MANBOYS×國母カズ、工藤洸平らによる超巨大スパインセッション

MANBOYS×國母カズ

この春、カナダ・ウィスラーにて行われた、MANBOYSクルーたちによる巨大スパインセッションの映像がアップされた。MANBOYSは、カナダ・ウィスラーの実力派ライダーたちによって結成され、Mark Sollors(マーク・ソラーズ)、Rusty Ockenden(ラスティ・オケンデン)、 Jody Wachniak(ジョディ・ワシュニアック)、Robin Taylor(ロビン・テイラー)、Matt Belzile(マット・ベルジール)、Chris Rasman(クリス・ラスマン)らが名を連ねる。

そのメンバーに加え、米トランスワールド誌によるムービーORGINNS撮影のためにカナダを訪れていた國母カズ、工藤洸平、テディ・クー、そしてArthur Longo(アーサー・ロンゴ)らが、セッションに参加。 回転数やトリックの難易度ではなく、スタイルで魅せる彼らのセッションは超クール! お互い刺激し合いながら純粋にセッションを楽しみ、メロウに宙を舞い、クリエイティブなエアを繰り出していく姿は、見ている者をワクワクさせてくれる。

 

この記事の著者

Makiko Kishino

Makiko Kishinoライター・エディター

白馬でスノーボードショップを営む、元スノーボード誌編集者のフリーライター。
田舎ライフをマイペースに満喫しながら、とことん遊びを追求しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る