の上で安定感を保っていれるということ。それが基礎なので、そこから技術をあげていきます。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 失敗しても諦めないこと。失敗を何度も経験することが上達の近道だと信じること。
    (30代/男性/無職)
  • わたしは、サーフィン上達にかかせないことといえば、分かりません。
    (20代/女性/無職)
  • 全然分からないですが、なんとなく毎日のイメトレではないでしょうか。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • サーフィン上達にかかせないこととはイメージトレーニングが意外と重要ですよ。
    (30代/男性/会社員)
  • 体力づくりですね。水の中は疲れるので。
    (20代/女性/会社員)
  • やはりサーフィン中級者以上の人にくっ付いて学ぶのが一番だと思う。
    (30代/女性/会社員)
  • 波の動きに逆らわない、ことでしょうか。自然と一体化することで、上達が得られます。
    (40代/男性/会社員)
  • やはり、色々な波にたくさん乗り経験を積むことが何よりも大切。後、ジムで体を鍛えて全身の筋肉のバランスを保つことも重要。
    (40代/女性/専業主婦)
  • サーフィン経験者です!上達するには練習あるのみ。サーフィン上達にかかせないこととは根気です。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • どんなスポーツでも言えることですが、上手な人を見て良いところを盗み、できるように練習すること。
    (20代/女性/会社員)
  • まずは波を恐れないことだと思います。最初は波に乗ること自体が怖かったので
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • とにかく海に出ること。諦めないで、下手で恥ずかしくても、海に行き続けていれば上達します。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 海を感じる。波の音がキーになって、それによって海と友達になれるかによる。
    (30代/男性/会社員)
  • がむしゃらに練習するのはちょっと遠回りになるので、上手な人かコーチについてちゃんと教わるのがいいと思う
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • ふだんからリズム感というか、インナーマッスルを鍛えておくことでしょうね。
    (40代/女性/会社員)
  • なんども海にいき、波にのるタイミングを身体で覚えることがいちばんだいじ
    (40代/女性/会社員)
  • 5歳までには始めたらいいと思う、他人よりも早く始めて多くの練習をすれば上達します。
    (40代/男性/無職)
  • サーフィンは、とりあえず体力勝負のところがあるので、まず体力をつけることです
    (50代/女性/専業主婦)
  • 上手い人の真似をひたすら練習していくしか上達の道はないと思います。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • サーフィンを上達させるには、何回も回数を重ねて経験を積むしかないと思います。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 失敗には必ず原因があるので、それを指摘してくれる上級者から正しい練習方法を教わり、体感トレーニングを頑張れば上達します。
    (40代/女性/専業主婦)
  • プロに習うこと。素人のアドバイスは参考になりませんから・・・
    (40代/女性/会社員)
  • とにかく波に乗ることだと思います。レッスンを受けると上達も少しは早いと思います。
    (40代/女性/専業主婦)
  • とにかく実践あるのみ。いきなり難易度が高いものに挑戦するよりレベルを着実にクリアしていくこと。
    (30代/女性/無職)
  • とにかく定期的に波に乗りに行く習慣をつけること。嫌でもそうすればうまくなる。
    (30代/男性/その他専門職)
  • 海によく入る、波をよく見る、上手な人に教わる、インストラクターについてもらう。
    (40代/女性/その他専門職)
  • 毎日イメージトレーニングまたはフォームのシュミレーションなど身体に覚えこませ反復すること。
    (30代/男性/会社員)
  • サーフィンを上達させるには、筋トレがかかせないと思っています
    (10代/女性/学生)
  • 好きこそ物の上手なれ。上手くいかなくて嫌いにならず、好きであれば上手になれます。
    (40代/男性/会社員)
  • 筋トレ。あとは毎日地道に柔軟をしたり、ランニングで基礎体力をつけること
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • 上手な人と一緒にサーフィンをすること。または、講習などでプロから教わること
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • とにかく練習あるのみ。好きでやっていれば上達を感じるのも早いです。
    (40代/女性/その他専門職)
  • イメージトレーニングを常にどこに居ても実施する事です、海の上だけの練習では上達も早くなりません。(70代/男性/無職)
  • とにかく海にはいることですかね。あとは、人のを見たりしてイメージする。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • サーフィン上達にかかせないことは、何回も失敗を繰り返して覚えるという事。
    (30代/男性/パートアルバイト)
Writer

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっています。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。
編集長コラムも絶賛更新中!
https://giver.jp/category/takami-column

関連記事

Most Popular

Tag

more

Recommend

Link

  • link

Pickup ItemsR/ForA ChoiceR/ForAが今気になっているアイテム

Snow
トーラ ブライト プロモデル

roxy(ロキシー)TORAH BRIGHT PRO MODEL
トーラ ブライト プロモデル

roxy(ロキシー)

エムシー ウェイ ファインダー(マット カミンズ プロモデル)

libtech(リブテック)MC WAY FINDER (Matt Cummins PROMODEL)
エムシー ウェイ ファインダー(マット カミンズ プロモデル)

libtech(リブテック)

チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)TEAM EXPOSURE
チーム エクスポージャー

nitro(ナイトロ)

ベンチャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)VENTURE TLS
ベンチャー ティーエルエス

nitro(ナイトロ)

ゴールドメンバー ファイヤーパワー [トラヴィス ライス] ワイド

libtech(リブテック)GOLD MEMBER FIREPOWER [TRAVIS RICE] WIDE
ゴールドメンバー ファイヤーパワー [トラヴィス ライス] ワイド

libtech(リブテック)

ページトップへ戻る