技術が必要なサーフィン!一番最初に難しいと思ったこととは?

サーフィン 難しい

サーフィンはボードの上に立って波に乗ることで楽しむスポーツですが、初めてサーフィンをやった時に難しくて大変だったと思うことがいろいろとあるかもしれません。
波に乗るタイミングやボードの上に立つことはもちろん、バランスを取り続けるのが大変であったりと上達するのに様々な苦労がありそうです。
そこで今回のアンケートでは、サーフィンを初めてやった時に難しいと感じたことは何かうかがってみました。

ad

R/ForAの公式YOUTUBE Channel絶賛運用中!
動画コンテンツでR/ForA MAGAZINEを楽しみたい方は、上のYou Tubeバナーからチャンネル登録。

最初に立つのが難しい?ボードの上に立つにはバランスが重要!

サーフィン立つ

アンケートの結果によると、多くの人がボードの上に立つのが難しいと回答していました。

ボードの上に立ち上がること。上手く立ち上がれるようになるまで丸一日掛かった。
(30代/女性/専業主婦)
一番初めなら、ボードに立つことが難しかったです。間違いなく立てるまでに5回(5日)はかかりました。
(30代/女性/無職)
サーフボードの上に立つのは、簡単だろうと予想していたのだが、とても難しく、全然できなかったと思う。
(40代/男性/パートアルバイト)
やっぱりなかなか立てなかったことです。立つまでが難しかったです。
(30代/女性/専業主婦)
初めてやる時に難しかったのは、波に乗るというよりは、ボードの上に立ち上がるのがとても難しかったです。
(20代/女性/専業主婦)
まずボードに立つこともできませんでした。まずはこの練習からはじめました。
(30代/女性/専業主婦)
波乗りするとき、ボードの上に立とうとしてもひっくり返り、20回目でようやく5秒間乗れたこと。
(30代/女性/専業主婦)

波に乗るのもバランスを上手に取り続けるのも難しいでしょうが、それ以前にボードの上に立つこと自体が難しいと言えるようです。
一見ボードの上に立つだけなので簡単そうに見えますが、常に揺れている水面の上に立つのはバランス感覚も必要でしょうし、少なからずボードから落ちると言った恐怖も相まっているのかもしれません。
何回も挑戦することで徐々にコツを掴み、バランス感覚を上手に取ることでようやく乗れた時には喜びも大きいのではないでしょうか。

ボードの上に立つのは簡単そうに見えて難しく、練習が必要?

サーフィン練習

今回のアンケート結果ではほとんどの人が初めてサーフィンをやった時にボードの上に立つのが難しいということが分かる結果になりました。

サーフィンはただ波に乗るものではなく、全身を上手く使ってバランスを取りながら上手に波に乗るスポーツですから、波に乗る時もボードの上に立つ時もバランス感覚が重要になるでしょうし、練習を重ねないとボードの上に立ち続けることすら難しいかもしれません。コツを掴む為にも何回も繰り返して練習する必要性がありそうですね。

アンケート概要

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■有効回答数:100サンプル

photo credit : ChameleonsEye / Shutterstock.com

ad
R/ForAの公式オンラインストア開設!
このオンラインストアでしか購入できないステッカーなどもラインナップ中。
上のR/ForA STOREバナーからどうぞ。

コメント全データ

質問 : “サーフィン経験者に質問です!初めてサーフィンしたときに難しかったことは?”

