自分に合ったスノーボード板を探す3つの要点と有名ボードブランド

medium_8067531950

スノーボードにおいて板選びは慎重にそして確実に

今回はスノーボードの板の正しい選び方について書いていきたいと思います。
正しく選ぶためには、スノーボードのどの部分に注目して自分に合っているのか判断する知識が必要。

スノーボードの板を選ぶ際に、しっかりとした知識を持たずに選んでしまうとそれからのスノーボード生活がつまらないものになってしまうばかりか成長の妨げになってしまう可能性もあるので、そうならない為に正しい知識を身につけて、できればその知識を活かして選んだ板に試乗するところまでやって欲しいと思います。

3S関連記事

サーフボードの種類や選び方も興味のある方はコチラ

スケートボードデッキの種類や選び方も興味のある方はコチラ

目次

※リンクをクリックすると知りたい事柄にスムーズに飛べます。

板の長さについて
板の幅について
板の形状について
板を真横から見た時の形状
板の固さについて
高額な板=良い板?
有名ボードブランド
お得にBURTONの板をご購入の方はこちら

ad

①板の長さ

板選びの中で最も重要なのが板の長さ。
一般的に

『自分の身長-15cm』

と言われていますがこれは平均的にということなので、下記の表を参考にしてもらえると良いかと思います。

その人の身長 板の長さの参考値
180cm前後の人 自分の身長-20cm
170cm前後の人 自分の身長-15cm
150cm前後の人 自分の身長-10cm

 
この長さを基準にして、自分のやりたいスタイルによって調節しましょう。

スピードを追求していくスタイル

基準より少し長めにしましょう。
板を長めにすることでその分板の重量が重くなるので安定し、大きなターンを描くことができ高速滑走でも板がバタつきにくくなります。

ジブやグラトリなど回し系をしていくスタイル

基準より少し短めにしましょう。
その分板の重量が軽くなり、取り回し易くなります。
またノーズ部分とテール部分が標準の長さよりも短くなるので、グラトリなどをするときのキッカケ作りがしやすい。

板の幅

板の長さと言えば、板の縦の長さもありますが板の幅も重要な要因になってきます。
下に主な幅の名称と該当箇所を載せておきます。

haba

一般的にスノーボードの幅というと、ウェスト幅を指すことがほとんどです。

幅の狭い板

スノーボードクロス用の板を一目みれば分かりますが、板が細い方がターンに切れ味が出ます
フリーラン中に鋭いターンで他を魅了したいなら細めの板をチョイスしましょう!

幅の広い板

一方の幅が広い板になると、安定感のあるライディングができジブなどのパークライディングをする人にオススメ
またモデルによってはワイドモデルという、通常よりも幅を広めに作ってある板が存在し
足が大きくてブーツビンディングに装着した時にあまりにも板よりも外側に出てしまうようなら、このワイドモデルを選びましょう。

②板の形状

板の形状は近年急速的に技術が進歩し、様々な形状が開発されてきましたが
大きく分けて2つの形状に分類されます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ディレクショナル

ディレクショナルとは、テールよりもノーズが長く、テールとノーズの形状が異なる板を指します。

※画像はノーズとテールの形状の違いを分かり易くするために大袈裟に描いています。
dhirekusyonal

なぜこのような形状をしているのかというと
高速走行した時にノーズが長いと板が安定します。

スポーツカーを想像してみると分かりやすいかと思いますが、前部が長いですよね。

下の写真のような、高速滑走をしたい人にはディレクショナル形状で決まり。

medium_6583113409
photo credit: ffo-sesp via photopin cc

ツインチップ

ディレクショナルに対してツインチップはノーズとテールの長さが均一で形状も全く同じ板のこと。

twintip

取り回しの良さが魅力。

車で表現するなら、軽自動車を想像してみると分かりやすく、前と後ろの長さが同じなので、高速走行には向いていませんが小回りは効きます。

またグラウンドトリックやジブをする時に、スイッチ(スタンスが逆になること)で滑る局面が多くなりますが、その時にツインチップだとノーズとテールの長さが一緒なので違和感なく滑ることができます。

下の写真のようなトリック系の滑りをしたい人はツインチップで決まり。

medium_4024317392 (1)
photo credit: http://jclabarca.com via photopin cc

ディレクショナルツイン

ディレクショナルツインという形状も一応存在するので説明しておくと、言葉のままですがディレクショナルとツインチップを足して2で割った形状です。
テールよりもノーズが長いが、ノーズとテールの形状は全く同じ。
オールラウンドにスノーボードを楽しみたい人向けには丁度良い!

