行け!角野友基。オリンピックの頂点へ

角野友基

明後日の2月6日からソチオリンピックの競技が開始される。

正式には2月7日が開会式となっているが、競技は2月6日から開始されるのだ。

そう開会式よりも1日早く開催される競技名は

 
『スノーボード スロープスタイル』
 
 

スノーボード スロープスタイルとは?

大きく分けて2つのセクションから成るコースを滑り、技の難易度、完成度などから付けられる総合得点により順位が決定する競技のこと。
 

始めにジブセクションといって、ダウンレールやキンクレールなどが配置されているセクションを滑る。

その後にジャンプセクションが続き、ここでのトリックが総合得点に大きく影響すると言われている。
 

ジャンプセクションでは連続してキッカー(ジャンプ台)が設置されているため、途中でトリックに失敗してしまうと、スピードを失ってしまうため、続けてトリックをすることができなくなってしまう。

なるべくミスをせずに、且つ高難度のトリックを続けて出せるかどうかが順位上昇のカギとなる。

ソチオリンピックのスロープスタイルコース

 

スロープスタイルコース
 

既にソチオリンピックで採用されるスロープスタイルのコースは発表されており、上記の写真となっている。

概要は以下の通り
 
 

全長 635m
広さ 25m〜30m
コース標高差 151m

 
 

ラストに連なる3つのジャンプ台は、今まで作られてきたジャンプ台よりも大きなものが設置されている。

転倒した時のリスクは多大なものであると、容易に想像できる。

角野友基とは?

今回このスノーボードスロープスタイルの日本代表として、ソチオリンピックに出場する1人が角野友基だ。

若干17歳の世間ではまだ高校生2年生。

まだまだあどけなさが残る、ユーモア溢れる青年だ。

当時では異例とまで言われた、小学生でプロ契約した才能を持ち合わせているが

それ以上に常人では想像することのできないような努力を日々重ねている。

その努力が花開いたのは去年のこと。

2012-2013年シーズンのスロープスタイルW杯

で年間チャンピオンに輝いているのだ。

『僕のスノーボードを見て、カッコ良い!って思う人が1人でも増えてスノーボード人口が増えれば良いですね』

と彼は語る。

その想いに共感する筆者自身もファンの1人なのだが、もっともっと彼のファンが増えて欲しいと切に願う。

ソチオリンピックで彼が活躍することは必至。

彼の勇姿を目に焼き付けろ。

 

sponsored

日産X-TRAIL, RIDE SNOWBOARDS,
RedBull,OAKLEY,HESTRA,
IR-COLLECTION.inc,SEV Sports
ROFL,CLAST,HESTRA,MAX,
ブレイブボードRipstik,KINGSグループ

主な戦績

2011/12
THE SLOPE WORLD CHALLENGE 優勝
RIDE SHAKEDOWN Seattle 準優勝

2012/13
Oakley and Shaun White present Air & Style in Beijing 2012 優勝
FIS Snowboard Slopestyle World Cup SPA 2013 優勝

スロープスタイル ソチオリンピック日程

日にち 時間(日本時間) 競技内容
2月6日 15:00 男子スロープスタイル予選
2月8日 14:30 男子スロープスタイル準決勝
2月8日 17:45 男子スロープスタイル決勝

 
当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。


この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る