回答一覧

  • 波に乗ることよりも、沖に出ることの方が大変でした。意外と立つことは波が来れば簡単でした。
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 泳げないと息継ぎができないし、体力が持たないということを知りました。
    (30代/女性/無職)
  • パドリングして沖に出ることすらできませんでした。なかなかサーフボードはいうことを聞いてくれませんから。
    (40代/女性/専業主婦)
  • なによりもまずホードの上にたつ事がすごく難しかった。イメージができればベットの上などで練習しておくのも時間の節約になる。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 板の上に立つ時ですね。やはり大変でした。
    (30代/女性/会社員)
  • 波にのるタイミングをはかることですね。全然分かりませんでした。
    (20代/女性/会社員)
  • パドリングで前に進むのに体力を使うこと。沖に出るまでにくたくたになってしまった。
    (40代/男性/会社員)
  • まずは板の上にたつ事が一番難しかったです。たってしまえばあとはバランスをとりながら並にのるだけだから。
    (20代/女性/専業主婦)
  • 波が来るタイミングで立ち上がるのが無理でしょと思い、慣れるまで時間がかかりました。
    (40代/女性/その他専門職)
  • やはり板に乗るまでが一番大変です。
    (20代/女性/自営業(個人事業主))
  • やはり、恐怖心を克服することが、一番難しかったのではないかと思う。
    (50代/男性/会社員)
  • 波待ちをする時、ボードにまたがりバランスを取って座っている事。
    (50代/女性/会社員)
  • 実はサーフィン用のウェットスーツを着るのが難問でした・・・。
    (40代/女性/会社員)
  • ボードの上に立つことがもっとも難しかった。次にターンする事かな。
    (40代/男性/会社員)
  • とにかく波のご機嫌をうかがいながら、逆らわずに波に乗ること。その加減が難しかった。
    (40代/男性/会社員)
  • 海で沖までボードを持っていって、そこからどのタイミングで波に乗ればいいのか解りませんでした。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • サーフィン経験者です!初めてサーフィンしたときに難しかったことはバランスです。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • 初めてサーフィンをしたときに難しかったことはボードの上に立つことです。何度も練習するうちにようやく乗れるようになり、最高に気持ちよかったです。
    (20代/男性/学生)
  • ボードに乗って沖に出ること。そんな初歩的なことから難しかったです。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 波を見つけてもボードの上に立ち上がれないばかりか、そこまでたどり着く前に転倒してスタートにも立てない。
    (30代/男性/会社員)
  • 初めてサーフィンしたときに難しかったことは、サーフボードに立つ事です。
    (30代/男性/パートアルバイト)
  • 初めてサーフィンをした時に難しかったことは、全部ですね。泳ぐ事も苦手だったので、苦労しました。
    (30代/男性/会社員)
  • いい波を選ぶこと。波に乗り、板の上に立つのが一番苦労しました。
    (20代/男性/会社員)
  • ボードに全く立てずに1日が終わった。あと予想以上の波の圧になれるのが大変でした。
    (30代/女性/会社員)
  • とにかく波をとらえるのが難しかったです。波に乗れないとなにもはじまらないのに波をつかまえられませんでした。
    (20代/女性/会社員)
  • やりたい気持ちがあってもやはり最初は恐怖も感じるので、まず海辺からボードで行くのが難しかった。
    (10代/女性/学生)
  • サーフィンをしたときに難しかったことはパドルです。また、立つのも大変です。
    (40代/女性/パートアルバイト)
  • ボードの上に立つことです、最初は立つこともまともに出来ませんでした。(70代/男性/無職)
  • 波にのるタイミングが分からなかった。バランスがなかなか取れなかった。
    (40代/女性/その他専門職)
  • 海に入るタイミングです。他人との距離感が分からないので、迷惑かけないタイミングはいつなのか、海に入る時に凄く気後れしました。
    (30代/男性/会社員)
  • 波に合わせて動き出すのですが、そのタイミングが一番難しかったです。
    (30代/男性/会社員)
