自己流でいく?スクールに行く?サーフィンが上達できるコツ!

サーフィン スクール

まずは基本を学ぶ!サーフィンスクール

サーフィンスクールとは、サーフィンの基本を教えてくれるスクールになります。
そのため、上達するまでの道のりが最短で済み、きちんとした知識がある人から学ぶことができるので、安心して任せることができます。
また、意外な落とし穴であるルールマナーなども学ぶことができるので、より実践的な知識がつきます。

なによりサーフィン仲間ができるというメリットがあります。年齢や境遇も違うような人たちとの結びつきの場となっているのです。

ウェットスーツサーフボードなどをまだ購入していない場合でも、レンタルしてくれるスクールもあります。
そして、ウェットスーツやサーフボードを購入すると、授業料が無料という制度も多くあります。
上手に活用することで、お得に利用することができることもあります。

ひたすら練習あるのみ!自己流で頑張る!

サーフィン練習

サーフィンをはじめてから、自己流で頑張ってみるというパターンもあります。
サーフィンが盛んな海にいけば、上手な人がたくさんいます。
そんな人から技術を盗んでいけばいいのです。

更には何度も通えば、上手な人と知り合いになることもできるでしょう。
特定のエリアに足しげく通えばローカルの人やサーフィンが上手い人に、より教えてもらえるようになり、サーフィンの友達がどんどん増えていきます。
そうするとプライベートが充実していくことになります。そして、海に行くと友達に会うことができることから、積極的に海に行くようになるはずです。

そうすると、たくさんのことから刺激を受けることができ、加速度的に自分の世界が広がっていきます。そして、毎日がとても満足しているような状態になります。

イメトレも大事!動画を見よう!

サーフィンの技術をあげるためには、動画を見ることもおすすめです。
動画の場合、気になるポイントで一時停止をしたり、何度も見たりすることができます。
そうすることにより、コツをつかみとることができ、上達を速めてくれます。
実際に目で見るだけで感覚を掴みとるということはかなり難しいので、動画などを通じて分かるまで何度も見続けるということは、とても参考になるはずです。

そして、日本にいては難しい、海外の人がサーフィンに取り組む様子も見ることができます。やはり文化が違うので、使っているわざにも違いがあり、今までに見たことがないようなサーフィンを見ることができるのです。

そうすることにより、幅広い視野を培うことができ、様々な角度から楽しむことができるような多様性が見につきます。そのため、より一層魅力を見つけることができます。

TOP photo credit : ChameleonsEye / Shutterstock.com

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る