ディレクショナル

板を真横から見た時の形状

keijo

ロッカー形状

ロッカー形状の板がリリースされた時、スノーボード業界に激震が走ったのを今でも覚えています。
キャンバーがなければ雪の上をターンすることは不可能だと考えられていたにも関わらず、あらゆる欠点を克服し今では当たり前のように各ブランドがロッカーを取り入れたボードをリリースしています。
ロッカーの中でも、UロッカーVロッカーなど新しい技術が開発されていますが、メリットは逆エッジになりずらいことや板がしなり易いのでプレス系トリックがやりやすいなどが挙げられます。
また浮力が強いのも特徴的でパウダーランに使用すると、より浮遊感を味わうことができ、特にパウダーランに慣れていなくても上手く滑れてしまう。

キャンバー形状

スノーボードの形状といったら、キャンバーが当たり前でした。
だからもう古いとか劣るのか
と思ったら大間違いで、ターンしているときの雪面の食い込み板をしっかりと踏んだ時の反発(オーリーなど高さが出る)など長年の開発によって培われた形状は確かなメリットを持っています。
ベテランスノーボーダーから言わせると、やっぱりキャンバーが正統派でロッカーは邪道という見られ方を時々されます。

ダブルキャンバー形状

ダブルキャンバーとは、板の中心はロッカー形状でテールノーズ両側のビンディングの下辺りがキャンバーになっているという、ロッカーとキャンバーの良い所を搔い摘んだ形状。
中心がロッカーになっているので、操作性が高く逆エッジにもなりにくく、ノーズ部分とテール部分がキャンバーになっているのでキャンバー特有の反発を感じることができます

その他の形状

フラット形状

ロッカー形状の板は、板の中心からノーズとテールが大きく浮いていますが、フラット形状は板の中心付近がピッタリと雪面に接地するような、丁度ロッカーとキャンバーの中間を狙ったような形状をしています。
トゥエッジとヒールエッジの切り替えが楽に、且つ素早くできるのがメリットとして挙げられ、感覚的な話になってしまいますが、キャンバーよりも楽に滑ることができ、ロッカーよりはかっちりと滑れます。

フラットロッカー形状

更にフラット形状とロッカー形状の中間を取った、フラットロッカー形状というものがあります。
ややこしいな。。。と思われるかもしれませんが、簡単に説明すると両足のビンディング間はフラットで、そこからそれぞれノーズとテールに向かってロッカーのように反りあがっている形状を指します。

③板の固さ

板の固さも板選びにおいて重要な点になります。

固さに2種類あり、縦方向のしなりの固さをフレックスと呼び、横方向のねじれの固さをトーションと呼びます。

スノーボードの板はこのトーションとフレックスがあるからこそターンやジャンプすることができます。

柔らかい板

初心者の方や女性の方は柔らかめの板がオススメで、少ない力で滑ることができます。
また上級者でも、グラトリやジブにおいて扱いやすいので好んで使う人もいます。

デメリットとしては、柔らかいが故に高速滑走した際に板がバタついてしまって安定しません。

初級者 スノーボード
photo credit: oefe via photopin cc

固い板

ある程度スノーボードの経験を積んでいて、脚力のある男性は固めの板に乗ってみると調子が良くなるかもしれません。
しっかりと板を踏めないと、固さからくるトーションやフレックスを上手く使うことができないので扱いづらいです。
反面しっかりと板を踏める滑りができれば、高速滑走の時に板のバタつきが少ないの美しいカービングターンができ、キッカーなどを使用してビックトリックを行うときも強い反発を上手く使えれば高さのあるトリックが出せます。

上級者 スノーボード
photo credit: Skistar Trysil via photopin cc

以上の3点をふまえて板選びをすることができれば、自分にピッタリの板を見つけることができるはずです。
自分に合った板で滑っていると、上達も間違いなく早くなりますし何しろ楽しいです。

高額な板=良い板?

札束

初めて買うスノーボード。
ショップに並んでいる板を見ていると、高額な板の方が良い板のような気がしますが、これは間違いです。
なぜ価格の高い板と低い板があるのか。
それは高額な板ほど、乗り手の細かい要求に応えることができるような板に仕上げられているからです。

例えば、

より高く・より速くを追求した時に、反発の強いカーボン素材やグラスファイバーなど高価な素材を使用する。

・ソールの素材もよりワックスが染み込みやすく、その土地その土地の雪質に合ったソールに仕上げてるために、研究された素材を使用する。

・こだわると大量生産することができないので、数量に限りがある。(希少価値)

などが挙げられます。

これは初心者が使ったところで板の性能を100%発揮することは難しいでしょう。
初めは自分の体格に合わせ、目指していくスタイルを決めておけば、入門用の3点セットでも問題ないでしょう。
3点セットはちょっとイヤだな。。。
という方は、各ブランドが入門用に扱いやすい板をリリースしているので、チェックしてみて下さい!