  • バランスよく立つのが難しかったです。ただある程度深いところでやったので落ちても痛くないとわかっていたのは心強かったです。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 「横に滑る」ということに苦難したことを覚えています。みていると簡単に感じることですが、ここであきらめてしまう人がおおくいるほどのことですので、皆が感じることなのかなと思います。
    (30代/女性/その他専門職)
  • 海を聞く事、それによる動作を取れるかどうかが一番心配だった。当然、すぐ倒れた。
    (30代/男性/会社員)
  • 基礎体力がなかったので、パドリングの段階で疲れてしまいました。
    (50代/男性/無職)
  • 波という不安定な所の上なので、バランスをとることが難しかった。
    (20代/女性/会社員)
  • 波が来る来ないに関わらず、海の中で足が地面につかない状態からサーフボードに立ち上がる動作はなかなかうまくできませんでした。
    (40代/男性/会社員)
  • 初めてサーフィンをした時に難しかった事は、ボードの上に立つ事です。
    (50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 初めてサーフィンしたときに難しかったことはバランスですね、たつこともできないから
    (30代/男性/会社員)
  • 一体どの波に乗ればいいのか短時間で判断が全然できなかったこと。
    (30代/女性/専業主婦)
  • サーフボードになかなか海の上で立つことがとても難しかったです。
    (10代/女性/学生)
  • 初めてサーフィンしたときに難しかったことはボードの上に立ってバランスを取ることです。
    (30代/男性/会社員)
  • ボードの上に乗り手で漕ぐのが難しいなと感じました。下は水だし怖さも強かったので余計に上手くいきませんでした。
    (40代/女性/専業主婦)
  • やはりボードに乗りバランスを保つことですね波に乗るのは二の次的な感じでした
    (20代/男性/自由業・フリーランス)
  • 初めてサーフィンしたときに難しかったことは、まずたてないということですね、最大の難関ですよ
    (30代/男性/会社員)
  • 初めてサーフィンしたときに難しかったことは、波が高くて上手にできなかった。
    (30代/男性/無職)
  • 波に乗るタイミング。1つの波にサーファーは一人という鉄則を守っていたところ、なかなか乗れませんでした。
    (50代/女性/専業主婦)
  • やはり子供の頃ですが 波を読み切れない事ですか 遠巻きに見てると簡単そうなのですが。
    (50代/男性/会社員)
  • とにかくボードの上に乗ることが難しく、長く乗っていることが出来なかったです。
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • 両足で立つことです。スタンディングの基本的なことを繰り返し練習してました。
    (40代/男性/無職)
  • サーフィンを初めて一時間もしないうちに乗れたので苦労したことは全くありません
    (30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 難しかったですね。もう転びまくりました。転び倒してようやくという感じです。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • テイクオフがとにかく難しかったです。何度も落ちたし、鼻から水も入ってきたし、泣きそうでした。が、負けず嫌いなので立てるまでやり続けました。
    (20代/女性/パートアルバイト)
  • 立ったあと立ち続けることですね。難しいです。
    (30代/男性/会社員)
  • サーフボードに乗ることがまずできない。すぐに海面に落ちてしまう。
    (30代/男性/パートアルバイト)
  • あこがれてたけど いざやってみると自分にはいまいち合わないかもとおもったときがあり 続けて通うかどうかを決めることがむずかしかったです
    (50代/女性/自由業・フリーランス)
  • バランスの取り方。不定形、不安定な海面では、ボードに立つことがまず大変だった。
    (30代/男性/会社員)
  • 初めてサーフィンをした時に難しかったのは、サーフィンに乗ることでした。
    (20代/女性/無職)
  • ボードの上にうつ伏せに乗り、両腕でパドリングして波に乗るタイミングが難しかった。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 波の動きがつかめないので、板の上に寝転んでいるもやっとであるため、動きに合わせて行動するのが難しい。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 波に乗るので精一杯でしたし、ボードには一生乗れないような気がしていました。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 何が大変かって、水の上で立つってことでした。今でも、うまくたてませんが。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 波に乗るタイミングがさっぱりわからなかった事と、板に立った時のスタイルが定まらずすぐこけてしまう事。
