見たことあります?スニーカーNew Balance(ニューバランス)の製造過程公開

new_movie

目次

スニーカーについて

New Balance(ニューバランス)とは

製造過程ムービー

スニーカーについて

最近は天気良いですね。気分上々。
散歩したいなぁとは思いつつ、やっぱり今朝も寒さには勝てませんでした。
ただ、昼間は出かけていたのですが、何より雨も降らず、足下もぬかるむ事なく歩行がスムーズ。
非常に。びちゃとか、 どぅるとか、知らずです。嬉しいです。うれしい限り。
てことで、無理くりですが今日は足元の話。靴の話です。
急激に寒くなってきたこのシーズン。コート、ブルゾン、ジャケット・・・アウターに目が行きがちではありますが。
確かに勿論それも大事なんですが、やっぱり「ファッションは足下から」とはよく言いますよね。
「人を見る時は靴を見ろ」ともよく言います。そして、余談ですが僕自身も靴は好きです。
革靴の製法なんかは各国、各メーカー、多種多様なこだわりがあって感心します。
スニーカーも色んなモデルがあって楽しいですよね。革靴に比べると、カラーバリエーションもいっぱいです。
ということで、今日はスニーカーの話です。
いわずとしれた、みんな大好き「New Balance(ニューバランス)」のご紹介です。

New Balance(ニューバランス)とは

newbalance_logo
ニューバランスを履いてる人って街でも多く見かけます。ニューバランスを履いてるだけで少しお洒落に見えたりもします。
ブランドとしては、古い歴史があるスニーカーブランドで実に100年の歴史が有ります。
アメリカのシューズメーカーであり創業当初は、サポートインソールの製造メーカーでした。
その技術をもとに作り出した矯正靴がスニーカーブランドとしての歴史の幕開けです。
そして、今では その丁寧な作りによる実用性とデザイン性で多くの人を魅了しています。
とくに、1300シリーズはラルフ・ローレン氏が「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したことでも有名です。
New-Balance

製造過程ムービー

そんなニューバランスの製造過程の動画を見つけました。
あんまりファッションアイテムの製造過程って見る機会ないとは思いますが、これはなかなか面白いです。感心。
ニューバランス好きの人にとってもあんまり見る機会が無いもので、興味があった人も多いんじゃないでしょうか。
是非、ニューバランスをお持ちの方も検討中の方も興味ない方もこの動画は一度見て頂きたい。
凄く丁寧です。履きたくなります。見る目変わります。作りたくなります。

 

当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。

この記事の著者

ニシムラジュン

ニシムラジュンクリエイティブ

インターネットが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る