おすすめボードブランド

BURTON(バートン)

スノーボードブランドの重鎮“BURTON”
板の品質は確か。
長年多くのスノーボーダーに愛されているモデルであるCUSTOMはオールラウンドで使える融通の効く板で有名。

model : Custom Snowboard 15-16
creidt : jp.burton.com

burton BURTON-CUSTOM

RIDE SNOWBOARD(ライド)

今や世界の最前線で活躍している角野友基がスポンサーされているのがここ、“RIDE”
最近ではバックカントリーにてパウダーを十分に楽しむために作られた板がリリースされ、話題を呼んでいる。
右記のボードは角野友基が愛用しているモデル、HELIX
左右非対称のASYMMETRIC SHAPEというシステムを採用し、あまり板に踏み込まなくても切れ味鋭いターンを実現できる優れもの。

model :HELIX
creidt : ridesnowboards.com

RIDE RIDE-HELIX

K2 snowboarding(ケーツー)

スノーボードプロダクトを幅広く扱っている“K2″
初心者向けに低価格で高品質なボードの提供も行っており、入門板として購入するのに申し分のないブランド。
その中でも通称WWW(world wide weapon)はソフトフレックスで、扱いやすい板として定評がありオススメしたい板の一つ。

model : WWW 15-16
creidt : k2snowboarding.com

k2 snowboard K2-WWW

CAPITA SNOWBOARDING(キャピタ)

長くBURTONのライダーとして活躍していた、ジェイソンブラウンが立ち上げたブランド“CAPITA”
今期のチームムービーの名前にも入っている“Defenders of Awesom”とは、自分たちのカッコ良いと思うカルチャーやものを守っていこうという意味合いがある。
日本人のトップライダーである国母和宏もスポンサーされていて、今期は映像にも力を入れておりリリースされるムービーにも大きな期待がかかる。

model : Mercury 15-16
creidt : capitasnowboarding.jp

capita capita-mercury

Lib Tech(リブテック)

今では知らない人はいなくなったロッカーテクノロジーだが、その火付け役がLib Tech のSKATE BANANAでリリースされた時の衝撃は今でも忘れられない。
それからも様々なテクノロジーを搭載した板をリリースし続けているブランド。

model : SKATE BANANA 15-16
creidt : www.lib-tech.com

LIB Tech 1516-lib-Skate-Banana-Fun-800x800

GNU(グヌー)

世界で最も古く有名なマーヴィン社が板を生産している“GNU”
板の品質はもちろんだが、洗練されたデザインも注目すべきポイント。

model : HEADSPACE 15-16
creidt : www.gnu.com

gnu logo 1516-gnu-head-space-detail

ALLIAN(アライアン)

高軽量で日本の湿った雪でも良く走る高品質な板を毎年リリースしてくるALLIAN
人気モデルのPRISMは展開しているラインナップの中でも最軽量且つどんなスノーコンディションでも良く走る板として多くのスノーボーダーから信頼を得ている。

model : PRISM LINE 15-16
creidt : www.alliansnowboards.com

ALLIAN ALLIAN

FANATIC(ファナティック)

板の軽さに定評がある“FANATIC”
HONEYCOMBという、蜂の巣のような形状をした独自の技術を板の中の構造に取り込んでおり、反発力と軽量化を実現している。

creidt : www.fanatic-snowboards.com

fanatic ftc-twin

FLOW(フロウ)

ワンタッチで履けるステップインビンディングの印象が強いFLOWだが、板のプロダクト展開もしており高品質。

model : Canvas 15-16
creidt : www.flow.com

flow snowboard FLOW_CANVAS_SNOWBOARD__84719.1428942540.1280.1280

gray snowboards(グレイ)

真に乗りやすいスノーボードを目指して1998年に設立された国内ブランドで、独自の設計力は自社工場を持っていないとは思えないほどのクオリティを誇る。

creidt : www.graysnowboards.co.jp

graysnowboards genius

SALOMON SNOWBOARDS(サロモン)

1947年にフランス・アルプスで誕生したSALOMONは、スノーボードは元よりスキーやマウンテンランニングシューズなどのマウンテンスポーツの製品をより良くしていこうという情熱を持って直走るブランド。
長年の経験とライダー達のフィードバックから得た知識を元にしたプロダクトは一級品だ。

model : THE VILLAIN CLASSICKS 15-16
creidt : www.salomon.co.jp

salomon l37797300_fts

STEP CHILD(ステップチャイルド)

