FISワールドカップ開幕戦@NZの男子SSハイライト

FISワールドカップ開幕戦@NZの男子SSハイライト

先日、ニュージーランド・カードローナで、FISワールドカップ男子スロープスタイルが行われた。
結果からいうと、アメリカの15歳、Chris Corning(クリス・コーニング)が初優勝を飾り、日本の角野は2位、カナダのMichael Ciccarelli(マイケル・シサレッリ)が3位で今季初戦を終えた。映像ではトップ3のランを見ることができる。
優勝したクリスはジャンプでFS1080→BS1260→CAB1260を決めトップに立ったのだが、その前の2本のランでミスをして後がない角野は、CABダブルコーク900→FSダブルコーク1080→BSトリプルコーク1440を見事にメイク!
あわや逆転とも思われたのだが、ジャッジの判定ではクリスに軍配が上がった。この判定に疑問を抱くのは、著者が日本人だからではないはずだが……。

ともあれ、今季も角野の活躍が見らそうなことはマチガイない。

 

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る