    (30代/女性/専業主婦)
  • 海に入ること。離岸流に気をつけるとかそもそも海に対しての認識が甘かった。
    (20代/男性/無職)
  • ドルフィンスルー。とにかくこれができないと沖に出て波キャッチできない。パドルと波待ちからの方向転換。
    (40代/女性/専業主婦)
  • パドリングが予想よりかなり難しかった。波とのリズムが合わず、安定しない。
    (30代/女性/その他専門職)
  • やはり、波に乗ることすら難しいですし、ボードの上に立つことも怖かったです。
    (40代/女性/自由業・フリーランス)
  • もう全部が難しかったです!!もともと運動神経が悪いので、なにもかもうまくいかず。
    (30代/女性/契約派遣社員)
  • まず、ボードにうつ伏せに乗っかり手でこぐことでした。ひっくり返りそうになるし、腕の力が思った以上に必要でした。
    (30代/女性/専業主婦)
  • ボードの上に立ち上がること。陸の上では簡単にできても、水の上では不安定で難しかった
    (40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 何の支えもなく、海上でボートの上にきちんと立つこと。あれは慣れるまで無理。
    (30代/男性/その他専門職)
  • なかなかボードの上で立つことが出来ませんでした。見ていると簡単そうなのに。
    (20代/女性/会社員)
  • なかなか波に乗ることができずに何度も倒れてしまい大変でした。
    (30代/女性/無職)
  • 溺れちゃったらどうしようという、不安とのたたかいに勝つ、でしょうか。
    (40代/女性/会社員)
  • 一番難しかったのは、やはり海の上で板に乗るっていう事でした。
    (20代/女性/無職)
  • 海に出るまでです。上手い人に混じってやるのがこわかった
    (30代/男性/会社員)
  • ボードの上でバランスをとり続けることです。一瞬立つだけなら勢いでできますが、そのままボードに乗っているにはバランスをとり続けなくてはなりません。最初は恐怖と焦りで、なかなかできませんでした。
    (30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 見ているだけでは伝わらなかった波の威力の大きさに驚きを隠せませんでした。
    (10代/女性/学生)
  • ボードに立つ行動をするとき。アレは生まれたての動物に近い感じのヒザガクです
    (30代/女性/パートアルバイト)
  • まずは平衡感覚やバランスを水の上でいかに保つことができるかということですね。さらにボードから落ちる恐怖心をどれだけ払しょくできるかということもです。
    (40代/男性/無職)
  • まず、沖にでるのも、波待ちすることもむずかしかった気がします。
    (30代/女性/自由業・フリーランス)
  • まずボードに乗ること自体が難しかったですし、今でも失敗することがあります
    (30代/女性/会社員)
  • 海に慣れていないので、ジョーズなどを想像して怖くなったりと、波への恐怖感を払しょくするのが大変でした。
    (20代/女性/学生)
  • 板にのることが難しかったです。波がきてもバランス感覚が必要です。
    (30代/男性/会社員)
  • すべて、何もかも。とくに、サーフボードに立つことが大変だった。
    (40代/女性/専業主婦)
  • 海水が目にはいることに加え、波に乗るのもバランスとるのも未だに難しいです。
    (20代/女性/会社員)
  • サーフィンは凄く難しいもののイメージがあったけどできたことです
    (10代/女性/学生)
  • ボードに乗る事です。乗れても立つのに大変でかなり練習しました。バランス取るのが大変でした。
    (20代/女性/会社員)
  • パドリングで進むのが地味に大変でした。
    (20代/男性/パートアルバイト)
  • 波が来た時にパドリングして進むタイミングと立ち上がる事です。
    (40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 波の上に立つということが難しくて、何度も海の中に消えました。
    (20代/女性/契約派遣社員)
  • パドルとドルフィン テイクオフなんて夢のまた夢って感じでした。
    (30代/男性/会社員)
  • パドルの腕がすぐに疲れて遅い事やボードの上でバランスをとるのが難しかった。
    (40代/女性/専業主婦)

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る