世界最高のジバーを抱える“STEP CHILD”
ジブやるなら一度は乗ってみたいブランド。

stepchild-lo kam-knife-snowboard

Signal snowboards(シグナル)

自社工場を設立してから、更に板のクオリティが高まった“SIGNAL”
これからの動向に目が離せないブランドの一つと言って良い。

model : Jake Oe 15-16
creidt : signalsnowboards.com

signal-snowboards SIGNAL-lake-oe

Volkl(フォルクル)

スキー板のイメージが強いVolklだが、スキー板の製造から得られた経験が存分にスノーボードにも注がれている。

creidt : www.voelkl-snowboards.com

Volkl-logo volkl snowboard

ROME SDS(ローム)

独自のスノーボードに対する価値観をブランド全体で表現し続けている“ROME”
一度虜になると、ブランドにハマってしまうほど大きな魅力を放ち続けるブランドだ。

model : WHITEROOM 15-16

rome_sds_logo 16rome-WHITEROOM

011 artistic

グラウンドトリックといえばこのブランド“011 artistic”
全ての板がOGASAKA工場で作くられておりクオリティが高く、板の表面のラメ加工もこのブランドの特徴的です。
国内ブランドで人気のあるモデルを数多く送り出していて、その代表作ともいえるモデルが”FLAT KING”で、グルングルンに回したい人は乗ってみるべし。

creidt : www.011artistic.com

011 artistic flatking_1461

YONEX(ヨネックス)

日本が世界に誇るスノーボードブランドといえば“YONEX”
テニスなどで培った独自の技術を活かした板作りをしている。
カーボンを使った反発のある板が特徴。

model : SMOOTH 15-16
creidt : www.yonex.co.jp

yonex-logo smooth

女性におすすめのボードブランド

ROXY(ロキシー)

レーディースボーダーはマストチェックしなければならないブランドといったら、もちろんROXYでしょう。
女性の脚力でも充分に対応できるように作られた板の操作性や滑走性はピカイチ。
海外のトップレベルのボーダーにも愛用されているので、一度は乗ってみたいブランドです。

model : banana smoothie 15-16
creidt : www.roxyjapan.jp

CORP_roxy2 roxy-banana-smoothie-2016-750x750_1

SPOON(スプーン)

スノーボードの板でもガーリーに攻めたいなら抑えておきたいブランド、SPOON
板のフレックス・トーション共に柔らかく作られている板が多く、女性が初めて使う板としても最適です。

model : FLY 15-16
creidt : www.spoon-web.com

spoon スノーボード 16FLY

R/ForA magazine 公式ツイッターアカウントでのアンケート結果

スノーボードの板に関しても圧倒的なブランドの強さを魅せたBURTON
その他のブランドを合算しても、BURTONが勝利する形になりました。
2016年でCUSTOMシリーズ発足から20年が経ち、メモリアルイヤーになったわけだが、そのスノーボードプロダクトに対する熱い想いと進化は未だに留まることを知らない。

その他のコメント

WOWチャンネルでも有名な笠原啓二郎がスポンサードされていることで有名なNovemberというコメントも寄せられました。

バックカントリーからフリーランまでこなせるオールラウンドボードが魅力的で、コアなスノーボーダーに人気の高いLIB TECHという声も。

BURTONの板をご購入の方はこちら

61DKee3jebL._SL1000_

初心者に最適な入門モデルとしてリリースされている、BURTON 2015-2016モデル CLASH が通常45,360円のところ、下記のリンクからお買い上げの場合18,844円引き(42%OFF)でお買い求め頂けます。
板のサイズも、139・145・151・155・158・160と取り揃えているので、自分のサイズにぴったりのもの(サイズの選び方は本記事を参考にして下さいね!)を購入できます。

購入を検討していた方はどうぞ!

※Channelシステムを採用している板のため、BURTONのChannelシステム対応ビンディングのみ装着することができます。
4×4の4本のビスを使って板に装着するタイプのビンディングは装着できませんのでご注意下さい。


多種多様なブランドがスノーボードの板をリリースしていますが、それぞれ熱い想いを持ちブランドコンセプトを大切にして展開しています
板を選ぶ時はこのコラムをまずは読んでから実店舗に足を運んで、実際の板を5感で感じてから購入するようにして欲しいです。

なぜなら板との出会いは運命そのものだと思うからです。
自分を雪上でどう表現したいのか、その良き相棒との素晴らしい出会いが読者の皆さんに訪れることを心から願っています。

 
 
当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。


この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る