スケートボードが正式種目として採用されることを目指し作成された”Road to Tokyo”が遂に公開

  • 2016-5-11
  • スケートボードが正式種目として採用されることを目指し作成された”Road to Tokyo”が遂に公開 はコメントを受け付けていません。
road to tokyo

今年の8月にリオ・デ・ジャネイロで行われる第129次IOC総会にて、スケートボードが正式にオリンピック種目として採用されるかが決定する。
詳しい情報は下記記事を参考にして欲しい。

そんな中、スケートボードの正式種目採用を願って、NOMAD Skateboardsが制作した映像が“Road to Tokyo”

映像の大まかな内容としては、スペインから東京まで総距離6600kmを8名のスケーターが、オリンピックでは恒例行事として行われる聖火リレーをモチーフとして、1枚のデッキを乗り継ぎ、開催地である東京まで運ぶというもの。
日本に到着してからは、ラストスケーターとしてワールドワイドに活躍する“小島優斗”がデッキを受け取る。

世界中のスケーターが、スケートボードのオリンピック種目採用に対して熱い想いを持っていることが伝わる映像となっている。
本編は20分40秒となっており、見応え十分の内容だ。

本編

 

TRAILER

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る