新たな可能性を秘めた撮影方法 ~追尾式ドローン “Lily”~

cap00009

サーフィンやスノーボードの撮影にドローンが利用され始め、飛躍的に撮影アングルや表現方法が増えたことは周知の事実だろうが、そのほとんどが人による遠隔操作が必要だ。
そんな中でリリースされようとしている、“Lily”は追いかけるための目印となるトラッキングデバイスを身につけている人を追尾しながら飛行し撮影してくれる優れたドローンだ。

発進の仕方も実にクールで、上空に向かって手で投げると起動しその場でホバーリングを開始。
また、雨などに濡れても防水加工が施されているので問題無し。
フルHDでの撮影はもちろんのこと、スーパースロー映像も撮影が可能で、フライト可能時間は20分

1人での撮影でも大いに役に立つことだろう。

詳細

発売予定 : 2016年2月
市販価格 : 999ドル(約12万円)

 

 

この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミ

R/ForA magazine 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。
skateboard,snowboardを嗜む程度にやります。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る