Hysteric Glamour(ヒステリックグラマー)


Warning: curl_setopt_array(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/rfora/giver.jp/public_html/wp-content/plugins/alpine-photo-tile-for-instagram/gears/alpinebot-primary.php on line 382

 

logo-hysteric-glamour

 

Hysteric Glamour(ヒステリックグラマー)

データ

国: 日本

設立: 1984年

創業者: 北村信彦

ジャンル: アパレルブランド

アイテム: Tシャツ、ボトムス、ジャケット、etc…

魅力

セクシーな女性アイコンが印象的なヒステリックグラマーは、60~80年代のロックやアート・サブカルチャーのテイストを取り入れたデザインが人気のアパレルブランド。シルエットが細身であることが特徴。カラー展開はさまざまではあるが基本的には、モノトーン(白黒)テイストであり人気の要因のひとつ。ブランド誕生以来は、あまり流行やトレンドにデザインやコンセプトが影響されること無く、独特のスタイルを貫いている。ちなみに、モチーフにしている60年代は、ビートルズやボブ・ディランなどのアーティストたちが活躍した時代であり、そういったアーティストたちの雰囲気も感じる事の出来るブランドである。

代表作

WOMENS

若年層向けであり、60~80年代のテイストをノスタルジックにアレンジしたデザインが魅力。

MENS

ヒステリックグラマーらしさに、ミリタリーやワーク・スポーツテイストがプラスされる。サブカルチャーやロックテイストなどのジャンルをミックス。

ちなみに

北村信彦(Nobuhiko Kitamura)

デザイナーの北村信彦氏は、アパレルのデザインのみならず、インテリアディレクションやフォト・イラストのプロデュースなども手がける。

ANDY WARHOL BY HYSTERIC GLAMOUR

アンディウォーホルの作品をデザイニングしたアイテムなどを扱うライン。Tシャツやデニムがメインアイテム。

URL

HYSTERIC GLAMOUR

hystericglamour.jp

photo by instagram

各国の「Hysteric Glamour」的なイメージたち。
* あくまでイメージです(一部、関係性の無さげな写真もあらわれます)

Sorry:

- Instagram feed not found.
 
当ページの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら,
CONTACTページからご連絡ください.
迅速に対応致します.

《 ブランド一覧へ戻る

 

ページ上部へ戻る