なぜ27歳で死んでいく?伝説のアーティストたち「27club」

TOP >  未分類 > 
27-club

27club(27クラブ)とは?

なぜ「27歳」?

代表的有名人

こんな噂も・・

27club(27クラブ)とは?

27クラブ(トゥエンティセブンクラブ・にじゅうななクラブ)は、27歳で他界したロックやブルースのミュージシャンをさす。クラブ27やフォーエバー27クラブとも呼ばれている。
当初は、27歳で他界した「カート・コバーン」「ジミ・ヘンドリックス」「ジャニス・ジョプリン」「ブライアン・ジョーンズ」「ジム・モリスン」の5人が27クラブと呼ばれていた。
が、現在では27歳で他界したミュージシャンを総称して27クラブと呼ぶことが多い。

なぜ「27歳」?

「27クラブ」の謎に迫るうえで、ある研究チームの報告を引用させていただきたい。

「27歳」鬼門説

オーストラリアで統計学を専門とする研究グループによると、かねてから噂されていたミュージシャンの「27歳」鬼門説は事実ではないとのことである。

チームは、1956年〜2007年のイギリスのアルバムチャート1位を獲得したミュージシャンのうち1046名の死に関して調査した。その結果、「27歳」が死亡率の高い年齢では決してないことが明らかになった。
しかし同時に、イギリスにおいて一般人(イギリス人)と比べるとミュージシャンの死亡率は20代〜30代の間では2倍〜3倍の数値に跳ね上がることが判明した。
これはどういうことなのであろうか?裏には何があるのか?次の見解を見てみることにする。


単なる偶然に過ぎないのか

以上の研究結果をふまえチームは、「27クラブ」という伝説は単なる偶然に過ぎないと示す。

まず1970年代〜1980年代初期において20代〜40代での死亡例は、1980年代後半に入ると死亡率が高かった年齢層での死亡例がゼロとなる事実がある。
つまり、1970年代〜1980年代初期に20代〜40代のミュージシャンに限って特別な何かがあるということ。
そして、チームが出した結論は「薬物」であった。

薬物が蔓延していたハードロックがメインストリームだった時代から徐々にポップミュージックへ流れが移行していったこと、そしてヘロインなどの薬物の過剰服用への治療法が向上したことが、先ほどの研究結果「死亡率ゼロ」の何かしらの要因になっているのではないか、ということである。


神話といえるのか

薬物に関しては時代の流れもあり、当時の背景を現代では想像することも難しくはある。
が、「27クラブ」には何か薬物だけでは片付けられない、何か神話めいたものが確かにあると私は思っている。
実際に数十人の有名アーティスト・ミュージシャンが「27歳」を迎えると、こぞってこの世から姿を消しているのである。それは格好よくもあり、どこか悲しくもある。
そして死んでしまえば、やっぱりそれで終わってしまう。だったら、末永く私たちを楽しませてくれるような生きる伝説をつくってくれるアーティストがいてもいいのかなとも少し思ってしまう。

代表的有名人

いかに挙げる代表的な有名人の他にも、数十人のアーティストが27歳という若さで死亡している。
たとえば、最初の「27クラブ」メンバーといわれる「ロバート・ジョンソン(アメリカのブルース歌手)」や、「リッチー・ジェームス(マニック・ストリート・プリーチャーズのギタリスト)」などである。
挙げだすときりがないので、以下代表6人。


ブライアン・ジョーンズ

フルネーム:ルイス・ブライアン・ホプキンス・ジョーンズ(Lewis Brian Hopkins Jones)
国:イギリス
生没年:1942年2月28日 – 1969年7月3日
ジャンル:ザ・ローリング・ストーンズの元ギタリスト
死因:アルコールとドラッグの影響で溺死

brianjones

photo credit: p.twpl.jp


ジミ・ヘンドリックス

フルネーム:ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix)
国:アメリカ合衆国
生没年:1942年11月27日 – 1970年9月18日
ジャンル:シンガーソングライター
死因:飲酒しながら睡眠薬を併用した事による中毒・睡眠中に嘔吐した事による窒息死

jimihendrix

photo credit: kakereco.com


ジャニス・ジョプリン

フルネーム:ジャニス・リン・ジョプリン(Janis Lyn Joplin)
国:アメリカ合衆国
生没年:1943年1月19日 – 1970年10月4日
ジャンル:ロックシンガー
死因:ヘロインの過量服用

janisjoprin

photo credit: amassing2.sakura.ne.jp


ジム・モリソン

フルネーム:ジェームズ・ダグラス・”ジム”・モリソン(James Douglas “Jim” Morrison)
国:アメリカ合衆国
生没年:1943年12月8日 – 1971年7月3日
ジャンル:ドアーズのボーカリスト・作詞家
死因:心臓発作

jimmorrison

photo credit: hindukush-sea.cocolog-nifty.com


カート・コバーン

フルネーム:カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain)
国:アメリカ合衆国
生没年:1967年2月20日 – 1994年4月5日
ジャンル:ニルヴァーナのボーカル兼ギター
死因:ショットガン自殺

kurtcobain

photo credit: item.rakuten.co.jp


最近では・・・

エイミー・ワインハウス

フルネーム:エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)
本名:Amy Jade Winehouse(エイミー・ジェイド・ワインハウス)
国:イギリス
生没年:1983年9月14日 – 2011年7月23日
ジャンル:ソウルミュージック・ジャズ・R&Bのシンガーソングライター
死因:アルコール中毒

amywinehouse

photo credit: www.music-lounge.jp

こんな噂も・・

radygaga

photo credit: gigazine.net

以前ドラッグ依存を認める発言で話題になった「レディー・ガガ(Lady Gaga)」は、27クラブに仲間入りするのではないかとささやかれていた時期があった。(今は無事28歳を迎えている。)
当時ガガは、1日に15本のマリファナ煙草を習慣的に吸っていたという。しかし、その噂を受けてガガはこう話した。

「みんなに証明してみせる。27歳より長く生きるって。人々の記憶に残るように、若死にしなくちゃならない。そんな雰囲気の流れを変えたいと思っている。伝説として覚えられるようにまず死ななければならないなんて、不健康な考え方。」

そんな噂もジンクス?も吹き飛ばし、今でも華やかな衣装に身を包み最高のパフォーマンスで人々を魅了している。今となっては、笑い話である。

 


 
source: wikipedeia / ro69.jp / matome.naver.jp
photo credit: obatadictum.wordpress.com
 
当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。

この記事の著者

ニシムラジュン

ニシムラジュンクリエイティブ

インターネットが好きです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る